PICK UP

リベラルアーツとは「問いを立てる力」である。日本の大学とアメリカのカレッジの教育は何が違う?

リベラルアーツとは リベラルアーツとはなにか。 日本語では「教養」と訳されることが多いですが、リベラルアーツの本来の意味は、私達が教養という言葉から一般的にイメージする語感とは異なります。 私達が「教養」という言葉を使う時、多くの場合は「知識量が多い」という意味で使っていると思います。しかし、リベラルアーツの本義は、「Liberal Arts=自由になる手段」なのです。 日本語の「教養」から連想されるような、「知識量が多い」という状態を直接的に指し示す言葉ではありません。   Brave Answer編集部では、このリベラルアーツ(=自由に 続きを読む

PICK UP

【対談】「教育」という単語が秘める構造的矛盾。本質は「学び」を引き出すことである――李東潤×和田宏樹

この記事は、歴史を軸にした各種勉強会やWeb放送への登壇、時事問題の解説でご活躍されている李東潤さんと、BraveAnswerを運営するアクトデザインラボ社代表の和田宏樹による対談 …

PICK UP

哲学とは何か?わかりやすく簡単に解説!哲学がキャリアも人生も変える勇気ある決断をもたらす

「哲学とはなにか」たとえば、自身のキャリアに対し、あなたは全く迷いがない状態でしょうか。「この仕事を一生続けていくのか?」「なぜこの仕事を続けているのか?」これら答えのない問いかけ …

PICK UP

転職とは何か。

世の転職の多くは本当の転職ではない 転職とは何か。原義から紐解いて考えてみましょう。 広辞苑によれば、転職とは「1つの職から他の職に転ずること。職業を変えること …

PICK UP

20代におすすめの転職エージェント全15選!選び方は?そもそも使ったほうが良い?転職サイトとの違いは...

厚生労働省が2019年8月末に発表した有効求人倍率(2019年7月時点)※は全国で1.59倍でした。依然として求職者に有利、転職がしやすい市場(売り手市場)です。ただ、過去10年に …

『絶対内定』に学ぶ!結果を出すために必要なことは?

この記事の結論は「結果を出すために必要なことは常に挑戦と振り返りをしつづけること」です。この記事では、就職活動生のバイブルとして約20年以上の歴史がある書籍『絶対内定~自己分析とキ …

「本を読む人だけが手にするもの」に学ぶ!読書をしなければならない理由は?

この記事の結論は「自分なりのテーマを掲げて幸福に生きるためには、読書が必要」です。上司や親、先生や先輩に「本を読みなさい」といわれたことがある人も多いのではないでしょうか。ただ、な …

転職で成功する人が今の職場でやっている3つのこと

この記事の結論は「転職で成功する人はいまの仕事でベストを尽くし、数字で語れる実績を作りながら、仕組みをつくる仕事をしている」です。中途採用の場合、企業側は即戦力になれる人材を求めて …

転職活動を成功させる7つの原則とは?

この記事の結論は「転職活動を成功させる人は、7つの原則に沿って行動をしている」です。この記事では、過去に8000人の転職相談にのっているキャリアコンサルタントの高野秀敏氏に聴いた「 …

就活で企業に選ばれる人材になるための5つのポイントとは?

この記事の結論は「5つのポイントを意識して伸ばせれば、就活において選ばれる側の人材になれる」です。この記事では、就職活動生のバイブルとして約20年の歴史がある書籍『絶対内定~自己分 …

「スタンフォードの自分を変える教室」に学ぶ!誘惑に負けないための方法は?

この記事の結論は「目の前の誘惑に負けないようにするための方法を2つ覚えて、誘惑に負けない自分になろう」です。後で後悔するのはわかっていても、我慢できずに深夜に美味しいものを食べてし …

インターンシップは青田買い?種類は?参加するべきインターンは?

この記事の結論は「インターンシップには夢を見せるものと現実を視せるものの2種類がある。現実を視せるインターンシップにも参加をするべき」です。この記事ではインターンシップの種類や企業 …

「How Google Works」に学ぶ!文化を軸とした企業の探し方

この記事の結論は「自分に合った企業を探す軸として、企業文化を社員やオフィスなどを通して知ることも重要」です。就職活動を始めたばかりでは、数あるなかから自分に合った企業を探すのが難し …

東京オリンピックに向けて業績が伸びる企業、業界やその理由は?

この記事の結論は「東京でオリンピックが開催されることにより業績が伸びる企業や業界がある。その企業や業界はオリンピック以降も成長が見込まれる」です。オリンピックの開催は東京が大きく変 …

福沢諭吉「学問のすすめ」に学ぶ!現代にも通じる6つの実学

この記事の結論は「福沢諭吉は学問のすすめのなかで、現代にも通じる6つの実学をすすめている。6つの実学は読書、観察、推理、議論、作文、演説である」です。一万円札に描かれているので、福 …

給与や福利厚生だけじゃない!トータルリワードという企業の選び方

この記事の結論は「企業の選び方には金銭的報酬以外に6つの要素がある。この要素の重要度は人それぞれ違うが、20代にオススメな非金銭的報酬は成長機会」です。リワード(=報酬)と聞くと給 …


カテゴリー