経済・時事・教養」に関する記事

シンガポールの歴史、人口、時差、宗教、ドル、年収、GDPは?

シンガポールは1965年にマレーシアから独立しました。人口密度が高いがグローバルな国で、英語、マレー語、中国語、タミル語が公用語です。1人あたりGDPは世界第7位です。シンガポール …

日銀の量的質的金融緩和とは?なぜ導入?効果は?

日銀は物価を上昇させ、経済を成長させるために量的質的緩和を導入しました。今までにない大幅な金融緩和を行いましたが、物価2%目標を達成できていません。持続限界に対する懸念があるなか、 …

デカルトとは?方法的懐疑や「我思う、ゆえに我あり」はどんな意味?

デカルトは17世紀のフランスの哲学者です。近代哲学の父といわれ、現在の科学の発展の根本にはデカルトがいるといわれています。キリスト教的な中世哲学を打ち破った人物です。もっと根本的に …

フローとストックの違いは?投資で注目すべき指標は?

フローは一定期間の変化、ストックは一時点での結果を表します。フローがプラスかマイナスかでストックの増減が判断できます。長期投資ではストック、中短期投資ではフローに注目すべきです。フ …

限界コストとは?ビジネスにおける限界コストは?多い方がいい?

限界コストとは、生産量を増やした時に追加的にかかる費用のことです。固定費と変動費のバランスで経営は成り立っています。限界コストが多ければローリスク・ローリターンといえます。限界コス …

限界生産力とは?限界生産力逓減の法則とは?どう役立つ?

限界生産力とは、生産要素の投入量を1単位増加させたときに生産量がどれくらい増えるかを表します。生産者である企業の行動を説する上で重要な経済用語です。限界生産力から私たちの賃金が決め …

オーストラリアの歴史、人口、宗教、公用語、GDP、平均年収は?

オーストラリアは以前イギリスの流刑地でした。人口は約2402万人で微増傾向です。主な宗教はキリスト教です。GDP、1人あたりGDP共に世界上位で、平均年収はトップクラスです。オース …

選択と集中とは?意味や事例は?失敗例は?日本企業は?

選択と集中とは、余計な事業や人員を削減して自社の強い分野に集中して経営資源を投下する成長戦略です。日立は「選択と集中」で成功しましたが、シャープは失敗しました。企業で意思決定をする …

ヒューリスティックとは?種類、例は?心理学はマーケティングに活かせる?

論理的な判断のつもりが、自分の経験や直感に頼って判断、意思決定をしていることがあります。その際に影響しているのがヒューリスティックです。ヒューリスティックは心理学の用語です。ヒュー …

アウグスティヌスとは?思想は?「告白」「神の国」を読む

アウグスティヌスは4〜5世紀のキリスト教哲学者です。中世最大の教父といわれ、中世世界のものの認識はほぼ彼が元になっているといわれています。人間には自由意志があることや、ものを2択で …

カナダの歴史、人口、宗教、GDP、平均年収は?

カナダはイギリスの植民地だったが段階的に独立を果たしました。人口は微増を続けています。多様な宗教が信仰されているが宗教間の争いは少ないといわれています。カナダが完全な独立国家となっ …

イノベーター理論とは?事例や意味は?キャズム理論とは?

イノベーター理論とは消費者の購入態度を5段階に分けたものです。そのうちの1つであるアーリーアダプターとアーリーマジョリティには大きな溝(キャズム)が存在します。それぞれの層に合った …

ブレークイーブン効果とは?スネークバイト効果とは?投資家は要注意?

ブレークイーブン効果とは、損失をすると、取り戻そうとして普段よりもリスクのある行動をとろうとする心理状態のことです。損失をすることで合理的な判断が鈍ってしまうということです。反対に …

ドイツの歴史、人口、宗教、GDPは?

ドイツは1990年に東西ドイツが統一してできた新しい国です。人口は約8300万人だが今後は減少が予想されます。経済は発展しており、GDPはヨーロッパ1位です。日本やイタリアとともに …

M&Aとは何か?わかりやすく説明します!メリットは?

M&Aは複数の企業がお互いの利益のために協力するために行われるものです。業務提携、資本提携、分割、買収の5つの形態があります。それぞれの形態で異なるメリット・デメリットがあ …

パリ協定とは?日本はCOP22開催中に遅れて批准

パリ協定は京都議定書に続く温暖化対策を定めた国際協定です。日本は国会承認が遅れたためパリ協定発効までに批准(ひじゅん)することができていません。ルール作りに参加できないデメリットが …

GDPとは何か?簡単に子供にもわかりやすく説明します!日本の順位は?

GDPとは「国内総生産」のことです。GDPは民需+政府支出+貿易収支の総額であり、名目GDPと実質GDPの2つの指標があります。GDPは小学校の社会の教科書にも出てくる有名な指標で …

確証バイアスとは?事例や対策、意味は?

確証バイアスとは思考が特定の確証に支配されると客観的な判断ができなることです。確証バイアスの対策にはクリティカルシンキングで考えたり、信頼できる人に相談をして客観的な意見をもらった …

認知的不協和とは?例や意味、解消法は?マーケティングで使われる?

認知的不協和とは、人が自分の中で矛盾する「新しい事実」を突きつけられた時に感じる不快感のことです。この不快感を解消するために、自身の態度や行動を変更します。人の行動を変更する原理は …

カントとは?著作や主張は?ビジネスにも役に立つ?批判哲学とは?

カントは18世紀のドイツの哲学者です。近代哲学の祖ともいわれ、以降の世界に大きな影響を与えました。カントの批判哲学はビジネスでも応用できる考え方です。カントは難しい、カントは複雑だ …