行動経済学に関する記事

アンカリング効果とは?使い方の例|マーケティング、仕事、日常で使える

アンカリング効果は印象的な情報を付加することで行動に影響を与える心理効果の一つです。行動経済学で注目されてからマーケティングの定石の一つになりました。自分の望みをなるべく印象良く通 …

ブレークイーブン効果とは?スネークバイト効果とは?投資家は要注意?

ブレークイーブン効果とは、損失をすると、取り戻そうとして普段よりもリスクのある行動をとろうとする心理状態のことです。損失をすることで合理的な判断が鈍ってしまうということです。反対に …

現在志向バイアスとは?意味は?例や対処法は?マーケティングにも活かせる?

現在志向バイアスとは、未来の利益よりも目先の利益を優先してしまう心理のことです。対処するには現在志向バイアスや行動経済学を知り、論理的に考えることが重要です。あなたは夏休みの宿題を …

確実性効果とは?例は?リスクとの関係は?投資に活かせる?

確実性効果とは、0%や100%などの確実性の高いものに価値を感じる行動経済学上の心理効果のことです。わたしたちは日常生活から無意識のうちに多くの確実性効果に触れています。確実だから …

行動経済学とは

行動経済学とは?意味や具体例は?従来の経済学との違いは?

行動経済学とは、人が必ずしも合理的に行動しないことに着目した新しい経済学です。男女の行動経済学上の違いも指摘されていますが、環境により変化する可能性があります。学ぶことで日常生活や …

希少性原理とは?実験や例は?ビジネスでは希少性を高めるのが鍵?

希少性原理とは、希少性が経済的価値を決めているという原理です。人間の感覚にも希少性は影響を与えています。期間限定という言葉に負けて商品を買ったことはないでしょうか。日常の中に希少性 …

ギャンブラーの誤謬とは?意味や例は?投資家が陥りやすい?

ギャンブラーの誤謬とは、自分の主観や経験によって合理的な根拠がないにも関わらず、確率論に基づいた予測が歪められてしまう心理現象のことです。投資の世界でも陥ることがあります。あなたは …

ICT教育とは

メンタルアカウンティングとは?どういう意味?例は?セールスにも利用?

メンタルアカウンティングとは、人はお金に関して時に不合理な判断をしてしまうという心理を表す概念です。心の会計とも呼ばれます。同じコストでも、状況によって価値の感じ方が変わります。買 …

ハロー効果とは?意味や具体例は?マーケティングへの活用は?

ハロー効果(halo effect)のハローとは、絵画でイエス・キリストなどの聖人の後ろに描かれる「後光」のことです。ハロー効果とは人が評価をするとき、目立ちやすい特徴によって評価 …

ピグマリオン効果とは?意味や具体例は?仕事や恋愛への活用は?

*ピグマリオン効果とは、「人間は期待された通りの結果を出す傾向がある」という心理的行動の1つです。* ピグマリオンとは「自分で彫った像を愛し続けた結果像が人間になった」という伝説を …


カテゴリー