【男・女】結婚後・前に転職!タイミングや探し方、確認ポイントまとめ

結婚時の転職は、パートナーとの将来の家族設計を見据えた話し合いや協力が大切です。結婚を期に上京したり、地方へ移住したりすることが理由で、職場を変えなければならない20代のビジネスパーソンは男女問わず少なくないのではないでしょうか。慣れない土地での新しい職場探しは不安ですよね。この記事では、結婚を期にした転職活動の進め方、スケジュール、気をつけたいポイントについてまとめました。

結婚を機に転職!具体的な理由と最適なタイミング

shutterstock_451580683

結婚を期に転職する理由

  • パートナーとの同居に伴う勤務地変更
  • 家庭と仕事の両立が困難

パートナーとの結婚で今の会社で勤続することが難しい場合、転職が夫婦にとってプラスになる場合もありますよね。

 

転居や保険の見直しなどの転機になる

結婚するまでの期間パートナーが遠方に住んでいる場合は、同居を始めるためには夫婦どちらかが引っ越しをしなければなりません。

夫婦揃って忙しい職場で勤務している場合、夫婦どちらかが家事や育児の時間を確保したいという希望もよくあるケースです。

 

結婚は、これまでの独身生活を見直す大きな転機です。

生命保険や居住地を見直すのと同様に、将来の家庭生活を見据えて、あらためて仕事選びを考えるタイミングといえます。

 

結婚前が転職のタイミングの狙い目

結婚後の転職を考えている方も多いかと思いますが、結婚前のタイミングでの転職にはメリットが多いことを頭に入れておきましょう。

 

それは

  • 結婚前の方が柔軟に転職活動ができる
  • 結婚前に新しい職場に慣れておける
  • 女性の場合は、出産・育児の前に新しい職場に貢献する時間が生まれる

などです。

 

結婚は生活スタイルも変化する人生の大きなイベントですので、転職は自分にとって最適なタイミングを考慮することをオススメします。

 

男女とも必見!結婚を期にする転職活動の進め方とスケジュールは?

shutterstock_451486606

転職活動の進め方とスケジュール目安

  • パートナーと話し合い:1ヶ月
  • 転職活動:1ヶ月〜3ヶ月
  • 現職業務の引き継ぎ:1ヶ月

 

パートナーと話し合い:1ヶ月

転職活動を進めるにあたっては、まずはじめにパートナーとの話し合いを持つことをおすすめします。

パートナーとの話し合いポイント

  • 勤務地と居住地
  • 世帯年収目安
  • 勤務時間
  • 業務内容との相性
  • 社会保険や税金、年金の支払い

勤務地と居住地

転職先を決めるにあたって、勤務地と同時に、夫婦の居住地を話し合う必要があります。

 

考慮する観点は、

  1. 出産育児のしやすさ(行政制度や親家族の支援)
  2. パートナーの通勤アクセス
  3. 本人の通勤アクセス
  4. 家事の役割分担

の4つです。

 

例えば、夫婦二人で将来の子育てを優先した地域へ居住を希望した場合、パートナーの通勤アクセスが悪くても、本人の通勤アクセスを優先して転職先を探すことで、家事の分担が可能となります。

 

まずは上記4つ観点の優先順位から話し合ってみてください。

 

世帯年収目安

希望する世帯年収を話し合い、その給与を稼げる職場へ転職する必要があります。

目標とする世帯年収は、希望する子供の数で一般的な概算ができます。

 

贅沢なく安心して子供一人を養育するためには、世帯年収500万円は必要です。

 

二人の養育には世帯年収600万円以上があると安心です。

各年収ごとの生活水準は、関連記事にまとめています。あわせて確認してみてくださいね。

 

業務時間、業務内容との相性

新しい仕事を始めると、業務に慣れるまでは業務時間が長くなってしまったり、慣れない仕事を担当することへのストレスを避けられません。

業務時間の超過は家事の分担に影響を来します。

仕事上のストレスは、夫婦のコミュニケーションへも影響を与えます。

 

結婚後の転職は家庭への影響を鑑みる必要があるといえますね。

夫婦それぞれの繁忙期や業務上のストレスなど、ネガティブな状況を予め話し合っておくことをおすすめします。

 

社会保険料・年金及び税金の支払い

現職を退職してから次の会社へ転職するまでのあいだの期間はあかない方が望ましいです。

あいだの期間が発生してしまうと、パートナーの扶養に入ることになるからです。

 

扶養に入らない場合は、会社の健康保険から脱退するため国民健康保険への加入が必要です。

厚生年金からも脱退するため、国民年金への加入も必要です。

 

住民税の支払いは、現職の給与からの天引きされる特別徴収がなくなります。

退職後の空白期間有無に関わらず、普通徴収に切り替えて、5月末までの納付残額を後日支払う必要があるのです。(普通徴収に切り替えることなく、現職在職中にまとめて一括で納付ことも可能です。)

 

いずれの場合もまとまったお金の出費が発生します。転職に伴う必要費用を予め把握しておくことをおすすめします。

 

転職活動:1ヶ月〜3ヶ月

転職活動はいまの会社に在職中に開始して、出来る限り退職前に内定を確保することをおすすめします。

遠方への引越が理由で、面接日程の調整が困難な場合もあるかもしれません。

 

ただ退職後、無職の状態で転職活動をするにはリスクがあります。

在籍していない期間が長く続いてしまった場合、空白期間が理由で採用に後ろ向きになってしまう企業があるからです。

 

遠方の引越を伴う転職でも、退職予定日に余裕を持った時期から、求人サイトへの登録、転職エージェントへの相談を開始してください。

メールやスカイプなどを利用することで、遠方でも企業とのコンタクトが可能ですし、有給や土日での面接調整の可能性も広がるからです。

 

退職間際での転職活動は、引き継ぎや退職手続きで時間を取られてしまいます。理想は退職手続きに入るまえに転職活動を終えておくことです。

 

引き継ぎ:1ヶ月

退職前の1ヶ月間にむけて、早い時期から引き継ぎ内容の想定をおすすめします。

また、就業規則を予め確認しておくことも必要です。

 

有給が残っている場合でも、就業規則で引き継ぎを優先することを社員に義務付けている会社もあるためです。

時間に余裕を持って引き継ぎ内容をすり合わせし、退職間際の時期に慌ただしくならないような準備がおすすめです。

 

結婚を期に転職!事前に把握したいポイントは?

転職活動前に把握したいポイント

  • 転職先の給与レベル
  • 転職先の産休・育休制度
  • 現職の引継内容・就業規則
  • 住民税の支払残額と支払時期
  • 引越し先の地域の行政制度

転職先の給与レベル

転職先の給与レベルによって、世帯収入が決まります。

世帯年収に応じて家族設計ができるため、転職先が希望する給与レベルの会社であるかどうかの確認は大切です。

 

転職エージェントの場合、エージェントを通じた確認が簡単です。

企業との直接交渉の場合、給与交渉は内定が出される直前に確認しましょう。

 

転職先の産休・育休制度

転職先の産休・育休制度は、家族設計に大きな影響を与えます。

産休・育休制度の整備状況の確認は必要です。ただ入社してすぐに産休・育休制度を利用する姿勢は企業にとって好ましくないのが実情です。

 

面接では、業務内容や自身のキャリア観を優先的に志望動機として伝えることがおすすめです。

 

現職の引継内容・就業規則

現職の引き継ぎ内容は予め想定しておきましょう。

退職や引き継ぎに掛かる就業規則も予め目を通して下さい。

 

内定前に退職の意向を伝えることは難しいのが実情ですが、就業規則で決められた退職申請期限は守る必要があります。

退職申請期限までに、転職先の内定が取れるよう転職活動を進めるのが理想的です。

 

住民税の支払残額と支払時期

住民税の支払いには、前年度の住民税と今年度の住民税があります。

いずれも転職先へ特別徴収の引き継がない場合、6月から7月にかけて支払通知書が送付されることが一般的です。

 

支払時期や支払額は、退職前に給与担当者や納付する地方自治体の税務課に相談してみてください。

 

引越し先の地域の子育てしやすさ

引越し先の地域で子育てをする想定がある場合、子育てへの助成金や医療費制度を確認してから、居住地を決めることをおすすめします。

 

例えば、東京都港区の場合、「乳幼児・こども医療費助成」により15歳までの通院及び入院に係る医療費の自己負担分が助成の対象となります。

その土地の地価だけでなく、行政制度も踏まえて、居住地を決めることをおすすめしますよ。

 

結婚を期に転職!探し方は求人サイト?転職エージェント?

転職先の選択には、求人サイトや転職エージェントを使用することがおすすめです

併せてパートナー交えて転職基準を入念に考えることが大切です。

 

遠方への転職を控えている場合、何度も転職先の地域へ出向くことは現実的ではありません。

転職エージェントの利用して、企業への入社可否の可能性を探ることをおすすめします。

 

転職エージェントの質も千差万別なので、自分の希望業界に強いエージェントを見つけるのがポイントです。

 

求人サイト

リクナビNEXT


recnavinextリクルートキャリアが運営する転職・求職サイトです。

多くの求人情報から検索機能を利用して気軽に情報収集ができます。企業側からのスカウト機能も充実しており掲載求人情報は6万件以上です。

とらばーゆ

とらばーゆ

リクルートの運営する、女性のための仕事探し・転職を悩みや目的別にサポートする求人サイトです。
全国各地、女性に人気の職種・希望条件・仕事内容から検索ができます。転職のノウハウやお役立ち情報も満載です。

 

転職エージェント

リクルートエージェント


リクルートキャリアが運営する人材紹介サービスです。
正社員としての転職に最適な企業を無料で探せますよ。キャリアアドバイザーとの面談を経て企業面接へ望むため、合格力向上のためのアドバイスを受けることが可能です。

 

LiBz CAREER

libzcareer
リブの運営する、女性の転職に特化した会員制転職サービスです。

厳選された300社の企業情報を掲載しており、転職コンサルタントや企業からの求職者スカウトや転職相談、求人情報の検索機能が利用可能です。

 

おすすめのサービス

doda


インテリジェンスが運営する転職・求職サイトです。

求人検索機能に加えて、エージェントや転職相談の利用が可能です。大手に加えて、ベンチャー企業情報も掲載しており、求人情報は3万件以上もありますよ。

 

Wantedly

wantedly
Wantedlyが運営する「はたらく」を面白くするビジネスSNSで、月間100万人が利用しています。

シゴトでココロおどろうをテーマに、共感で人や企業とのつながりをもつことを目的とした無料サービスです。

 

careertreck


ビズリーチの運営する、人工知能によって最適化された求人情報リコメンドサービスです。

自身の興味関心やスキルに応じて、キャリア診断を受けることなく、最新の求人情報を受け取ることができます。

 

退職前に次の職場を決めることがおすすめ

shutterstock_451564873

この記事を読んで、結婚生活に向けた転職活動へアクションを起こしたいと考える方におすすめのアクションアイテムは、

退職後、期間を開けずに転職することを目標に、パートナーと一緒に転職活動のスケジュールを立てる

です。

 

結婚に伴う転職は、家族への配慮が必要です。子供がいなくとも、将来の家族設計を見据えての決断が、独身の転職と大きく異なる点です。

パートナーの協力も仰ぎながら、夫婦にとって最善の転職先を見つけてくださいね。

 

BraveAnswer編集部では、キャリアに関するご相談を受け付けております。

  • 今後のキャリアが不安
  • 自分を変えたいが、何から始めたらいいかわからない

といった、具体的なアクションが明確でない人でも大歓迎です。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

 

BraveAnswer編集部が考える転職については「転職とは何か。」にまとめてあります。転職をする前に、そもそも転職とはなにか、考えてみてください。

 

BraveAnswerでは、皆様の転職エージェントの評価や感想を集めております。こちらのフォームに従って、感想を教えていただければ幸いです。ご協力のほど、よろしくお願い致します。

 

あわせて読みたい

カテゴリー