カントの哲学をわかりやすく解説|「純粋理性批判」「実践理性批判」を読む

カントは18世紀のドイツの哲学者です。近代哲学の祖ともいわれ、以降の世界に大きな影響を与えました。カントの批判哲学はビジネスでも応用できる考え方です。カントは難しい、カントは複雑だ …

哲学者スピノザ|汎神論、エチカ、名言、現代に通じる思想をわかりやすく解説

スピノザは17世紀のオランダの哲学者です。合理主義的汎神論(はんしんろん)の代表的な思想家と言われます。汎神論は従来のキリスト教的考えに反し、「神=世界そのもの」と主張しました。主 …

我思う、ゆえに我あり,デカルト

デカルトとは?方法的懐疑や「我思う、ゆえに我あり」はどんな意味?

デカルトは17世紀のフランスの哲学者です。近代哲学の父といわれ、現在の科学の発展の根本にはデカルトがいるといわれています。キリスト教的な中世哲学を打ち破った人物です。もっと根本的に …

ルソーとは?社会契約論とは?ビジネスにも生きる?

ルソーとは18世紀のフランスの哲学者です。主著である「社会契約論」は現代社会の仕組みにも大きな影響を与えています。日本では童謡の「むすんでひらいて」の作者としても知られています。「 …

ライプニッツとは?モナドや微積分法も考えた?

ライプニッツは17世紀に活躍したドイツの哲学者、数学者、政治家です。高校の数学で習う、微分・積分はライプニッツが開拓したともいわれています。ライプニッツは、この微分をもとに哲学的に …

シェリングとは?同一哲学を考える!

シェリングはドイツ観念哲学を代表する哲学者のひとりです。シェリングの哲学はドイツ観念哲学の全体像をとおしてみることでわかりやすくなります。哲学では、前の時代の常識を批判し乗り越え、 …

ショーペンハウアーとは?名言や哲学の特徴は?

ショーペンハウアーはドイツの哲学者です。ドイツ観念哲学に東洋思想をとりいれ、その後のニーチェにも大きな影響を与え、実存主義の先駆けともいわれています。実存主義は現代の枠組みにも有効 …

限界コスト

パスカルとは?「人間は考える葦」の意味は?多分野で業績を残した?

パスカルはフランスの哲学者、自然哲学者、数学者です。パスカルの原理など現代にも通じる科学者としての功績があります。「人間は考える葦」など哲学者としても歴史に残る言葉を残しています。 …


カテゴリー