損益計算書(PL)とは?初心者にわかりやすい基礎の基礎

損益計算書とは、1年間の経営成績を表す決算書です。収益、費用、利益の3つに分けて書かれています。収益に対する費用とその差である利益を一覧にまとめています。あなたは企業を判断する上で …

アンカリング効果とは?使い方の例|マーケティング、仕事、日常で使える

アンカリング効果は印象的な情報を付加することで行動に影響を与える心理効果の一つです。行動経済学で注目されてからマーケティングの定石の一つになりました。自分の望みをなるべく印象良く通 …

セルフ・ハンディキャッピングとは?例と克服への4つ対策

セルフハンディキャッピングとは、失敗して傷つくことの予防線を自分ではることです。誰でもしていることで、うまく付き合うことで成功に結びつくともいえます。テストの前に漫画をつい読んでし …

ゲーム理論

【入門】ゲーム理論とは?例、囚人のジレンマ、ナッシュ均衡の求め方を解説

ゲーム理論とは意思決定の問題です。ナッシュ均衡とは最適反応をした際の均衡点です。ゲーム理論は新しい学問で、発展の真っ只中です。ゲーム理論は日常で応用できます。ゲーム理論は比較的新し …

確証バイアスとは?|意味、具体例、回避の対策、利用してキャリアアップも

確証バイアスとは思考が特定の確証に支配されると客観的な判断ができなくなることです。確証バイアスの対策にはクリティカルシンキングで考えたり、信頼できる人に相談をして客観的な意見をもら …

機会損失とは

機会損失とは?意味や使い方は?問題点や予防・対処法は?機会費用との違いは?

機会損失とは、売る側の事情で取引が成立せずに売り上げが減少することです。機会費用とは、最善の方法をとらなかったことで、失われた利益のことです。機会損失による損害賠償の請求は難しいで …

人生計画,人生の目標

限界効用逓減の法則とは?活用するには?例からわかりやすく解説

限界効用逓減(げんかいこうようていげん)の法則とは、人間が追加的に感じる満足度は少しづつ減っていく傾向のことです。限界効用逓減の法則を利用すれば、満足度の最大化を図ることができます …

限界コスト

イノベーター理論とは?事例や意味は?キャズム理論とは?

イノベーター理論とは消費者の購入態度を5段階に分けたものです。そのうちの1つであるアーリーアダプターとアーリーマジョリティには大きな溝(キャズム)が存在します。それぞれの層に合った …

プロスペクト理論とは?|例、克服方法まとめ

プロスペクト理論とは「利益を得られる場面ではリスク回避を優先し、損失をこうむる場面では損失を回避する」という心理論です。ダニエル・カーネマンが2002年にノーベル経済学賞を受賞した …

認知的不協和とは?理論とすっぱい葡萄と甘いレモンの例と解消法とマーケティング

認知的不協和とは、人が自分の中で矛盾する「新しい事実」を突きつけられた時に感じる不快感のことです。この不快感を解消するために、自身の態度や行動を変更します。人の行動を変更する原理は …

ヒューリスティック

ヒューリスティックとは?|心理学からみる合理性を鈍らせる原因

論理的な判断のつもりが、自分の経験や直感に頼って判断、意思決定をしていることがあります。その際に影響しているのがヒューリスティックです。ヒューリスティックは心理学の用語です。ヒュー …

フレーミング効果の意味とは?具体的な事例、活用法まとめ

フレーミング効果とは、同じ中身のものだとしても表現の方法次第では相手の印象を変えることができる効果を指します。あなたが飲み会のコースを予約するとき、3,000円、4,000円、6, …

限界コスト

限界コストとは?ビジネスにおける限界コストは?多い方がいい?

限界コストとは、生産量を増やした時に追加的にかかる費用のことです。固定費と変動費のバランスで経営は成り立っています。限界コストが多ければローリスク・ローリターンといえます。限界コス …

バンドワゴン効果とは?具体例は?アンダードッグ効果とは?

バンドワゴン効果とは、ある選択を支持する人が多ければ多いほど、その選択が正しいと思い込むようになる心理現象です。選挙やマーケティングでも使われています。バンドワゴン効果の逆の効果に …

ブレークイーブン効果とは?スネークバイト効果とは?投資家は要注意?

ブレークイーブン効果とは、損失をすると、取り戻そうとして普段よりもリスクのある行動をとろうとする心理状態のことです。損失をすることで合理的な判断が鈍ってしまうということです。反対に …

現在志向バイアスとは?意味は?例や対処法は?マーケティングにも活かせる?

現在志向バイアスとは、未来の利益よりも目先の利益を優先してしまう心理のことです。対処するには現在志向バイアスや行動経済学を知り、論理的に考えることが重要です。あなたは夏休みの宿題を …

確実性効果とは?例は?リスクとの関係は?投資に活かせる?

確実性効果とは、0%や100%などの確実性の高いものに価値を感じる行動経済学上の心理効果のことです。わたしたちは日常生活から無意識のうちに多くの確実性効果に触れています。確実だから …

行動経済学とは

行動経済学とは?意味や具体例は?従来の経済学との違いは?

行動経済学とは、人が必ずしも合理的に行動しないことに着目した新しい経済学です。男女の行動経済学上の違いも指摘されていますが、環境により変化する可能性があります。学ぶことで日常生活や …

希少性原理とは?実験や例は?ビジネスでは希少性を高めるのが鍵?

希少性原理とは、希少性が経済的価値を決めているという原理です。人間の感覚にも希少性は影響を与えています。期間限定という言葉に負けて商品を買ったことはないでしょうか。日常の中に希少性 …

ギャンブラーの誤謬とは?意味や例は?投資家が陥りやすい?

ギャンブラーの誤謬とは、自分の主観や経験によって合理的な根拠がないにも関わらず、確率論に基づいた予測が歪められてしまう心理現象のことです。投資の世界でも陥ることがあります。あなたは …


カテゴリー