群馬県の主要産業は?企業の売上高ランキングは?

この記事の結論は「群馬県の名目県内総生産は7兆8250億円で主要産業は製造業。名目県内総生産の約33%を占めている」です。群馬県には富士重工業やヤマダ電機、ミツバなど、製造業に関係する企業が多くあります。この記事では、群馬県の主要産業や企業の売上高ランキングについてまとめました。

群馬県の主要産業は?

shutterstock_288501362

群馬県公式ホームページ「県民経済計算」によると、2013年の名目県内総生産は約7兆8250億円です。対前年比で約4.0%増加しました。4年連続の増加です。産業構造の割合は以下の表のとおりです。

産業構造 割合
第一次産業 1.4%
第二次産業 39.5%
第三次産業 59.1%

全国の産業構成比と比較して、第二次産業の構成比が大きいのが特徴です。

特に製造業は産業全体の約33.4%を占めており、生産額では最も多くなっています。輸送機械製造業を中心に生産活動を活発化させ、群馬県の経済を牽引しています。

産業大分類別の従業者数では製造業が22万5,065人(全産業の約25.1%)と最も多くなっています。次いで卸売業・小売業が17万377人(約19.0%)、医療・福祉が10万8,286人(約12.1%)となっています。

 

群馬県の企業の売上高ランキングは?

shutterstock_282394124

群馬県専門転職サイト「STARCAREER」によると、2016年3月期の売上高ランキングは以下の表のようになっています(ヤマダ電機のみ2015年3月期)。

順位 企業名 売上高
1位 富士重工業 3兆2325億円
2位 ヤマダ電機 1兆6643億円
3位 ミツバ 3332億円
4位 サンデンホールディングス 2942億円
5位 太陽誘電 2403億円

富士重工業:重工業メーカーで、同社が手掛ける自動車ブランドである「SUBARU」が有名です。1950年代後半から1960年代前半にかけて発売された軽商用車「スバル・360」「スバル・サンバー」がヒットし、以降スバルブランドの自動車メーカーとして地位を確立しました。

ヤマダ電機:家電量販店チェーンです。テックランド やLABI、ヤマダモバイルといった業態の店舗を展開しています。

ミツバ:大手自動車部品メーカーです。モーターやランプ、ミラー、ホーンなどの製造・販売を手がけています。

 

群馬県の製造業は成長してる?

shutterstock_422796997

群馬県はものづくり県であり、製造業がさかんです。

近年の群馬県経済は、2008年のリーマン・ショックや2011年の東日本大震災に見舞われながらも製造業が牽引するかたちで成長しています。

また飲料・たばこ・飼料製造業も地域を代表する産業になっています。古くから養蚕・製糸・織物業がバランスよく発達し、全国一の繭と生糸生産となっています。群馬の絹産業の代名詞にもなっている富岡製糸場は2014年に世界遺産に登録されました。

農業もさかんで、多様な農畜産物が生産されており、首都圏を中心に出荷されています。

ただ、企業の海外進出や原材料費の高騰などの不安材料もあります。そのため群馬県は、いままで地域経済を支えててきた自動車産業とは別に新たな次世代の産業として「ロボット産業」「医療産業」「食品産業」の振興に力をいれています。

 

製造業が経済を牽引

shutterstock_423745306

群馬県は自動車や電子電機の製造業が地域経済を牽引しており、全国でも安定した経済基盤と成長を実現しています。県内総生産の約33%は製造業です。ただ不安材料もあり、製造業以外の産業にも力を入れています。

今後、ロボットや航空機宇宙関連の産業など新しい分野を県の基幹産業に育てる取り組みに注目が集まっているのです。

 

不用品片付けや引っ越しのおすすめサイト

1.ietty

ietty(イエッティ)はオンラインの不動産サイトです。

物件選びから内見の予約までチャットでやりとりできるので、何回も不動産行く必要がなく、効率的に部屋選びができます。

利用料は基本無料ですので、もし部屋を探してる方はまずは登録してみることをオススメします。

ietty公式サイト

2.エコノバ

エコノバは不用品の片付けをする業者を比較するサイトです。

会員登録不要で査定も無料で行うことができます。

エコノバの無料査定はこちら

 

あわせて読みたい

カテゴリー