オプトの売上や利益、年収や株価は?

オプトの売上高は横ばいで、株価も伸びていません。本業であるマーケティング事業の拡大がオプト全体の業績回復につながると考えられます。オプトは利益についても安定していません。今後、オプトはどのように進んでいくのでしょうか。この記事では、オプトの売上や利益、年収、株価についてまとめました。

オプトの売上や利益は?

shutterstock_245148676

オプト公式ホームページ「財務・業績情報」によると、2011年から2015年の売上高、営業利益、経常利益、当期純利益の推移は以下の表の通りです。

期間(通期) 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
2015年 640億5200万円 16億2000万円 11億9100万円 2億6700万円
2014年 669億8400万円 44億7100万円 40億6700万円 10億9200万円
2013年 676億2400万円 13億円 11億500万円 6億1000万円
2012年 789億900万円 15億600万円 13億5500万円 8億3000万円
2011年 622億6000万円 11億700万円 12億9400万円 6億円

2012年に最も売上高が高くなっています。

2014年に営業利益と経常利益が大幅な増益となっていますが、これはホットリンク株式の売却が要因です。

2015年はホットリンク株式の売却収益(約45億円)の影響により、対前年比で減収減益となりました。

 

オプトの平均年収、勤続年数は?

shutterstock_280610138

オプト公式ホームページ「有価証券報告書」によると、オプトの平均年収、勤続年数、平均年齢、従業員数の2011年から2015年の推移は以下の表の通りです。

期間(通期) 平均年収 勤続年数 平均年齢 従業員数
2015年 552万6000円 5.48年 35.39歳 98人
2014年 571万7000円 3.23年 30.26歳 714人
2013年 527万2000円 3.57年 30.32歳 686人
2012年 514万9000円 3.05年 30.08歳 601人
2011年 527万7000円 3.06年 30.09歳 532人

オプトの平均年収は過去5年ですべて500万円台です。

2014年には過去5年間で最高額の571万円となりました。

勤続年数は3年前後を推移しています。

平均年齢は30歳程度です。

従業員数は毎年30人から70人程増加しています。

2015年は前事業年度に比べて従業員数が616名減少していますが、これは2015年度4月1日から会社分割が行われ、持株会社体制へ移行したことが要因です。

 

オプトの株価は?

shutterstock_201684674

オプト公式ホームページ「株式・配当情報」によると、オプトの現在の株式基本情報は以下の通りです。(2015年12月末現在)。

発行可能株式総数:8663万400株
発行済株式総数:2998万株
株株主数:7704名

2016年7月19日現在、オプトの株価は772円です。

2013年1月1日からオプトは分割1株取引仕様に変更しています。

分割1株に変更してからの株価は、2013年から2016年まで平均600円から1200円の値動きをしています。

直近1年間は500円から900円の値動きです。

株価は伸びていません。

懸念材料として、直近2年間の業績推移で売上高が2期連続で減収になっており、営業利益も前期に比べ減益に転じている事があげられます。

今後オプトの業績が回復しないかぎり、株価も大きく上がることはないと考えられます。

 

本業の伸長が業績回復のカギ

shutterstock_254849713

オプトは2013年度から2015年度の売上高が横ばいです。

2014年の業績は一見良好なように見えますが、これはホットリンク株の売却益を計上したことによるもので、オプトの本業であるマーケティング事業の売上高ではありません。

オプトでは近年本業のマーケティング事業がうまくいってないといえます。

マーケティング事業の単独の営業利益率は2015年は約2.9%でした。

2014年は約1.5%でしたので、約1.4%増加しています。今後、オプトの本業であるマーケティング事業が伸長することがオプト全体の業績回復につながると考えられます。


 

あわせて読みたい