BraveAnswer編集部 大島龍
大島龍
BraveAnswer編集部
1994年生まれ。埼玉県立川越高校、法政大学文学部卒。ライターが記事を作成する行為は「無から有を生み出す行為」であり、無のときにはなかった価値を提供する意味のある行為と感じている。「膨大な知識量と独自の視点で世の中の潮流を見極めるコンテンツメイカー」を目指して活動中。

大島龍 が担当した記事一覧

第二新卒エージェントneoのキャリアアドバイザーとの初回面談の全て

転職エージェントに登録したら、最初に行うのがキャリアアドバイザーとの面談です。ただ、転職エージェントの利用が初めての人はどんな面談をするのかわからず不安ですよね。今回、この記事を執 …

第二新卒エージェントneoを徹底取材!まずは気軽に相談するところから始まる転職

転職を考えたときに選択肢に入るのが転職エージェント。ただ、実際に自分に合った転職エージェントはどれなのか、判断するのは難しいと思います。この記事では、転職エージェントの1つである第 …

外資系企業への転職で望むものは何?外資系企業の実態から自分の望みを考える

外資系企業。この単語でどんな企業が浮かびますか?外資系金融や外資系コンサルが思い浮かぶのではないでしょうか。それでは、それらの企業にはどんなイメージがあるでしょうか。実力主義、個人 …

【新聞から読み解く今】「心遣いの輪」を広げて女性が働きやすい環境を作る(2018/08/31)

総務省の調査によると、育児をしている女性の就業率は30歳~34歳の年齢層では62%で、同じ年齢層の就業率の平均と比較して10ポイント以上低くなっているそうです。 以前から、女 …

その悩みは「海外の転職」で解決できるのか。転職前に考えたい、日本を離れる必要性。

学生の頃に行った国がとても素敵で、そこで生活してみたい。留学経験があり英語が堪能で、英語を使ってバリバリ活躍したい。憧れの国があり、いつかそこに挑戦してみたい。海外に転職したい理由 …

出勤前にコンビニで掃除のおばちゃんと仲良く話すビジネスパーソンはTwitterで愚痴を書き込まない

オフィスまで通勤するときに通っている道の途中に、個人経営のコンビニがあります。そこには外に喫煙スペースがあるので、出勤前のビジネスパーソンや帰宅前のビジネスパーソンがいつもタバコを …

東京では40%の人が充実した生活を送ることができていない

「月曜から夜ふかし」という番組があります。関ジャニ∞の村上信五さんとマツコ・デラックスさんが進行する番組ですが、スペシャル版が放送されるときには視聴率が10%台後半を記録することも …

【新聞から読み解く今】「日本人も移民である」という見方(2018/08/17)

オーストラリアの人口が2500万人を突破したそうです。総務省統計局の調査によれば、2019年10月時点での日本の人口は約1億2614万人ですので、日本の5分の1程度ということになり …

お弁当屋さんが日本を少しだけ元気にするかもしれない話

これは、あるお弁当屋さんが日本を変えるのではないかと思った話です。 オフィスの入っているビルの1階に、某お弁当屋さんがあります。 近くにはたくさんの企業がオフィ …

【対談】経歴と「緯歴」で紡ぐキャリア最強論――李東潤×和田宏樹

この記事は、歴史を軸にした各種勉強会やWeb放送への登壇、時事問題の解説でご活躍されている李東潤さんと、BraveAnswerを運営するアクトデザインラボ社代表の和田宏樹による対談 …

【対談】歯車を回せば誰でも多動力を発揮できる――李東潤×和田宏樹

この記事は、歴史を軸にした各種勉強会やWeb放送への登壇、時事問題の解説でご活躍されている李東潤さんと、BraveAnswerを運営するアクトデザインラボ社代表で、多動力を体現して …

女性は生き方の選択肢がたくさんある。転職は「自分らしい生き方」を実現する選択肢の1つだ。

女性の生き方は、結婚や出産、子育てなどのライフイベントの分だけたくさんの選択肢があります。自分らしい生き方をするためにも、どんな選択をすればいいのか、考えなければなりません。女性は …

営業経験者専門の転職支援サービス「Anysalez_Career」代表石塚卓也氏へインタビュー

この記事は営業経験者に特化した転職支援サービス「Anysalez_Career(以下エニーセールスキャリア)」を運営している株式会社ナッツの代表取締役石塚卓也氏のインタビュー記事で …

【対談】「教育」という単語が秘める構造的矛盾。本質は「学び」を引き出すことである――李東潤×和田宏樹

この記事は、歴史を軸にした各種勉強会やWeb放送への登壇、時事問題の解説でご活躍されている李東潤さんと、BraveAnswerを運営するアクトデザインラボ社代表の和田宏樹による対談 …

「空よりも広いものがある。それは人の心だ。」

海よりも広いものがある。それは空だ。空よりも広いものがある。それは人の心だ。 ――ヴィクトル・ユーゴー(詩人) ヴィクトル・ユーゴーは、19世紀に活躍したロマン …

【新聞から読み解く今】キャッシュレス社会の裏面を覗く(2018/08/29)

日本はキャッシュレス化の波に取り残されていると言われます。国内のキャッシュレス決済比率は18%との調査がありますが、中国では60%、欧米各国でも30%〜50%台のようで、日本とは大 …

「自由という言葉。この言葉こそ、人間の熱狂を持続させるにふさわしいものなのだ」

自由というただひとつの言葉。思うにこの言葉こそ、古くからの人間の熱狂をいつまでも持続させるにふさわしいものなのだ。 ――アンドレ・プルトン(詩人) アンドレ・プ …

時間の使い方|ワークタイム以外がキャリアに差をつける

【光陰矢の如し】 月日の経つのがとても早いこと。月日の経つのはあっという間で二度と戻ってこないから、無為に送るべきではないという戒めを含んでいる。出典:故事ことわざ辞典 働き方 …

【新聞から読み解く今】「お金を使う」を消費に終わらせない自己投資の考え方(2018/09/04)

家計の貯蓄率を示す数値は、2017年度に約3割となり、4年連続で上昇したようです。 変化の激しい現代、いざという時の備えとして貯蓄も大切です。 ただ、貯蓄だけが将来の備 …

【新聞から読み解く今】たとえ「ほんやくコンニャク」ができても言葉は学ばなければならない(2018/1...

何年か前に、イギリス在住のエル・フランシス・サンダースという人物が書いた「11 Untranslatable Words From Other Cultures(異文化の翻訳できな …