政治・経済

岡山県の人口は減少傾向|推移、市町村人口ランキング、未来予測

岡山県の人口は約192万人で過去10年で見ると約1.8%減少しています。2040年の人口は約161万人で高齢者の割合は約6%増加する見込みです。中国四国地方の交通の結節点にあたる岡山県ですが、人口減少が問題となりつつあります。この記事では、岡山県の人口や推移、増減率、未来予測についてまとめました。

岡山県の人口は?

shutterstock_247460536

岡山県の人口は

  • 191万7299人

です。

(岡山県公式ホームページ「岡山県毎月流動人口調査(月報)」より:2016年6月1日現在)

 

対前月比で427人減少しています。

 

都道府県における順位は20位で、中国地方では広島県に次ぐ人口の多さです。

 

岡山県市町村人口ランキング

  1. 岡山市:72万745人
  2. 倉敷市:47万7501人
  3. 津山市:10万2863人

岡山県内で最も人口が多い市町村は岡山市で、人口72万745人です。

2009年に政令指定都市に指定されました。2番目は倉敷市の47万7501人、3番目は津山市の10万2863人となっています。

岡山市と倉敷市の2県で岡山県の人口の約62%を占めています。

 

岡山県の外国人居住者

岡山県に住む外国人居住者は

  • 約1万8200人

です。

(岡山県公式ホームページ「岡山県毎月流動人口調査(年報)」より:2015年10月現在)

対前年比で890人増加しました。

 

県人口に占める割合は約0.9%となっています。

 

岡山県の人口、過去推移は?

shutterstock_254322646

総務省統計局「国勢調査」によると、1970年以降の岡山県の人口推移は以下の通りです。

人口
1970年 170万7026人
1990年 192万5877人
2005年 195万7264人
2010年 194万5276人
2015年 192万2181人

岡山県の人口は1995年までは緩やかに上昇しました。

 

その後はほぼ横ばい状態でしたが、2005年を境に減少に転じています。

2010から2015年は1%を超える減少率となっています。

出典:国勢調査

 

岡山県の年齢区分による人口比は?

shutterstock_258687632

岡山県の年齢区分別人口は以下の表の通りです。

(岡山県公式ホームページ「岡山県毎月流動人口調査(年報)」より:2015年10月現在)

年齢区分 人口(対前年比増減数) 割合
年少人口 25万3069人(−2532人) 13.3%
生産年齢人口 110万5179人(−1万1988人) 58.1%
老年人口 54万4655人(+1万51人) 28.6%

 

2016年1~3月期平均の岡山県の労働力人口は

  • 約93万3000人

となっています。

(総務省統計局「労働力調査(基本集計)都道府県別結果」より)

 

岡山県では年少人口と生産年齢人口が減少している一方で、老年人口が増加しています。

少子高齢化が進行している岡山県では、既に超高齢社会のラインである老年人口21%を超えてしまっています

 

 

岡山県の未来予測は?

shutterstock_263336918

岡山県の2040年の人口は2015年より

  • 31万1196人減少して161万985人

になると予測されています。

(国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口」より)

 

約16%の人口減少です。

 

少子高齢化が進む

年齢別で見ると、

  • 生産年齢人口:87万4141人(約23万人減少)
  • 年少人口:17万6418人(約7万6000人減少)

と予想されています。

 

一方で65歳以上の老年人口は56万426人(約1万5000人増加)すると見込まれています。

老年人口の全人口に対する比率は約34.7%です。

 

 

これに対して岡山県では、2015年度に

  • 「岡山県人口ビジョン」
    及び
  • 「おかやま創生総合戦略」

を策定し、人口減少を食い止めて県の持続的な発展を実現するために、以下の基本目標を定めています。

  • 若い世代の結婚から子育てまでの希望をかなえる(出生率の向上)
  • 人を呼び込む魅力ある郷土岡山をつくる(転入超過の改善)
  • 持続的に発展できる経済力を確保する(15歳以上の就業率の改善)
  • 地域の活力を維持する(小さな拠点の形成)

 

岡山県の強みを生かす政策を

shutterstock_172122455

岡山県も他の地方都市同様、人口減少と少子高齢化が問題となっています。

岡山県は「おかやま創生総合戦略」を策定して、人口減少などの避けられない問題への対応を示していますが、対応は始まったばかりです。

 

岡山県は「晴れの国」といわれるほど気候に恵まれ、他県に比べて地震等の災害リスクが低いといわれています。

また中国四国地方の高速交通網の結節点にあたるため、古くから農工業が発達してきました。

さらに倉敷などの歴史的景観を活用した観光も盛んです。

 

これらの強みを生かして新たに産業を興し、さらなる雇用を創出して人を呼び込むことで中国四国地方において重要な位置を確立することが望まれています。

 

不用品片付けや引っ越しのおすすめサイト

1.ietty

ietty(イエッティ)はオンラインの不動産サイトです。

物件選びから内見の予約までチャットでやりとりできるので、何回も不動産行く必要がなく、効率的に部屋選びができます。

利用料は基本無料ですので、もし部屋を探してる方はまずは登録してみることをオススメします。

ietty公式サイト

2.エコノバ

エコノバは不用品の片付けをする業者を比較するサイトです。

会員登録不要で査定も無料で行うことができます。

エコノバの無料査定はこちら

 

あわせて読みたい