損害保険

損保ジャパン日本興亜の新卒採用、選考情報は?年収、売上、強みは?

損保ジャパン日本興亜は2014年に誕生した国内大手損害保険会社。合併の効果で正味収入保険料が業界1位となる。エントリーシートやテストセンターの対策は早めにやっておくことが大切。損保ジャパン日本興亜は就職人気ランキング上位に入る企業です。損保ジャパンがどのような会社かご存知でしょうか。この記事では損保ジャパン日本興亜の売上、年収や強み、新卒採用、選考方法についてご紹介します。

BraveAnswerでは、キャリアに関する勉強会を開催しています。初めての方大歓迎ですので、ぜひお気軽にご参加ください。詳細はこちらをご覧ください。

損保ジャパン日本興亜はどんな会社?

損保ジャパン日本興亜

損保ジャパン日本興亜の正式名称は

損害保険ジャパン日本興亜株式会社

英名はSompo Japan Nipponkoa Insurance Inc.です。

学生の間では、「損保ジャパン」もしくは「損ジャ」と呼ばれています。

損保ジャパン日本興亜は2014年9月に損保ジャパンと日本興亜が合併して誕生した比較的に新しい企業です。

合併した結果、保険会社の売上高にあたる正味収入保険料が業界1位となりました。

現在、3メガ損保と呼ばれる国内大手損害保険会社3社のうちの1社です。

本社を東京都新宿区西新宿に構えています。

2010年4月に損保ジャパンと日本興亜が株式移転をして、損保ジャパン日本興亜ホールディングスが誕生しグループ会社を取りまとめています。

主な損保ジャパン日本興亜のグループ会社はセゾン自動車火災保険、そんぽ24損害保険、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険です。

 

損保ジャパン日本興亜の事業内容、職種は?

損保ジャパン日本興亜

損保ジャパン日本興亜の主な事業内容は損害保険事業です。

リクナビ2017損保ジャパン日本興亜の採用ページによると、損害保険業には以下の6つに集約されます。

  • 損害保険の引受
  • 損害調査および保険金の支払い
  • 新商品の企画・開発
  • 資産運用
  • 国際関連事業
  • その他各種事業

主な部門は、営業部門と保険金サービス部門、本社管理部門です。

営業部門は

  • 「一般営業部門」
  • 「企業営業部門」
  • 「自動車営業部門」

の3部門で構成されています。

本社管理部門は

  • 「資産運用部門」
  • 「商品開発部門」
  • 「営業推進部門」
  • 「IT部門」
  • 「国際部門」

の5部門で主に構成されています。

一般営業部門は大企業、自動車販売会社以外すべての企業や金融機関の担当となり、保険代理店を通して営業します。

企業営業部門は主に大企業を担当とし、担当先が抱えるリスクに対応するためにコンサルティングを行います。

自動車営業部門は自動車販売会社を通して自動車保険の営業を行います。

業務内容は競合他社とほぼ同じと考えられますが、部門の名称が競合他社それぞれで異なりますので損害保険業界を志望する人は部門の名称を確認することをオススメします。

 

損保ジャパン日本興亜の売上や利益は?

損保ジャパン日本興亜

損保ジャパン日本興亜が公表した有価証券報告書(2016年3月末現在)によると、過去2年間の正味収入保険料、経常利益、売上高経常利益率、当期純利益は以下の通りです。

期間(通期) 正味収入保険料 経常利益 売上高経常利益率 当期純利益
2016年 2兆2184億2500万円 1780億8600万円 8.0% 1262億8900万円
2015年 1兆8916億500万円 1668億2800万円 8.8% 393億4800万円

2014年9月に損保ジャパン日本興亜が誕生したために、2年分の経営指標となっています。
合併の影響や自動車保険、火災保険の増収により正味収入保険料が約3268万円、17.2%伸びました。
2016年の当期純利益が約31.1%伸びた主な理由は、合併に伴う費用の計上がなくなったからです。

 

損保ジャパン日本興亜の平均年収は?

損保ジャパン日本興亜が公表した有価証券報告書(2016年3月末現在)によると、損保ジャパン日本興亜の過去2年間の社員データは以下の通りです。

従業員数欄のカッコ内は臨時従業員の年間平均雇用人員を指します。

期間(通期) 平均年収 平均勤続年数 平均年齢 従業員数
2016年 638万6126円 13.1年 42.5歳 2万6380人(3036人)
2015年 660万3566円 12.8年 42.3歳 2万7144人(3319人)

平均年収は過去2年間で21万7440円、3.3%減少しましたが、平均勤続年数と平均年齢は微増傾向にあります。
損保ジャパン日本興亜は合併の影響に伴い、200名の早期退職の募集を行うなど人員削減の方策をとりました。

その影響があり、従業員数は764人減少しています。

 

損保ジャパン日本興亜の新卒採用は?

損保ジャパン日本興亜

リクナビ2017によると、損保ジャパン日本興亜の採用人数は未定とされています。
面接解禁前のスケジュールは、3月広報解禁→学内&企業による説明会→OB訪問→エントリシート提出→筆記試験という流れになります。

損保ジャパン日本興亜を包括的に理解する説明会や仕事体感ワーク、社員の方と話ができる座談会などが用意されています。

OB訪問は社員訪問制度があります。

損保ジャパン日本興亜のオフィシャルな制度です。

社員訪問制度は1回利用することができますが、早い者勝ちなので学生全員が社員訪問制度を利用できるわけではありません。

受付開始が3月中旬なので、損害保険業界に興味がある方はお早めに社員訪問制度を確認してみることをオススメします。

エントリーシートの通過連絡を受けたら、次は筆記試験になります。

筆記試験は会場型のテストセンターです。

競合する3メガ損保と比べて、早い時期にエントリーシートの提出、テストセンターの受験をしなければなりません。

損保ジャパン日本興亜を志望する人は早期に対策を講じることをオススメします。

 

損保ジャパン日本興亜のエントリーシートは?

2017年新卒採用のエントリーシートの質問事項は、以下の通りです。

  1. 学生時代に力を入れて取り組んだことを3つ挙げてください。(各50字以内)
  2. 上記のうち、最も力を入れた取り組み(1つ)について、理由・活動期間・役割などイメージができるように具体的に教えてください。 ※  (その取り組みの中で発揮したあなた自身の強みや、認識した課題についても教えてください)全角400字以内
  3. 損保ジャパン日本興亜で実現したいことについて、自由に入力してください。(全角200字以内)

損保ジャパン日本興亜のエントリーシートはオーソドックスなものです。

学生時代の取り組みを3つ挙げるように指示されており、面接の際に3つのことに関して質問を受ける可能性がありますので、エピソードを厳選しておくと良いでしょう。

最後に損保ジャパン日本興亜で実現したいことを聞かれているので、単なる志望動機を書いたら筋違いとみなされる恐れがあります。

説明会やOB訪問を通して損保ジャパン日本興亜について理解を深めた上で、損保ジャパン日本興亜で実現したいことを自分なりに考えることをオススメします。

 

損保ジャパン日本興亜の選考フローは?

損保ジャパン日本興亜

損保ジャパン日本興亜の選考フローは「6月面接解禁→1次面接→2次面説→最終面接」です。

エントリーシート、テストセンターを通過した場合にマイページにて1次面接を予約できるようになります。

その後、面接を通過した場合に電話にて通過連絡を伝えられ、次の面接の日時の予約を取ります。

1次面接は、学生時代に頑張ったことの説明、志望動機などオーソドックスな内容です。

会場に多くの学生が面接を受けているので、大きな声ではっきり話すことを意識することをオススメします。

2次面接は、1次面接の際に提出した成績表をもとに学業について多く質問を受けます。

また、時事ニュースや就職活動を終えたら何をするのか、併せて理由を問うなど学生を試す質問が多いです。

最終面接は1次2次面接の深堀に加えて、志望度合いを確認されます。

最終面接を通過した場合に電話にて内定を通達され、後日内定承諾書にハンコを押します。

 

介護事業買収で独自路線を歩む

損保ジャパン日本興亜

損保ジャパン日本興亜の持株会社である損保ジャパン日本興亜ホールディングスは競合他社にはない独自の路線を進んでいます。

過去2年間でワタミの介護事業と介護事業大手のメッセージを買収したことにより、損保ジャパン日本興亜ホールディングスは介護事業で2位となりました

介護・ヘルスケア業界に進出している損害保険グループは損保ジャパン日本興亜グループのみです。

損害保険事業と取得した介護事業が相乗効果を生み出すために、損害保険の補償金内容の一部を介護費にあてることができるように保険商品などが開発されるようです。

独自の成長戦略を持つ損保ジャパン日本興亜の今後に注目してみてください。

あわせて読みたい

カテゴリー