高知県の主要産業は?企業の売上高ランキングは?

この記事の結論は「高知県は第三次産業が盛んで、特に近年の情報通信業の就業者数の増加が顕著。高知県の売上高第1位のキタムラも第三次産業である情報通信業の企業」です。高知県ではそのほか、伝統産業にも力を入れており、高知県の魅力となっています。この記事では、高知県の主要産業の特徴や企業の売上高ランキングについてまとめました。

高知県の主要産業は?

shutterstock_287409140

高知県庁公式ホームページ「県民経済計算」によると、2013年の高知県の県内総生産は約2兆2627億円です。前年度比で3.1%増加しました。3年ぶりのプラスです。産業別構成比は以下の表の通りです。

産業 割合
 第一次産業(3.7%) 農業 2.1%
林業 0.9%
水産業 0.7%
第二次産業(14.5%) 鉱業 0.5%
製造業 7.5%
建設業 6.5%
第三次産業(81.0%) 電気・ガス・水道業 2.1%
卸売・小売業 10.6%
金融・保険業 3.8%
不動産業 13.3%
運輸業 5.1%
情報通信業 3.5%
サービス業 24.4%
政府サービス生産者 15.7%
対家計民間非営利サービス生産者 2.9%

第一次産業、第二次産業、第三次産業の全ての生産額が前年度比で増えており、第一次産業と第二次産業は3年ぶりの増加に、第三次産業は2年連続の増加となりました。

全国と比較すると、第一次産業と第三次産業の割合は高くなっていますが、第二次産業の割合は低くなっています。

高知県庁公式ホームページ「平成22年国勢調査」によると、2010年の全体の就業者数は33万5775人でした。産業別構成比は以下の表の通りです。

産業 人数 割合
第一次産業 4万623人 12.1%
第二次産業 5万7251人 17.1%
第三次産業 22万8825人 68.1%

就業者数を産業大分類別に見ると、卸売・小売業が5万6793人で最も多く、就業者全体の約16.9%を占めています。医療・福祉が5万132人で全体の約14.9%で、卸売・小売業に次いで2位となっています。

高知県では伝統産業が盛んです。高知県公式ホームページによると、土佐和紙と土佐打刃物は100年以上の歴史があり、全国で222作品ある「伝統的工芸品」の指定を国から受けています。

高知県には、地域に受け継がれてきた伝統的特産品を「高知県伝統的特産品」として指定する制度もあり、現在11作品が指定されています。50年以上の歴史がある伝統的特産品で、高知県が全国に誇れるものを指定しています。

水産業においても、伝統産業が特徴的です。2010年における生産額は約511億円で、このうちの約212億円は伝統のカツオ・マグロ漁業が占めています。水産業の総生産額の約40%以上を占めています。

 

高知県の企業の売上高ランキングは?

shutterstock_279287042

情報サイト「ピタジョブ」および「EDIUNET都道府県ランキング」をもとにすると、2016年3月決算での高知県の企業の売上高ランキングは以下の表の通りです(中澤氏家薬業は2014年3月現在の公式ホームページ情報、技研製作所は2015年8月決算)。

順位 企業 売上
 1位 キタムラ 1542億1900万円
 2位 中澤氏家薬業 565億円
 3位 四国銀行 473億2800万円
 4位 高知銀行 251億1400万円
 5位 技研研究所 188億2470万円

キタムラ:高知県高知市と神奈川県横浜市に本社があり「カメラのキタムラ」や「スタジオマリオ」の運営、インターネット販売事業など、写真を中心とした事業を展開しています。

中澤氏家薬業:メディパルホールディングス傘下で、高知県内の最大の医薬品総合卸企業です。1832年から続く老舗企業となっています。

四国銀行:徳島県に店舗が多く「徳島県第3の銀行」としても機能しています。

 

高知県の情報通信業は成長してる?

shutterstock_140576308

高知県は、生産額や就業者数の割合において第三次産業が一番多いです。売上高ランキングで1位のキタムラも、情報通信業で第三次産業となります。

高知県庁公式ホームページ「県民経済計算」によると、2013年の高知県の情報通信業の総生産は、移動電気通信業の増加が主な要因となって前年度比で約4.8%の増加となっています。

情報通信業は就業者数の面でも増加しています。高知県庁公式ホームページ「平成22年国勢調査」によると、2010年の高知県における産業で、2005年と比較して就業者数が増加しているのは全て第三次産業です。「電気・ガス・熱供給・水道業」「情報通信業」「運輸業・郵便業」「医療・福祉」の4種類となっています。

そのうち情報通信業が最も増加しており、約10.3%の増加となっています。

 

主要産業とともに古くからの伝統産業にも力を注ぐ

shutterstock_103340252

高知県では第三次産業が主要産業で、中でも情報通信業の就業者数の増加が顕著です。

一方で、土佐和紙や土佐打刃物、カツオ・マグロ漁業など、伝統的な産業も特徴です。「高知県伝統的特産品」の指定制度にも、高知県の伝統産業に対する取り組みが見られます。

情報通信業をはじめとして、今後さらなる第三次産業の進展が期待されますが、伝統産業にも力を入れていることも高知県の魅力です。

 

不用品片付けや引っ越しのおすすめサイト

1.ietty

ietty(イエッティ)はオンラインの不動産サイトです。

物件選びから内見の予約までチャットでやりとりできるので、何回も不動産行く必要がなく、効率的に部屋選びができます。

利用料は基本無料ですので、もし部屋を探してる方はまずは登録してみることをオススメします。

ietty公式サイト

2.エコノバ

エコノバは不用品の片付けをする業者を比較するサイトです。

会員登録不要で査定も無料で行うことができます。

エコノバの無料査定はこちら


カテゴリー