転職

福島県で就職、転職をしたい!求人や仕事は?IターンやUターンは?

この記事の結論は「2019年8月現在の福島県の有効求人倍率は約1.50倍で、全国平均を上回っている。震災復興にともなって建設業の求人が増加している」です。福島県は東日本大震災で大きな被害を受けましたが、復興にともなって求人数も増えつつあります。この記事では、福島県の就職・転職事情、求人、仕事、IターンやUターンについてまとめました。

福島県は転職、就職がしやすい?求人倍率は?

shutterstock_275191052

厚生労働省「一般職業紹介状況」によると、2019年8月時点での福島県の有効求人倍率は約1.50倍です。前月との変動はありませんでしたが、同時期の全国平均は約1.59倍でしたので福島県の有効求人倍率は全国平均を下回っていることになります。

2015年の福島県の年間平均倍率は約1.45倍でした。2016年9月には約1.39倍まで低下しましたが、その後は再び上昇に転じています。

総務省統計局「労働力調査(基本集計)都道府県別結果」によると、福島県の2019年1~3月期の平均値での完全失業率は約2.3%です。前期より約0.3%悪化していますが、前年同期(2018年1~3月)とは同じ数値を維持しています。同時期の全国平均は約2.4%ですので、平均よりも高い水準となっています。

出典:福島労働局職業安定部「福島県 有効求人倍率の推移
出典:厚生労働省「一般職業紹介状況
出典:総務省統計局「労働力調査(基本集計)都道府県別結果

 

福島県の求人件数は?

shutterstock_225103282

2019年11月14日現在、福島県に本社がある企業の新卒の求人は、リクナビ2020で195件、マイナビ2021で263件ヒットします。メーカーやサービス業の求人が多く、情報通信はやや少ない傾向となっています。

2019年11月現在、福島県が勤務地の転職市場の求人は以下の通りです(全て業種指定なしで検索)。

雇用形態 検索サイト
マイナビ転職 リクナビNEXT
正社員 384件 613件
契約社員・派遣社員 37件 46件
全ての雇用形態 457件 673件

業種別では、他県に比べて建設業や製造業の割合が高く、情報通信業はやや低い傾向となっています。

出典:リクナビ2021
出典:マイナビ2021
出典:マイナビ転職
出典:リクナビNEXT

 

福島県で働くならどんな仕事がある?

shutterstock_219228466

福島県の面積は、北海道、岩手県に続く全国第3位です。地理的・歴史的な面から福島県は会津・中通り・浜通りに分かれ、それぞれ独自の発展を遂げました。

最も人口が多く交通の便が良い中通りは電子機器や半導体産業がさかんで、県最大の都市である郡山市には工業団地が造成され、京浜地区から多くの工場が移転してきました。太平洋岸の浜通りはいわき市を中心に電子機器や自動車関連の工場が建てられています。

業種別の求人数では第二次産業が多く、特に建設業の割合が高くなっています。一方で情報通信業の割合は他県に比して低い傾向にあります。

 

福島県のIターン就職やUターン就職は?

shutterstock_257072050

福島県では東京と福島市に「ふるさと福島就職情報センター」を設置しています。また県内各地には「ふくしま生活・就職応援センター」を設置して、福島県内へのI・U・Jターンをサポートしています。

また「Fターン」というウェブサイトを開設して、「ふくしま就職ガイダンス」等のイベントの案内や、就職に関する情報の提供、専門スタッフによる就職相談など、就職活動から就職後のフォローまで対応しています。Fターンとは、福島県が独自に福島県へのU・I・Jターンを総称して呼んでいるものです。

 

おすすめの転職エージェント

リクナビNEXTのホームページによると、リクナビNEXTには以下の3つのメリットがあります。

リクナビNEXTの3つのメリット

  1. グッドポイント診断
  2. 非公開求人からのスカウト
  3. 求人数の多さ

1.グッドポイント診断

グッドポイント診断は、リクルートキャリアが持つノウハウを活かして開発された診断サービスです。

質問に回答すると、客観的な自分の強みを教えてもらえます。診断結果は応募時に添付することが可能です。

2.非公開求人からのスカウト

職務経歴や転職希望条件などを匿名で登録すると、興味を持った求人企業や転職エージェントから直接オファーが届くサービスがあります。

またスカウトによってのみ知ることができる非公開求人もあります。

3.求人数の多さ

常時5000件以上の求人を掲載しています。また、毎週1000件以上の新着・更新求人があります。

出典:リクナビNEXT

 

 

大震災の復興によって雇用は増加傾向

shutterstock_279472736

福島県は東日本大震災により大きな被害を受け、雇用情勢も急激に悪化しました。ただ現在は復興が進み、求人数は高水準で推移しています。

業種別では、世界経済の減速などで電気機械や輸送機械の求人が減少した一方で、復旧工事や除染作業に関わる建設業や卸・小売業の求人が増加傾向です。

全体の雇用情勢は改善の動きが続いていますが、建設や介護などで人員確保が困難になっている一方で、事務や生産工程では有効求人倍率が1倍を大きく下回っているという、雇用のミスマッチが拡大してしています。

県ではこれに対し、短期的には被災者の雇用の促進を、中長期的には製造業の投資を促したり、避難者の多く住む地域に企業立地を促すなどの対策を実施しています。

 

不用品片付けや引っ越しのおすすめサイト

1.ietty

ietty(イエッティ)はオンラインの不動産サイトです。

物件選びから内見の予約までチャットでやりとりできるので、何回も不動産行く必要がなく、効率的に部屋選びができます。

利用料は基本無料ですので、もし部屋を探してる方はまずは登録してみることをオススメします。

ietty公式サイト

2.エコノバ

エコノバは不用品の片付けをする業者を比較するサイトです。

会員登録不要で査定も無料で行うことができます。

エコノバの無料査定はこちら

あわせて読みたい