福島県の人口は減少傾向|推移、市町村人口ランキング、未来予測

2016年7月現在の福島県の人口は約190万人で、過去15年で約10%減少している。2040年の人口は約148万人ほどで高齢者の割合は約10%増加すると予想されています。福島県では人口減少を食い止めるために「福島県人口ビジョン」を策定して対策にあたっています。この記事では、福島県の人口や推移、増減率、未来予測についてまとめました。

福島県の人口は?

shutterstock_316971248

福島県公式ホームページ「福島県の推計人口」によると、2016年7月現在の福島県の

  • 人口は190万2395人

です。

 

福島県の市町村の人口ランキングは?

市町村別での人口ランキングは

  1. いわき市:34万7921人
  2. 郡山市:33万5946人
  3. 福島市:29万3562人

となっています。

 

福島県の外国人居住者は?

県内の外国人居住者数は

  • 1万719人

で、県内人口の約0.5%です。

 

国別では

  1. 中国
  2. フィリピン
  3. 韓国

の順となっています。

 

アジア地域が大半を占めています。

 

福島県の人口、過去推移は?

shutterstock_119669158

福島県公式ホームページ「福島県の推計人口」によると、福島県の人口推移は以下の表の通りです。

人口 全国順位
1970年 194万6077人 16位
1990年 210万4058人 17位
2000年 212万6935人 17位
2010年 202万9064人 18位
2015年 191万3606人 21位

福島県の人口は1971年から1997年までは増加傾向にありましたが、1998年以降は減少しています。

2005年以降は、毎年 1万人を超える人口減少が続きました。

 

2011年には東日本大震災・原子力災害の影響を受け、約4万人の大幅な人口減少となっています。

時間の経過とともに復興がすすみ、震災前の状態に近づいてきているものの、人口減少は依然として続いています。

 

福島県の年齢区分による人口比は?

shutterstock_135608927

福島県公式ホームページ「年齢(5歳階級)別推計人口」によると、2015年9月1日現在の福島県の人口は192万6425人でした。

年齢区分別人口は以下の表の通りです。

年齢区分 人口 割合
年少人口 23万7172人 12.4%
生産年齢人口 113万1712人 59.1%
老年人口 54万5455人 28.5%

福島県は震災によって若年人口と生産年齢人口が大きく減少したため、総人口に占める高齢者人口の割合が高まっています。

(復興情報ポータルサイト「ふくしま復興ステーション」より)

 

全国平均よりも高い水準で高齢化が進行しています。

 

女性人口の減少によって震災以降合計特殊出生率が低下していましたが、2013年には震災前の水準に回復するなど、明るい兆しも見られます。

 

福島県の未来予測は?

shutterstock_313786025

県の調査では、

  • 2040年の人口は約148万人(2015年の約80%)

になるものと推計されており、福島県は人口減少に対する危機感をもっています。

 

労働人口の減少に危機感

特に転入・転出の状況(社会動態)では、若い世代で進学期と就職期の若者の転出の影響が大きいです。

20~24歳の就職期に転出が多く見られるため、労働人口の減少にもつながっています。

 

2040年には

  • 就業者は約60万5000人(2010年の約60%)

になることが予測されています。

 

就業者数の減少は労働力人口の減少や消費市場の縮小を引き起こし、地域の経済規模が縮小するなど、経済の活力が低下していくことが懸念されます。

 

福島県の人口減少対策は?

地域社会では、子どもや若者の減少にともなって学校や地域コミュニティの維持が難しくなるとともに、医療・介護などの社会保障や行財政サービスなど、様々な分野で従来の水準維持が困難となり、更なる人口流出を引き起こす悪循環に陥る恐れがあります。

 

そこで福島県では、将来展望に関する県民アンケートを実施しました。

  • 「結婚」
  • 「出産・子育て」
  • 「進路」
  • 「定住・二地域」

と言う項目でそれぞれの課題を洗い出し、2015年度から19年度までの5ヵ年で「福島県人口ビジョン」を策定しています。

 

福島県では、政策によって2040年に総人口160万人程度の確保を目指しています

 

人口の「自然増」「社会増」を目指す

shutterstock_237202384

福島県は人口減少に歯止めをかけるために、以下の4つのテーマに取り組んでいます。

 

  • 県内に安定した雇用を創出する -しごとづくり-
  • 県内への新しいひとの流れをつくる -ひとの流れをつくる-
  • 若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる-結婚・出産・子育て支援-
  • ひとと地域が輝くまちをつくる -まちづくりー

 

福島県は5年間で結果を出すことを目標に、国の動向を踏まえた人口の「自然増」への対策を進めるとともに、県独自の取り組みでの移住者や、県外からの就業者の増加での「社会増」の対策に注力しています。

 

復興計画とも連携し、魅力ある福島県を目指しているのです。

 

不用品片付けや引っ越しのおすすめサイト

1.ietty

ietty(イエッティ)はオンラインの不動産サイトです。

物件選びから内見の予約までチャットでやりとりできるので、何回も不動産行く必要がなく、効率的に部屋選びができます。

利用料は基本無料ですので、もし部屋を探してる方はまずは登録してみることをオススメします。

ietty公式サイト

2.エコノバ

エコノバは不用品の片付けをする業者を比較するサイトです。

会員登録不要で査定も無料で行うことができます。

エコノバの無料査定はこちら


カテゴリー