経済・時事・教養

ハイデガーとは?存在と時間とは?20世紀最高の哲学書とは?

マルティン・ハイデッガーとは19〜20世紀のドイツの哲学者です。哲学をはじめ現象学、形而上学、存在学などを中心に幅広く多岐に渡った研究をしており、その影響力は大きく、世界中の哲学者 …

カナダの人口、歴史、宗教、GDP、平均年収は?

カナダはイギリスの植民地だったが段階的に独立を果たしました。人口は微増を続けています。多様な宗教が信仰されているが宗教間の争いは少ないといわれています。カナダが完全な独立国家となっ …

イタリアの人口、歴史、時差、宗教、GDP、平均年収は?

イタリアは世界第8位の経済規模です。主にカトリックが信仰されています。平均年収は先進諸国の中では低く、少子化問題が深刻になっています。観光資源の豊富なイタリア。あなたはその歴史や経 …

アメリカの歴史、人口、GDP、平均年収は?州の人口ランキングは?

アメリカの人口は現在も増え続けており、今後も増えることが予想されています。GDPは世界トップレベルの経済大国で、平均年収も高いです。アメリカは言わずと知れた経済大国です。この記事で …

日本のGDPの推移や成長率は?順位や内訳は?成長予測は?

GDPとは国内総生産のことで国力を数値化したものです。2015年の日本のGDPは約528兆円で、中国に次ぐ世界第3位の国です。日本のGDPは内需が約60%をしめ、2020年までは大 …

GDPとは何か?簡単に子供にもわかりやすく説明します!日本の順位は?

GDPとは「国内総生産」のことです。GDPは民需+政府支出+貿易収支の総額であり、名目GDPと実質GDPの2つの指標があります。GDPは小学校の社会の教科書にも出てくる有名な指標で …

カジノ法案とは?いつ導入?経済効果や問題点は?今後どうなる?

カジノ法案とは、海外では一般的なものとされているカジノを日本でも合法化して導入しようする法案です。正式名称は特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案(IR推進法)です。導入す …

中国のGDPの推移は?成長率は鈍化する?日本への影響は?

中国の名目GDPは約9.24兆ドルで世界第2位です。投資主導の高い経済成長率を誇るも近年は停滞気味となっています。低い1人あたりGDPを改善するために消費主導に転換しました。日本経 …

ピラミッドストラクチャーとは?例は?マッキンゼーも使う?

ピラミッドストラクチャーとは、ロジカルシンキングの一種であり、1つの主張を頂点に複数の根拠をピラミッドの下層に配置されるように組み立てる手法を指します。主にプレゼンや商談の正攻法と …

日本の生活保護受給者の人数は?高齢者に多い?金額は?

日本の生活保護受給者は約216万5000人で、高齢者世帯がおよそ半数を占めています。生活保護費負担金は3兆8431億円で、国が75%を負担し、自治体が25%を負担しています。生活保 …

フレーミング効果の意味とは?具体的な事例、活用法まとめ

フレーミング効果とは、同じ中身のものだとしても表現の方法次第では相手の印象を変えることができる効果を指します。あなたが飲み会のコースを予約するとき、3,000円、4,000円、6, …

確証バイアスとは?事例や対策、意味は?

確証バイアスとは思考が特定の確証に支配されると客観的な判断ができなくなることです。確証バイアスの対策にはクリティカルシンキングで考えたり、信頼できる人に相談をして客観的な意見をもら …

シンガポールの歴史、人口、時差、宗教、ドル、年収、GDPは?

シンガポールは1965年にマレーシアから独立しました。人口密度が高いがグローバルな国で、英語、マレー語、中国語、タミル語が公用語です。1人あたりGDPは世界第7位です。シンガポール …

日銀の量的質的金融緩和とは?なぜ導入?効果は?

日銀は物価を上昇させ、経済を成長させるために量的質的緩和を導入しました。今までにない大幅な金融緩和を行いましたが、物価2%目標を達成できていません。持続限界に対する懸念があるなか、 …

デカルトとは?方法的懐疑や「我思う、ゆえに我あり」はどんな意味?

デカルトは17世紀のフランスの哲学者です。近代哲学の父といわれ、現在の科学の発展の根本にはデカルトがいるといわれています。キリスト教的な中世哲学を打ち破った人物です。もっと根本的に …

フローとストックの違いは?投資で注目すべき指標は?

フローは一定期間の変化、ストックは一時点での結果を表します。フローがプラスかマイナスかでストックの増減が判断できます。長期投資ではストック、中短期投資ではフローに注目すべきです。フ …

限界コストとは?ビジネスにおける限界コストは?多い方がいい?

限界コストとは、生産量を増やした時に追加的にかかる費用のことです。固定費と変動費のバランスで経営は成り立っています。限界コストが多ければローリスク・ローリターンといえます。限界コス …

限界生産力とは?限界生産力逓減の法則とは?どう役立つ?

限界生産力とは、生産要素の投入量を1単位増加させたときに生産量がどれくらい増えるかを表します。生産者である企業の行動を説する上で重要な経済用語です。限界生産力から私たちの賃金が決め …

オーストラリアの歴史、人口、宗教、公用語、GDP、平均年収は?

オーストラリアは以前イギリスの流刑地でした。人口は約2402万人で微増傾向です。主な宗教はキリスト教です。GDP、1人あたりGDP共に世界上位で、平均年収はトップクラスです。オース …

選択と集中とは?意味や事例は?失敗例は?日本企業は?

選択と集中とは、余計な事業や人員を削減して自社の強い分野に集中して経営資源を投下する成長戦略です。日立は「選択と集中」で成功しましたが、シャープは失敗しました。企業で意思決定をする …