倍率に関する記事

神奈川で就職、転職がしたい!どんな求人や仕事がある?

この記事の結論は「神奈川県は企業が多く業種も幅広いため、自分にあった就職や転職が選びやすい地域。」です。神奈川県は上場企業数が全国で3位の県です。この記事では、神奈川県の就職・転職 …

岩手県で就職、転職をしたい!求人や仕事は?IターンやUターンは?

この記事の結論は「2019年9月時点の岩手県の有効求人倍率は約1.37倍で全国平均を下回る。岩手県では人口減少にともなって求職者も減少している」です。人口減少対策の一環としてI・U …

宮城県で就職、転職をしたい!求人や仕事は?IターンやUターンは?

この記事の結論は「宮城県の2019年9月時点での有効求人倍率は約1.61倍で、全国平均を上回っている。震災以降一時的に求人が減少したが、現在の雇用情勢は回復基調」です。宮城県には東 …

北海道で就職、転職をしたい!求人や仕事は?IターンやUターンは?

この記事の結論は「北海道の有効求人倍率は1倍を下回る状態が続いている。一方で、観光需要の高まりなどから一部の職種では求人の増加が予想される」です。北海道では長年有効求人倍率が1倍を …

島根県で就職、転職をしたい!求人や仕事は?IターンやUターンは?

この記事の結論は「2019年9月時点での島根県の有効求人倍率は約1.70倍で、全国平均を上回っている。建設業、製造業、水産業の仕事が多い」です。島根県は物価が安く、敷地面積の広い拠 …

京都府で就職、転職をしたい!求人や仕事は?IターンやUターンは?

この記事の結論は「2019年9月の京都の有効求人倍率は1.56倍で雇用情勢は改善傾向。観光業がさかんでサービス業が多い。有名企業や伝統ある企業があり、様々な働き方がある」です。京都 …

徳島県で就職、転職をしたい!求人や仕事は?IターンやUターンは?

この記事の結論は「2019年9月現在の徳島県の有効求人倍率は約1.48倍で全国平均よりやや低い。失業率は全国平均より低く、ここ数年は改善方向へと進んでいる」です。徳島県はLED事業 …

埼玉県で就職、転職をしたい!どんな求人や仕事がある?

この記事の結論は「埼玉県は中小企業が多いため雇用回復に時間がかかっているが、2016年3月も有効求人倍率は1.16倍で今後も回復傾向。製造業を中心として様々な求人がある」です。埼玉 …

福井県で就職、転職をしたい!求人や仕事は?IターンやUターンは?

福井県の2016年5月の有効求人倍率は1.64倍で全国平均を上回っています。正規就業者割合も高く、働きやすい環境が整っています。地元に戻って、また、地方都市で仕事をしたいと考えたこ …

青森県で就職、転職をしたい!正社員、求人や仕事は?IターンUターンは?

2016年4月現在の青森県の有効求人倍率は1.06倍。都市部では接客業や営業、郊外では農林水産業の仕事の求人がある。県全体で就労支援の強化が図られている。青森県の有効求人倍率は全国 …

愛知県で就職、転職をしたい!求人や仕事は?IターンやUターンは?

この記事の結論は「2016年6月現在の愛知県の有効求人倍率は約1.61倍で、全国の有効求人倍率を上回っている。日本屈指の産業県という特徴があり、製造業の平均賃金水準は全国平均よりも …

静岡県で就職、転職をしたい!求人や仕事は?IターンやUターンは?

この記事の結論は「静岡県は製造業がさかんで、有効求人倍率は改善傾向。製造業に偏った産業構造の改革に取り組んでおり、新しい分野の産業を育成している」です。静岡県の主要産業は製造業で、 …

茨城県で就職、転職をしたい!求人や仕事は?IターンやUターンは?

この記事の結論は「2016年5月現在の茨城県の有効求人倍率は約1.24倍で全国平均を下回っているが、有効求人倍率、失業率ともに改善している。積極的に雇用創出に取り組んでいる」です。 …

新潟県で就職、転職をしたい!求人や仕事は?IターンやUターンは?

この記事の結論は「新潟県の有効求人倍率は1.30倍で、全国平均を下回っている。県が積極的に就業支援を行っている」です。新潟県は、求職者に対して積極的に支援を行っている県です。この記 …

大阪府で就職、転職がしたい!どんな企業や仕事がある?

この記事の結論は「大阪府の有効求人倍率は1.36倍。募集職種は営業職から事務職まで幅広くある。西日本の経済の中心地として多くの本社・本社機能を持った事業拠点があるため、人事、経理、 …