政治・経済

栃木県の主要産業は?企業の売上高ランキングは?

この記事の結論は「栃木県は第二次産業の割合が大きく、製造業がさかん。メーカー関連の売上が大きい」です。栃木県はバランスの取れた産業を展開していますが、特に製造業がさかんです。この記事では、栃木県の主要産業や企業の売上高についてまとめました。

栃木県の主要産業は?

shutterstock_123207982

栃木県公式ホームページ「県民経済計算」によると、2013年の名目県内総生産額は約8兆2322億円で、全国第16位です。

産業 割合
第一次産業 1.8%
第二次産業 39.3%
第三次産業 58.9%

製造業が約35%で最も大きな割合です。次いでサービス業(約18.9%)不動産業(約11.6%)となっています。

栃木県は製造業が県内経済を牽引する「ものづくり県」です。製造品出荷額の比率が県内総生産の約35.0%を占めており、全国屈指の生産額となっています。様々な産業がバランスよく集積していますが、特に自動車・航空・産業用等の輸送用機械、医薬・医療関連は全国の核となる集積があります。(参考元:http://www.pref.tochigi.lg.jp/kogyo/location/industry.html

栃木県は首都圏に位置する恵まれた立地に加えて、内陸型としては国内有数の規模である清原工業団地などの高付加価値型産業の集積を生かし、地域経済への波及効果が大きい企業の県内への立地促進と本社・研究開発機能の集積・拡大に努めています。(参考元:http://www.pref.tochigi.lg.jp/c05/kensei/aramashi/sangyou/shoukougyou.html

また農業もさかんです。河川の豊かな水を利用した産業地帯では米作がさかんで、飲料工業も発達しています。那須塩原市・大田原市・宇都宮市は国内有数の米産地であり、那須塩原市の酪農は北海道に次ぐ生産量を誇ります。

そのほか、日光・鬼怒川や塩原・那須地域では観光業がさかんです。

 

栃木の企業の売上高ランキングは?

shutterstock_299381816

東京商工リサーチ宇都宮支店がまとめた2014年度の栃木県の県内企業売上高ランキングは以下の表のようになっています(2014年4月から2015年3月の売上高)。

順位 企業名 売上高
1位 東芝メディカルシステムズ 2799億円
2位 コジマ 2622億円
3位 カワチ薬品 2332億円
4位 日本産業 2037億円
5位 国分関信越 1350億円

東芝メディカルシステムズ:X線画像診断装置で国内トップシェアの企業です。国内市場は2014年4月の消費税率引き上げ以後需要が縮小していますが、東南アジアに現地法人を設立するなどグローバル化を進めています。

コジマ:宇都宮に本社を置くカメラやパソコン、AV家電、生活家電、通信機器等さまざまな商品を扱う家電量販店です。2012年5月にビックカメラの傘下企業となって店舗閉鎖を進める一方で、リフォームや太陽光、オール電化対応の部門を設置するなどの改革を行っています。

カワチ薬品:ドラッグストアを展開する企業です。北関東を中心に東日本に幅広く店舗展開しています。

 

栃木県の第二次産業は成長してる?

shutterstock_300215987

栃木県公式ホームページ「県民経済計算」によると、栃木県の2013年の名目県内総生産は8兆2322億円です。対前年比で6.5%増加しています。特に第二次産業は前年に比べて約17%増加しており、主要産業となっています。第二次産業の総生産が増加した主な要因は製造業の総生産額の増加です。

栃木県の主な生産品は自動車工業(タイヤ含む)、医療用X線装置液晶、カメラ用交換レンズ、テレビ受像機などです。宇都宮テクノポリス地域と呼ばれる工業地帯があり、多くの製品が生産されています。

また首都圏に位置する有利な立地条件を生かし、高付加価値型や情報産業・研究所を中心とした優良企業の誘致を進めています。日産自動車や本田技研、富士重工などの日本自動車メーカーが県内に工場を展開しており、パナソニックやキャノンといった電気・電子機器も県内で生産を行っています。

 

製造業の競争力維持が成長のポイント

shutterstock_288034337

栃木県は県内総生産に占める第二次産業の割合が大きい県です。特に製造業が成長を牽引しています。製造業を中心とした第二次産業の競争力を維持していくことが今後の持続的成長のポイントといえます。

一方で、産業構成比は大きくありませんが、飲料やたばこ、飼料製造業、電気機械器具製造業もさかんです。メインとなる産業は製造業ですが、バランスの取れた産業展開をしているのです。

 

栃木県に転職するなら

Uターン・Iターンを考えている人におすすめの転職エージェントを紹介します。

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、株式会社リクルートキャリアが運営する総合型転職エージェントです。地域は日本全国を対象とし、第二新卒からフリーター、ハイキャリア層まで圧倒的に幅広い求人を扱うのが特徴です。

転職支援実績は、2018年3月期現在で累計45万名以上を数え、求人数は、非公開のものだけでも20万件以上を誇ります。

リクルートキャリアが掲げる、<私たちは、ひとりでも多くの人たちに「働く機会」を企業に「無くてはならない人材との出会い」を提供し続けます>とのミッションが、求人の幅広さと数の多さを実現しているのでしょう。

(参考:リクルートキャリア公式サイト)

 

doda

「doda」は、パーソルキャリア株式会社が運営している、主に20代〜30代を対象にした総合型転職エージェントです。全国規模で求人をカバーしており、その数は非公開求人も含めて10万件以上となっています。

利用者の属性としては、第二新卒・既卒・フリーターから、ハイキャリア・管理職までが想定されています。また、女性の転職に特化したページも用意されています。定期的に転職フェアやセミナーが開催されており、転職ノウハウや、キャリアアップのヒントなどを得ることができます。

パーソルキャリアのグループビジョンとして、「人と組織の成長創造インフラへ」を掲げており、「人は仕事を通じて成長する」ものとしています。仕事を通して成長することで、会社に貢献したいと考えている人におすすめの転職エージェントです。

(参考:パーソルキャリア公式サイト)

 

パソナキャリア

主に20代〜30代を対象とした、総合型転職エージェントです。パソナグループでは、「ライフプロデュース」つまり一人ひとりの人生設計にあわせた働き方ができる社会や、各々が夢と誇りを持って活躍できる機会の創造を理念に掲げています。

ハイキャリア・管理職をメインターゲットとしているほか、女性の転職のサポートにも力を入れています。全国の求人をカバーしており、求人数の多さよりも質の高さを重視しています。

またレスポンスの早さにも定評があり、転職活動をスムーズに進めることを可能にしています。

(参考:パソナグループ公式サイト)

 

マイナビエージェント

「マイナビエージェント」は、株式会社マイナビが運営する総合型転職エージェントです。転職だけでなく、新卒や様々な業種に特化した人材事業を行うマイナビだからこその豊富なリソースが持ち味となっています。

業種はIT・通信とメーカーが半分を占め、ついでサービス業など幅広く扱われています。サイトには特集記事が充実しており、女性の転職や第二新卒に関するものなどが掲載されています。このため2〜30代からの支持は大きく、2018年の楽天リサーチにより「20代に信頼されている転職エージェント」で1位に輝いています。

(参考:マイナビ公式サイト)

 

マイナビジョブ20’s

「マイナビジョブ20’s」は、株式会社マイナビが運営する、20代の第二新卒を対象とした総合型転職エージェントです。求人数は約2000件で、基本的なビジネスマナーなどを心得つつ、柔軟性も備える即戦力としての第二新卒に特化しているという特徴があります。またセミナー案内や転職にまつわる記事・コラムなどが非常に充実しています。

(参考:マイナビ公式サイト)

 

あわせて読みたい