【転職面接マナー】時間編|遅刻の対処法は?休日も面接できる?

転職面接における時間のマナーを守ってライバルに差をつけましょう。 企業から良く聞く話の1つに「転職者のマナーへの不満」があります。特に時間関連のマナーは、守れていない人が多い重要なポイントです。この記事では、転職活動の面接における時間関連のマナーについてまとめました。
(監修: 株式会社キープレイヤーズ代表取締役 高野秀敏氏)

転職活動の面接での時間にまつわるマナーのポイント

  • 1「直近のスケジュールで調整する」
  • 2「遅刻時の対処法」
  • 3「早くついても約束の時間まで待つ」
  • 4「休日の面接を期待しない」
  • 5「日時調整メールは分かりやすく」

転職面接マナー1「直近のスケジュールで調整する」

shutterstock_268459703

面接のスケジュールを調整する際、

  • 「1ヶ月先のスケジュールを指定してくる」
  • 「繁忙期だから仕事が落ち着いてから面接をしたい」

と要望したりする人がいます。

 

企業側はこの時点で

  • 「自社への志望度が低い人」
  • 「タイムマネジメントができない人」

と評価します。

 

面接に行く余裕のある時期に実施する

中途採用は、すぐにでも人材が欲しいタイミングで募集がされるので

  • 「1ヶ月先まで面接できない」
  • 「いつ面接できるかわからない」

以上のような人は、その時点で採用可能性がほとんどなくなるのです。

 

転職活動は、少なくとも面接に行く余裕がある時期に実施するのがマナーです。

 

転職面接マナー2「遅刻時の対処法」

男性 PC メール

転職の面接時に遅刻をするのは、致命的といえます。

どんなに仕事が忙しかろうが電車が止まろうが、「タイムマネジメントができない人」の印象は拭えません。

 

やむを得ず遅刻をしてしまう場合は、事前に必ず連絡を入れてください。

 

5分の遅刻でも連絡

5分の遅刻でも

「今、途中まで来ています。道に迷ってしまい5分ほど遅れてしまいそうですので事前にご連絡差し上げました」

と一本電話を入れるだけで、格段に印象が違います。

 

相手側はその5分間を生産的に使えるからです。

 

15分以上遅刻する場合

何かしらの理由で15分以上遅刻をする場合には、お詫び、理由と共に別日時での再調整を提案するのがオススメです。

 

15分遅刻でも来て欲しいと言われるかもしれませんし、再調整の方が有難いと言われるかもしれません。

どちらにせよ、相手側への配慮が伝わる一言です。

 

転職面接マナー3「早くついても約束の時間まで待つ」

shutterstock_231665284

意外と多いのが、指定した時間よりも早く着いたので相手をお呼び立てしてしまう人です。

これもマナー違反です。

 

相手は直前まで別の予定があるかもしれないですし、別の仕事をしているかもしれないからです。

相手への配慮が欠けた行動といえます。

 

常に相手の都合を考える

遅刻しないように予定時間より早く到着することは良いことなので、予定時間までは受付か会社の近くで待つようにしてください。

 

自分のペースで行動するか、常に相手の都合を考え、配慮をして行動をするかで印象が格段に変わります。

その意味では、面接の前から選考がスタートをしているといえます。

 

転職面接マナー4「休日の面接を期待しない」

中途採用の面接を休日に対応する企業はほとんどありません。

 

土日休みの会社であれば、平日で調整をすることになります。

相手側と休日のスケジュールが同じ会社に勤めている場合、有給休暇を取るか、朝早くか夜遅くの時間で調整をすることになります。

 

朝なら8時スタートが基本です。

7時スタートでもOKな会社もあります。

 

夜は20時頃まで対応してくれる企業が多いですよ。

 

転職面接マナー5「日時調整メールは分かりやすく」

shutterstock_270627611

日時調整のためにスケジュールを提示する際にも注意が必要です。

  • 「希望時間は1時から5時です」

と伝えると、開始時間の希望なのか終了時間の希望なのかが不明確です。

 

また、

  • 「7時からお願いします」

と夜7時のつもりで伝えると、朝7時から調整をされてしまうこともあります。

 

「開始時間13時から17時終了まで」のように、「24時間制で時間を記入し、開始と終了希望がわかるように」提示してください。

 

日にちと曜日がづれているというミスも意外と多く起こります。

そそっかしい印象を与えてしまうので、メールで日程を提示する際には、送る前にスケジュール帳を確認し、ミスがないように徹底してくださいね。

 

時間にルーズな人は目立つ

shutterstock_133098281

時間関連のマナーに自信がない方は、この瞬間から改めるようにしてください。

時間関連のマナーは転職活動時というよりも、社会人として最低限守るべきビジネスマナーだからです。

誰にでも守れるからこそ、ルーズな人は悪い意味で目立ちます。

「面接での評価は高かったけど無断で遅刻したから不採用にした」というのは話は良くあります。

時間関連のマナーでマイナス評価を受けないよう、余裕がある時期に転職活動をし、常に10分前行動を心掛けてくださいね。

 

BraveAnswer編集部では、キャリアに関するご相談を受け付けております。

  • 今後のキャリアが不安
  • 自分を変えたいが、何から始めたらいいかわからない

といった、具体的なアクションが明確でない人でも大歓迎です。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

 

 

オススメの転職エージェント

リクルートエージェント
リクルートが運営する転職エージェント。リクルートエージェントならではのサービスが充実。転職に便利なコンテンツが無料で使い放題。非公開求人は90%。
あわせて読みたい

カテゴリー