年収

年収300万円でどんな生活ができるの?手取りは?結婚や貯金もできる!20代は?

給与所得者全体で年収300万円以下の人の割合は約40%です。人数にして約1928万人が年収300万円以下というおことになります。結婚できるのか、生活をしているのかと不安になっている人もいるかと思いますが、そこらへんの不安にお答えしていきます。年収300万円を越えたらどんな生活になるのでしょうか。この記事では「年収300万円」の人の割合や手取り年収、生活水準や結婚事情ついてまとめました。

年収300万円の手取りはいくら?

20代 年収300万

いつもご覧いただきましてありがとうございます。BraveAnswer編集部です。

 

年収300万円台の手取り

まずは、実際に使えるお金=手取り額を知っておきましょう。

年収300万円の場合の手取り額は約240万円です。

年収の「手取り」は「額面」から「社会保険」と「税金」を引いたものです。おおよそ「額面」の約80%程になります。

 

参考までに年収390万円で計算すると手取りは約312万円ですので、年収300万円台の人の手取りは約240~312万円の範囲で考えておけば良いでしょう。

 

年収300万円の月の手取りは?

次に月の手取りで計算してみましょう。月の手取りによって生活も大きく変わってきますので、ご自分に当てはめて考えてみてください。

ボーナス 手取り給与
支給単位 支給回数 月額
2ヶ月 年2回 15.0万円
2ヶ月 年1回 17.1万円
0ヶ月 20.0万円

 

年収300万円で

  • 独身
  • 養っている家族(扶養家族)なし
  • 生命保険の加入なし
  • ボーナスは2ヶ月分で年2回支給

の条件で概算すると、月の手取り金額は約15万円になります。

 

同条件でも

  • 「ボーナスは2ヶ月分で年1回支給」の月の手取り:約17万円
  • 「ボーナスなし」の月の手取り:約20万円

です。

同じ年収300万円でもボーナスによって月の手取りが変わってきます。月の手取りが変われば生活に使えるお金も多少変わってくるので、ご自分の場合に当てはめて月の手取りを計算するようにしましょう。

 

年収300万円はどんな生活?家計簿を見てみよう

20代 年収300万

では、年収300万円の人はどのような生活ができるのでしょうか。独身・既婚などケースごとにみていきます。実際の数字を見てみると年収300万円でも、結婚ふくめて多様な生活ができることがわかります。

 

年収300万円の生活・家計簿|20代独身(単身者)の場合

年収300万円の20代独身のビジネスパーソンはどのような生活ができるでしょうか。

  • 勤務先が東京、大阪、名古屋などの都市部
  • 一人暮らし
  • 寮・社宅制度なし

という条件で考えると、一番大きな支出は家賃で、約8万円ほどです(大手不動産賃貸ポータル『HOME’S』より)。

名目 費用
家賃 8万円
光熱費 1万円
通信費 1万円
食費 3万円
その他費用
(日用品、移動費など)
1万円

とすると、月に14万円が「必ずかかるお金」となります。月額手取りが20万円(ボーナスなしの場合)とすると、1ヶ月に自由に使えるお金は6万円です。毎月1万円貯金したとしても、5万円は自由に使えます。

無理のない生活の中で、旅行などにも行ける額です。

 

節約することで自由なお金を捻出する

さらに家賃を6万円に抑え、

  • 「昼ごはんはお弁当をもっていく」
  • 「夜は自炊をする」

などをして食費を1.5万円、雑費を5000円に抑えれば、さらに4万円浮かすこともできます。

5万円のお小遣いは、週に2〜3回飲みにいけばほとんど残らない金額ですが、工夫することで自由なお金のやりくりができるのが年収300万円なのです。貯蓄に回すことも考えることができます。

 

年収300万円の生活・家計簿|子どもなし夫婦の場合

年収300万円の子どもなし夫婦の場合どのような生活ができるでしょうか。

  • 既婚
  • 養っている家族(扶養家族)なし
  • 勤務先が東京、大阪、名古屋など都市部
  • 2人暮らし
  • 社宅制度なし

の前提で考えた場合、もっとも大きな支出は家賃です。

 

「HOME’S」によると、東京23区内の30平メートル以上の1LDKの家賃相場は、足立区が最も安くて7.5万円、港区が最も高くて19.2万円ですので、

  • 家賃は8万円程

とします。

名目 出費
家賃 8万円
光熱費 1.5万円
通信費 2万円
食費 5万円
その他費用
(日用品、移動費など)
1.5万円

とすると、18万円が固定費です。

月の手取りが20万円(ボーナスなしの場合)とすると、1ヶ月で自由に使えるお金は2万円です。自炊を行いランチ代を抑えて、共働きをすることで、貯蓄に回すお金や自由に使えるお金を捻出できるでしょう。

 

年収300万円の生活・家計簿|子持ち(1人)夫婦の場合

年収300万円の子持ち夫婦(子どもは1人)の場合、どのような生活ができるのでしょうか。

  • 既婚
  • 養っている家族(扶養家族) 2人
  • 勤務先が東京、大阪、名古屋など都市部
  • 3人暮らし
  • 社宅制度なし

の前提で考えた場合も、一番大きな支出は「家賃」です。出産直後夫婦の家の間取りは、出産前と同程度と仮定し、家賃は8万円程とします。

名目 出費
家賃 8万円
光熱費(家にいる時間が増える) 2万円
通信費 2万円
食費(乳幼児の食事が増える) 6万円
その他費用
(日用品、移動費、育児費用など)
2万円

とすると20万円が固定費です。

月の手取りが20万円だとすると、子どもがいる場合は共働きが必要になります。子どもが小さい時は子どもを預けられる環境があるかも考慮に入れる必要があります。また、共働きでも育休や手当などの制度があるので、節約と合わせてうまく活用することで家計を回すことができます。

年収300万円あれば、夫婦ふたりで工夫することで子どもをもうける選択肢も持つことができるのです。

 

年収300万円の生活・家計簿|子持ち(子どもは1人)ひとり親の場合

年収300万円の子持ち夫婦(子どもは1人)の場合、どのような生活ができるのでしょうか。

  • 既婚
  • 養っている家族(扶養家族) 1人
  • 勤務先が東京、大阪、名古屋など都市部
  • 2人暮らし
  • 社宅制度なし

の前提で考えた場合も、一番大きな支出は「家賃」です。家の間取りは、2人暮らしなので、子どもなしの夫婦と同程度と仮定して家賃は8万円程とします。

名目 出費
家賃 8万円
光熱費(家にいる時間が増える) 2万円
通信費 2万円
食費(食事が増える) 6万円
その他費用
(日用品、移動費、育児費用など)
2万円

とすると20万円が固定費です。

月の手取りが20万円だとすると、子どもが小さい時は子どもを預けられる環境があるかも考慮に入れる必要があります。またひとり親家庭の場合、支援制度もあるので賢く利用できるように知っておきましょう。

主な支援制度

  1. 児童手当
  2. 児童扶養手当(母子手当)
  3. 寡婦(夫)控除(特定寡婦控除)
  4. 住宅手当
  5. ひとり親家庭等医療費助成制度

 

1.児童手当

所得制限額を超えていない場合には、すべての親が児童手当を受け取ることができます。

【児童手当の支給額】

支給対象年齢 支給額(月)
0~3歳 15,000円
3歳~小学校終了前 10,000円(第1子・第2子)

15,000円(第3子以降)

中学生 10,000円
所得制限世帯(約960万円以上) 5,000円

2.児童扶養手当(母子手当)

ひとり親家庭の場合、所得額などの条件をクリアすると、児童扶養手当を受けることができます。児童手当と併せて受給することができるので、住んでいる自治体に問い合わせてみてください。

3.寡婦(夫)控除(特定寡婦控除)

配偶者と死別や離婚をした場合に、所得の27万円が控除されるのが、寡婦(夫)控除(特定寡婦控除)です。

*女性の場合は「子どもがいる」「合計所得が500万円以下」の条件を満たせば「特定の寡婦」と認定されて、控除額が35万円になります。

4.住宅手当

自治体によって、ひとり親家庭に住宅手当を支給することもあります(自分で家賃を支払っている場合)。支給額、条件等は自治体によって様々なので問い合わせてみましょう。

5.ひとり親家庭等医療費助成制度

お住いの自治体より、「ひとり親家庭」に該当する世帯の保護者、児童に医療費の自己負担分を助成する制度です。病院にかからなければいけない時に覚えておくと安心です。

 

あなたの適正年収はいくら?

年収について考えていくと、自分が本当はどれくらい稼げるのか気になるのではないでしょうか。

実は調べることができます。あなたの今の働きで、現在の年収よりも大きい額をもらえる可能性があるのでチェックしてみてください。

  • 最初に必要事項を記入すれば基本的に待つだけ(放置可)
  • 適正な求人を提案してくれる
  • 気になった案件にだけアプローチできる
  • 好条件の企業から面接確約の可能性も

転職や就職をする気がなくても、新しい視点が得られるのでおすすめです。結果的にあなたに見合った評価をしてくれる企業やあなたの適正にあった企業と出会えるかもしれません。

 

 

年収300万円の税金は?所得税・住民税・社会保険料について

年収300万円の手取り額は「額面」の約80%です。残りの20%は主に

  • 所得税
  • 住民税
  • 社会保険料

で差し引かれることになります。

 

年収300万円の所得税は?

所得税では課税所得に応じて税率が変わる累進課税制度が取られています。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円〜330万円以下 10% 9万7500円
330万円〜695万円以下 20% 42万7500円
695万円〜900万円以下 23% 63万6000円
900万円〜1800万円以下 33% 153万6000円
1800万円〜4000万円以下 40% 279万6000円
4000万円〜 45% 479万6000円

 

年収300万円の場合の課税所得は110万8000円(*)ですので、年収300万円の所得税は

所得税:110万8000円 × 5%(税率) – 控除額0円 = 5万5400円

となります。

*課税所得=所得税の基礎控除 – 給与所得控除 – 社会保険料控除

 

年収300万円の住民税は?

住民税は自治体によって税率や金額が微妙に違ってきますが、平均すると年収300万円の住民税は約10万円です。

住民税の額は、所得割と均等割という2つの割り出し方を合わせて行なっています。詳しい額を知りたい方は地元自治体のWebページで確認してみてください。

 

年収300万円の社会保険料は?

社会保険料は、年金(国民年金・厚生年金)、健康保険、雇用保険などがあります。(社会保険料は全額が控除の対象)

社会保険料は月収に応じて決まりますが、合わせると収入の約14~15%の額になります。

年収300万円の人であれば、年間約40万円ほどです。

 

控除について

税金は年収から控除額をひいた課税所得にかかることになります。

すべての給与所得者に適用される控除は

  • 基礎控除
  • 給与所得控除
  • 社会保険料の支払額

です。

その他にも、配偶者控除、扶養控除、特定支出控除などの控除があります。

 

年収にかかる税金・控除について詳しく知りたい方は「年収にかかる税金は?所得税や住民税とは?控除の計算は?」をご覧ください。

 

年収300万円の人の割合は?

20代 年収300万

給与所得者(1年通じて勤務した)のなかで年収300万円台の人の割合は16.3%です。年収300万円以下にすると約40%です。(平成28年度 国税庁「民間給与実態統計調査」より)

1年通じて勤務した給与所得者(約4900万人)のうち約半分近い人(約1900万人)が年収300万円以下ということになります。同調査による男女別でみると年収300万円以下の割合は以下の通りです。

男性 23.1%
女性 63.1%

年収300万円以下では女性の方が多い結果がでています。これは、非正規雇用で働く人の割合が女性の方が多いという背景があります。

 

20代で年収300万円台は平均よりやや上の年収

20代の平均年収は

  • 346万円

です

(転職サービスDODAの「平均年収データ2017年(約29万人がデータ基)」の年齢別調査より)

 

20代の大半が年収400万円以下

20代全体の37.6%が年収300万円台です。そして年収300万円未満の20代は33.1%います。

つまり、20代の約70%は年収400万円未満なのです。年収300万円台は、20代全体の上位30〜70%の間に入る金額なので、20代の中では平均程度の年収といえます。

ちなみに給与所得者(1年通じて働いた人)全体の平均年収は約418万円です。

 

つまり、年収300万円は頑張れば届く額なのです。ではどのように頑張ればいいのか。現在の年収を上げるために転職エージェントに相談してみるのもいいでしょう。転職市場の中でのご自身の可能性を適正に判断してくれます。

ただ、転職エージェントにも相性があります。担当の力量によって転職が左右されるともいわれています。自分に合ったエージェントに会うためにも、複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

転職エージェント 詳細
リクルートエージェント 迷ったらまず登録すべき非公開求人10万件以上。日本最大級の転職エージェント。
DODA 求人数10万件以上(日本最大級)。DODA限定の求人も。
ワークポート 転職決定人数部門で4回連続1位を獲得したことがある。IT系や未経験からのキャリアチェンジに強い。
type転職エージェント 非公開案件約80%。転職した人の約71%が年収アップに成功している。首都圏在住の方におすすめ。
パソナキャリア 大手転職エージェントの一角。丁寧なサポート体制。
JACリクルートメント 業界3位。外資系企業や海外への転職に強く、アジア最大級のネットワークを持つ。

年収アップを目指すにも様々な方法があります。ここで、一通りの方法を把握した上で、ご自分にあった方法を取っていくことをオススメします。

 

年収300万円の20代結婚事情は?

20代 年収300万

まず20代で結婚している人数についてご紹介します。

 

「平成27年国勢調査」によると、2015年10月1日時点での20代の有配偶、未婚の人口と割合は以下の表の通りです。

有配偶者は結婚している人と同義です。

年齢 性別 有配偶
(人数)
未婚
(人数)
有配偶
(割合)
未婚
(割合)
20~24歳 男性 15万人 288万7000人 4.9% 94.8%
女性 24万1000人 263万2000人 8.3% 90.9%
25~29歳 男性 81万2000人 222万5000人 26.4% 72.5%
女性 110万4000人 183万5000人 36.7% 61.0%

 

年収300万円での既婚者は共働きが多い

次に、20代既婚男性の年収で300〜399万円の範囲内であった人は20代全体で

  • 20.5%

を占めます。

(内閣府「平成26年度結婚・家族形成に関する意識調査報告書」より)

 

最も多い層です。

 

国勢調査と照らし合わせると、

  • 約19万7210人

いるとわかります。

 

ただ、同報告書の20代を対象にした、結婚生活に必要な収入アンケートにて平均484.2万円との回答を得ていますので、年収300万円台の20代は共働きして生活していることが多いと推測できます。

 

お金の使い方は大きく3つに分けられる

20代 年収300万

つかうお金

生きる上で必要なお金の消費を指します。

 

この記事の場合、生活に「必ずかかるお金(=固定費)」は既に差し引いているため、

  • 娯楽費・遊興費=「つかうお金」

です。

 

まもるお金

貯蓄と保険を指します。

 

急な出費やまとまったお金の出費への積立、万が一の際に家族を守るための備えが「まもるお金」に当たります。

 

ふやすお金

投資と運用を指します。

 

金融商品や不動産などの資産運用だけでなく、書籍や人とのネットワーキングなど自分の価値と高めたり、生活を豊かにしたりするための投資や運用が「ふやすお金」に当たります。

 

お金の教養を身につける

以上をご覧になって、

  • 「今後、年収を増やしていきたい」
  • 「今の年収で最大限に幸せになるお金の使い方をしたい」

など、お金については様々な考え方があると思います。

いずれにしても、お金についてのリテラシーを身につけることで、限られた年収を有効に使うことが可能になります。

 

「お金のリテラシー」を身につけるには、マネーセミナーなどを一度受講してみることもおすすめです。無料の講座が多いというのも魅力的ですね。

講座名 内容 料金
ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」 年間255講座、延べ43万人が受講したお金の学校の定番講座。 無料
アットセミナー 国内最大級のマネーセミナー。 平日夜や土日にも開催 無料

 

 

年収300万円のオススメのお金の使い方

20代 年収300万

年収300万円の20代独身のビジネスパーソンにおすすめの

  • 貯蓄
  • 保険
  • 投資
  • 運用

について、下記の表の通りにまとめました。

(ボーナスは2ヶ月分で年2回支給の条件を前提)

 

ボーナス時の自由な金額は、平時の自由な金額5万円に加え、2ヶ月分の手取り30万円を加算した金額です。

自由な金額
(ボーナス時)
月間金額
つかうお金 まもるお金 ふやすお金
5万円 5000円 1万円 3万5000円
(35万円) 3万5000円 7万円 24万5000円
割合 10% 20% 70%

ふやすお金の割合を大きくする

独身のビジネスパーソンへは、

  • 資産運用
  • 自己投資

といった「ふやすお金」の割合を大きくすることをおすすめします。

 

限られたお金と時間で個人のキャッシュフローの向上を果たすためには、資産運用や自己研鑽に回す金額を増やす必要があります。

独身の場合、遊びや娯楽に多くの「つかうお金」を使いがちですが、「ふやすお金」の割合を大きくする貴重な時期といえます。

 

目標とする貯金額をクリアしたあとが重要

貯金額は

  • 月額給与の3ヶ月分から半年分

が理想といわれています。

 

目標とする貯金額が貯まったら、「ふやすお金」の割合を大きくすることもおすすめです。

 

年収300万円は結婚前の生活では贅沢をしなければ、問題なく生活できる経済レベルです。

 

ただ、次の項目にてご紹介するように、結婚して夫婦いずれか一人の稼ぎで家庭を支えることは困難でしょう。

結婚前の生活で、「ふやすお金」の割合を増やし、収入を増やしていくことをおすすめします。

 

年収300万円の人は住宅ローンを組める?

銀行が融資してくれる住宅ローンの目安は年収の6倍程度といわれています。年収300万円ですと、1800万円です。

ただし、年収300万円ですと条件によっては、はじかれてしまう可能性があります。

 

頭金があるか

まとまった額の頭金を用意できるとローンを組める可能性は高まります。ただ、ローンを組めたとしても2000万円以内と考えていいでしょう。

都市部で2000万円と考えると住宅の規模も限られてきます。住宅購入を考えている方はまずは頭金を貯めることから始めましょう。

比較的ローンを組みやすいといわれるフラット35については「フラット35とは|金利、民間ローンとの比較、メリット・デメリットまとめ」をご覧ください。

 

賃貸にもメリットがある

住宅を購入した場合には固定資産税や、維持費などでの出費が考えられます。

賃貸のメリットは予定外の出費があまりかからないことです。住宅ローンの返済がない暮らしという選択肢も十分に考えられます。

 

年収300万円はどの年代に多い?生涯年収は?

年収300万円の人が多くなる年代は30~44歳です。(厚生労働省「賃金基本統計調査」より)

仮に年収300万円で22歳から60歳まで働いた場合、単純計算で1億1400万円です。

 

サラリーマンの生涯年収は企業の規模や学歴などによって大きく変わってきますが、約2億円程度の生涯年収は学歴にかかわらず目指せる額といえます。

 

キャリアプランの参考にしてみてください。

 

年収をあげたければ転職も視野に

20代 年収300万

この記事を読んだ方へオススメのアクションプランは

  1. 年収に応じたお金の使い方を考える
  2. 転職を検討する

です。

 

1.年収に応じたお金の使い方を考える

年収300万円の場合、都市部に住むと家賃が支出の大きなウェイトを占めます。

郊外に住んだり、会社の寮や家賃補助制度を利用したりして、なるべく家賃にコストをかけないようにしましょう。

 

車は都市部に住んでいれば必要性は低くなりますし、必要な場合も税金や保険が安い軽自動車やレンタカーを利用するなどして、コストを低くするように工夫をしてください。

 

2.転職を検討する

年収をあげたい場合、転職を検討するのもひとつの選択肢です。

 

インターネット関連企業など市場拡大している業界であれば、ベンチャー企業でも20代前半で年収400万円を越えることも少なくないですし、実力次第ではもっと稼ぐことも可能です。

 

20代であれば転職のハードルが比較的低いことも特徴です。

転職エージェント 詳細
ワークポート 転職決定人数部門で4回連続1位を獲得したことがある。IT系や未経験からのキャリアチェンジに強い。
type転職エージェント 非公開案件約80%。転職した人の約71%が年収アップに成功している。首都圏在住の方におすすめ。
リクルートエージェント 非公開求人10万件以上。日本最大級の転職エージェント。
DODA 求人数10万件以上(日本最大級)。DODA限定の求人も。
パソナキャリア 大手転職エージェントの一角。丁寧なサポート体制。
JACリクルートメント 業界3位。外資系企業や海外への転職に強く、アジア最大級のネットワークを持つ。

 

  • 「現在の年収でできる生活」
  • 「したい生活に必要な年収」

とのバランスも、キャリア選択の1つのポイントといえますね。

 

また、額面給与と手取り給与という言葉は知っているけれど、具体的な違いを正確に把握している方は多くないかもしれません。

この機会に年収の定義について改めて理解を深めることもおすすめします。

 


カテゴリー