北海道の主要産業は?企業の売上高ランキングは?

この記事の結論は「2013年の北海道の名目県内総生産は約18兆2688億円で、第一次産業の割合が大きい。2014年度の企業の売上高ランキング第1位はホクレン農業協同組合連合会」です。北海道は全国と比較して第一次産業がさかんで、全国の約13.4%を占めています。この記事では、北海道の主要産業や企業の売上高ランキングについてまとめました。

 

北海道の主要産業は?

shutterstock_197605532

北海道公式ホームページ「道民経済計算」によると、2013年の北海道の名目県内総生産は約18兆2688億円で、前年に比べて約1.5%増加しました。全国では8位となっています。

産業別の総生産の割合は以下の通りです。

産業 割合
 第一次産業(3.94%) 農業 2.9%
林業 0.1%
水産業 0.9%
第二次産業(16.54%) 鉱業 0.1%
製造業 8.7%
建設業 7.8%
第三次産業(79.21%) 電気・ガス・水道業 1.8%
卸売・小売業 13.7%
金融・保険業 3.2%
不動産業 12.1%
運輸業 6.9%
情報通信業 4.0%
サービス業 22.0%
政府サービス生産者 13.2%
対家計民間非営利サービス生産者 2.2%

全国平均との比較では第一次産業の比率が高くなっています。全国平均は1.1%ですので、北海道の第一次産業の生産額は平均の3倍以上です。一方で第二次産業の比率が低く、製造業は約8.7%で全国平均の約18.4%の半分以下となっています。第三次産業の比率も平均より高く、サービス業や運輸業の比率が高くなっています。

2010年実施の「国勢調査」によると、産業別の就業者数の割合は以下の通りです。

産業 割合
第一次産業 7.2%
第二次産業 17.1%
第三次産業 70.2%

就業者数は総生産と同様の傾向で、第一次産業の比率が全国平均より高い一方で、第二次産業の比率は低くなっています。産業大分類別では、農林水産業とサービス業の比率が全国平均よりも高くなっています。

 

北海道の企業の売上高ランキングは?

shutterstock_185810609

帝国データバンク「全国企業あれこれランキング2016」によると、北海道における2014年度の売上高のランキングは以下の通りです。

順位 企業 売上
 1位 ホクレン農業協同組合連合会 1兆4797億円
 2位 北海道電力 6639億円
 3位 ツルハ 2739億円
 4位 生活協同組合コープさっぽろ 2683億円
 5位 DCMホーマック 1870億円

ホクレン農業協同組合連合会:北海道内の農協の連合会で、農畜産物の集荷や加工・販売から、農機具・飼料などの提供で生産者の営農活動を支えています。子会社にはホクレンショップなど小売業を展開するホクレン商事など31社があり、グループ全体での売上高は約2兆円の規模です。

北海道電力:札幌市に本社を置き、北海道に電力を供給しています。

ツルハ:札幌市に本社を置くドラッグストアチェーンで、東日本を中心に「ツルハドラッグ」を展開しています。

 

北海道の第一次産業は成長してる?

shutterstock_227845873

北海道には広い大地と豊富な漁場があり、農林水産業が盛んです。

内閣府「県民経済計算」によると、北海道の2013年の農林水産業生産額は約7196億円で全国合計の約13.4%を占めています。2012年と比べて約3.6%増加しました。2005年から2010年にかけて微減が続いていましたが、2011年以降は増加に転じています。

農林水産省北海道農政事務所「グラフでみる北海道の漁業」によると、漁業・養殖業生産額は全国の約22%、農業産出額では約12%と圧倒的なシェアを誇っています。

ただ様々な問題点も抱えています。国際情勢の変化や資源状況の悪化、消費の減少など、厳しい状況が続いています。特に従事者の高齢化は年々深刻となっており、中核的な担い手の育成・確保や地域の活性化などの施策が迫られています。

 

観光業をさかんにする対策を打ち出す

shutterstock_231458956

北海道は豊富な観光資源があり、1年間に延べ5000万人もの観光客が訪れていますが、ここ数年は横ばい状態が続いています。特に国内観光客の伸び悩みが顕著です。

これに対して北海道では、滞在型観光の充実や積極的な誘客活動、総合的な満足度を引き上げることによるリピーター率の向上など、様々な対策を打ち出しています。

 

不用品片付けや引っ越しのおすすめサイト

1.ietty

ietty(イエッティ)はオンラインの不動産サイトです。

物件選びから内見の予約までチャットでやりとりできるので、何回も不動産行く必要がなく、効率的に部屋選びができます。

利用料は基本無料ですので、もし部屋を探してる方はまずは登録してみることをオススメします。

ietty公式サイト

2.エコノバ

エコノバは不用品の片付けをする業者を比較するサイトです。

会員登録不要で査定も無料で行うことができます。

エコノバの無料査定はこちら


カテゴリー