政治・経済

山口県の人口は減少傾向|推移や市町村人口ランキング、未来予測は?

山口県の人口は約140万人です。過去25年で約11%減少しています。減少傾向が続けば2050年には約121万人になると予想されています。山口県は現在人口減少問題が顕著になっており、生産年齢人口の割合は全国第45位です。この記事では、山口県の人口や推移、増減率、未来予測についてまとめました。

山口県の人口は?

shutterstock_345274643

山口県公式ホームページによると、2016年5月現在の山口県の

  • 人口は約139万8000人

です。

 

中国地方では

  • 広島県
  • 岡山県

に次いで3番目に多くなっています。

 

総務省の発表によると、全国の都道府県では第27位です。

 

山口県の市町村の人口ランキング

市町村別に見ると、

  • 下関市:約26万6000人

で山口県で最も人口が多い都市となっています。

 

2番目が

  • 山口市:約19万7000人

3番目が

  • 宇部市:約16万8000人

です。

 

宇部市は市制施行の際に村から市に直接昇格した全国的にも珍しい街です。

 

山口県の外国人居住者は?

県の発表している外国人居住者人口は2014年時点で

  • 約1万3000人

です。

山口県の人口に対して約0.9%の割合となっています。

 

外国人居住者数の割合が高い都市は

  1. 和木町:約1.4%
  2. 下関市:約1.3%

です。

和木町は山口県の東の玄関口とされ、瀬戸内工業地域に含まれる工業のさかんな街です。

 

山口県の人口、過去推移は?

shutterstock_339441968

山口県公式ホームページ「山口県の人口と経済」によると、山口県の総人口の推移は以下の表の通りです。

人口
1970年 151万1448人
1980年 158万7079人
1990年 157万2616人
2000年 152万7964人
2010年 145万1338人

山口県の推計によると、総人口は1985年にピークを迎え160万人を超えましたが、その後は減少を続けています。

 

2005年には150万人を割り込み、2015年には約140万5000人となりました。

2010年と比べると、5年間で約4万6000人減少したことになります。

 

山口県の年齢区分による人口比は?

shutterstock_416511595

山口県公式ホームページ「市町年齢別推計人口」によると、2014年10月現在の山口県の人口は以下の表の通りです。

年齢区分 人口 割合
年少人口 17万4517人 12.4%
生産年齢人口 79万3002人 56.3%
老年人口 44万1381人 31.3%

また総務省統計局「労働力調査(基本集計)都道府県別結果」によると、1月から3月の平均値での

  • 労働力人口:約122万1000人

です。

 

生産年齢人口の割合が低い

山口県の総人口に占める生産年齢人口の割合は全国と比較して低い水準です。

 

2014年の統計では

  • 全国第45位

となっています。

 

山口県よりも割合が低い県は高知県、島根県の二県です。

 

山口県は超高齢社会

2000年以降、山口県は65歳以上人口割合が21%超という超高齢社会となりました。

2010年時点の65歳以上人口の割合は約28%です。

 

山口県の未来予測は?

shutterstock_74319553

「未来開拓チャレンジプラン」

すでに人口減少、高齢化に直面している山口県では、県づくりの方向性を市町村や企業などと共有し取り組んでいくための指針として「未来開拓チャレンジプラン」を策定しています。

 

山口県の人口減少、高齢化対策

「活力みなぎる山口県」を目標に掲げたこの計画は、

  • 産業
  • 地域
  • 人材
  • 安全
  • 行財

の5つを柱とし、

  • 中小企業の成長支援や六次産業化等による農林水産業の復興
  • 観光力強化のなどの産業戦略
  • 子育て環境・女性のキャリアの充実を図る人材戦略

などを推し進めています。

 

山口県の産業の特徴の1つは基礎素材産業に特化しているということです。

この偏りを今後どのように変えていくかに山口県の経済、人口減少傾向の改善がかかっています。

 

課題は産業構造のバランス

shutterstock_166745825

山口県は全国の中でも人口減少率が高い県です。

減少傾向に歯止めをかけるために、住みやすい街づくりや充実した社会保障が求められます。

 

基礎素材産業に特化しているという特徴を生かし、同時に第二次産業以外への移行や増強が進められています。

今後山口県が求める分野では、多くの人材が必要とされます。

 

山口県が対策を打ち出している分野では、求職者に多くの機会があるといえます。

 

不用品片付けや引っ越しのおすすめサイト

1.ietty

ietty(イエッティ)はオンラインの不動産サイトです。

物件選びから内見の予約までチャットでやりとりできるので、何回も不動産行く必要がなく、効率的に部屋選びができます。

利用料は基本無料ですので、もし部屋を探してる方はまずは登録してみることをオススメします。

ietty公式サイト

2.エコノバ

エコノバは不用品の片付けをする業者を比較するサイトです。

会員登録不要で査定も無料で行うことができます。

エコノバの無料査定はこちら