読書

社会人の勉強法、ブックオフを活用した学び方5つのポイント

この記事の結論は「休日の午前中に家事を終えてから勉強をしよう。勉強法はブックオフで新書を5冊買って1冊20分で読むのがオススメ。休日の午前中を充実させるとその後の時間を気持ちよく過ごすことができる」です。社会人になると学生時代ほど勉強時間をとれず「仕事はしているけど成長感を感じない」という人もいるのではないでしょうか。この記事では、社会人の勉強法の一つとして、ブックオフを活用した学び方を5つのポイントにまとめてご紹介します。

 

社会人の勉強法は時間の価値から考える

shutterstock_212320537
学生時代は「1日12時間勉強する」など、勉強時間を長時間確保できた人も、社会人になると難しくなります。平日は朝から夜まで仕事で、休日も家事や人間関係、心身のケアに時間を割く人も多いのではないでしょうか。

学生と社会人の勉強の決定的な違いは「時間の価値」です。社会人は、勉強だけしていれば良かった学生時代に比べて、圧倒的に時間が少ないのです。社会人の勉強法は、時間あたりの価値を高める工夫をしながら勉強することが大前提なのです。以下に、忙しい社会人にオススメな「ブックオフ勉強法」を5つのステップにわけてご紹介します。

社会人のブックオフ勉強法

  • 休日に早起きする
  • 新書を5冊選ぶ
  • 1冊20分で読む
  • ポイントをメモする
  • 読んだら処分する

 

社会人のブックオフ勉強法1「休日に早起きする」

ブックオフ勉強法は、休日の朝に早起きすることからはじめます。早起きといっても、平日と同じ時間に起きれば問題ありません。6:30から7:00の間には起きて、家事をはじめてください。洗濯や掃除など、休日にしなければならない家事をすべて終えることがポイントです。

すべて終わらないのであれば、平日にもコツコツと家事をしておくことをオススメします。効率よく学ぶためには、「やらなければならないことをすべて終えた」という状態を、勉強する前に準備するのがポイントです。

社会人のブックオフ勉強法2「新書を5冊選ぶ」

家事を終えて朝ごはんを食べたら、最寄りのブックオフに足を運びましょう。たいていのブックオフは朝の10時が開店時間なので、10時にブックオフに到着できるスケジュールで家事を終えてください。ブックオフに入ったら新書コーナーに行き、気になる本を5冊選びましょう。本は吟味して欲しいですが、選ぶ時間をかけすぎるのはもったいないので、15分を目安に選んでください。

新書を選ぶメリットは3つあります。

  • 「あらゆるジャンルの本が数多く存在」
  • 「短時間で読みきれるほどの長さ」
  • 「ほとんどが100円(税込み108円)とリーズナブル」

の3つです。興味の赴くままに選びましょう。5冊すべて108円の本を選べば5冊の本をたった540円で買えることになります。他の投資よりも圧倒的にROIが高い投資といえます。

 

社会人のブックオフ勉強法3「1冊20分で読む」

shutterstock_246286351
5冊の本を手に入れたら、集中して本が読める環境に身を置きます。自宅でもカフェでも図書館でも、どこでも構いません。自分がもっとも集中できるスペースを確保することが重要です。環境が整ったら「1冊20分」と決めて、本を読み進めてください。20分で新書を1冊すべて読み切ることはできないので、以下の手順で進めるのがオススメです。

  1. 目次をみて読みたいタイトルを10個選ぶ
  2. 10タイトルだけを読む
  3. 1ページ1〜2秒で全体に目を通し、太字やポイントを見る
  4. 1〜3までのプロセスを経て、気になるフレーズや考え方、文章にはマーカーで線をひく

この方法であれば、20分で書かれている内容の70〜80%の情報は得られます。拾えなかった20〜30%は自分には縁がなかった情報とみなして、次の本へ進むのがポイントです。社会人の勉強法は、効率を重視します。1時間かけて1冊を100%理解するよりも、20分で70〜80%の情報を得る読書を3冊やったほうが、「投じた時間に対して得られる知識は圧倒的に高まります。

社会人のブックオフ勉強法4「ポイントをメモする」

20分で1冊目安にマーカーをひきながら読んだ後は、ラインをひいた箇所をメモします。やり方は自由ですが、Evernoteに写真として保存しておくのが一番速いです。5で紹介しますが、この勉強法で使う本は原則すぐに処分するので、ラインをひいたページをすべて切り抜いてそのまま保存してしまうのもオススメです。

社会人のブックオフ勉強法5「読んだら処分する」

この勉強法の重要なポイントが、読んだら処分することです。この本からは、二度と情報は取れないという締切を決めて情報収集することで、時間あたりのインプット効率の質を高めることがその理由です。このルールは、20分で1冊の生産性を劇的に高めてくれます。

読んだ本は捨てるか、図書館に寄付するか、またブックオフに持って行きましょう。もちろん、感銘を受けた本は捨てずに繰り返し読むのは問題ありません。

休日の午前中を充実させる

shutterstock_150587615
社会人の勉強法の1つとして、ブックオフを活用した勉強法をご紹介しました。

5つのポイントを実践し、20分で5冊読み、ポイントのメモの整理を20分で終えれば、2時間で5冊を読み、学んだポイントを整理したことになるのです。

この記事でご紹介したとおりに休日の午前中を過ごすと「12時30分までにやるべき家事が終わり、5冊の本を読み、学んだポイントを整理できている」ことになります。

土日休みの人は、土曜日の午前中を充実させることで、その後の休日を気持ちよく過ごすことにも繋がるのでオススメです。

あわせて読みたい

カテゴリー