青森県の人口は減少傾向|推移、人口ランキング、未来予測、人口問題の先駆け

青森県は、急速に人口減少と高齢化が進んでいます。高齢者にやさしい社会づくりを目指して、移住者の受け入れも積極的におこなっています。青森県の人口は約137万人(2010年)で、全国第31位です。この記事では、青森県の人口構造とその特徴、そして自治体の取り組みなどを紹介します。

青森県の人口は?

shutterstock_264318482 (1)

2010年10月1日時点での青森県の人口は

  • 137万3339人

です。

(総務省統計局「国勢調査」による)

 

同調査の全国の人口が 1億2805万7352人 なので、青森県の人口は

  • 全国の1.07%

になります。

 

青森県の世帯数

青森県の世帯数は

  • 51万3385世帯
  • 1世帯あたり人員は 2.6人

です。

 

女性が多い

特徴的なのは男性と女性の割合を比べると、女性のほうが多いことです。

女性100人あたりの男性の人数は88.9人しかいません。

全国でみると、94.8人いるので、青森県にいる男性の比率がどれだけ少ないかがわかりますね。

 

青森県の市町村人口ランキング

  1. 青森市:約32万人
  2. 八戸市:約25万人
  3. 弘前市:約19万人

青森県の市町村人口ランキング上位3位は以上のようになっています。

 

青森県の外国人居住者

外国人居住者は

  • 3688人

で、2005年の前回調査からは6%ほど減少しています。

 

国籍別では、

  1. 中国:1391人(外国人人口の37.7%)
  2. 韓国・朝鮮:846人(同22.9%)
  3. フィリピン:437人(同11.8%)

の順となっています。

 

青森県の人口は減少傾向|過去推移

国勢調査の過去推移によると、青森県の人口は

  • 1970年:142万7520人

でした。

都道府県別にみると27番目に多い人口でした。

 

  • 1990年:148万2873人
  • 2010年:137万3339人

となっています。

 

2015年の国勢調査の数値はまだ速報値段階ですが、

  • 130万8649人

全国で31番目にランクダウンしています。

 

青森県の人口は、1985年をピークに減少傾向にあるのです。

 

青森県の年齢区分による人口比は?

2015年国勢調査の速報値によると、青森県の年齢区分による人口比は以下の通りです。

人口区分 人口 県内人口比率
生産年齢人口(15歳以上65歳未満) 76万1293人 58.5%
労働力人口(生産年齢人口のうち労働可能とされる人口) 67万3000人 51.7%
老年(65歳以上)人口 39万102人 30.0%
年少(15歳未満)人口 15万493人 11.6%

 

少子高齢化が進む

年少人口(15歳未満)は減少傾向にあり、人口比では前年に比べ0.2ポイント低下しています。

公表が開始された1997年以降で過去最低の数値です。

 

生産年齢人口(15歳から64歳)は、前年に比べて減少、人口比では前年に比べて0.8 ポイント低下して、

  • 58.5%

となっています。

こちらも人口比は1997年以降過去最低です。

 

老年人口(65歳以上)は増えていて、人口比は前年に比べて1.1ポイント上昇し、

  • 30.0%

となっています。

1997年以降、過去最高の数値です。

 

青森県では、20歳から39歳の出産適齢年齢の女性人口も減少しています。

今後は団塊世代を含めた老年人口が増加するため、少子高齢化がさらに進行することが見込まれます。

 

青森県の未来予測は?

shutterstock_259988072

1985年をピークに約30年間、青森の人口は減少しています

特に出産適齢年齢の女性人口の減少による少子化の加速と若年層の増加率の減少には歯止めがかかっていません。

高齢化も急速に進んでおり、生産年齢人口も減少しています。

減少スピードは日本全体の約2倍で進行していて、2040年には県全体で100万人を割り込むと予測されています。

 

青森県の人口減少社会への対策

青森県では、全国に先駆けて急速に人口減少や少子高齢化が進んでいる状況を踏まえ、人口減少社会への対策に取り組んでいます

 

青森県は産業における第一次産業の割合が全国平均と比べて高いため、農山漁村の集落群を守り育てる目的で、

  • 「農山漁村の地域経営」

という仕組みを創り出し、改善の取り組みを進める試みをしています。

 

  • 「保健・医療・福祉包括ケアシステム」

など、県民の健康な暮らしを守る仕組みづくりと、人口減少社会を支える人財の育成など、青森県が今後の人口減少社会をしっかりと歩んでいくための仕組みづくりも進めています。

 

若年層の県内定着を促進するために、雇用の創出や拡大、移住者の受け入れも行政主導で積極的におこなっています。

 

未来の日本に先駆けて人口問題に直面している

青森県は、全国の中でも急速に人口減少と高齢化が進んでいる地域です。

 

地域の経済や産業も衰退する予測で、厳しい雇用状況が続いています。

青森県のブランドの確立と移住者の受入れに積極的に取り組んでいますが、成果に結びついているとはいえない状況です。

 

近い将来、日本全体で抱えることになる人口問題にすでに直面している青森県は、未来に先駆けて日本の課題解決に取り組んでいる先進的な地域ともいえるのです。

 

不用品片付けや引っ越しのおすすめサイト

1.ietty

ietty(イエッティ)はオンラインの不動産サイトです。

物件選びから内見の予約までチャットでやりとりできるので、何回も不動産行く必要がなく、効率的に部屋選びができます。

利用料は基本無料ですので、もし部屋を探してる方はまずは登録してみることをオススメします。

ietty公式サイト

2.エコノバ

エコノバは不用品の片付けをする業者を比較するサイトです。

会員登録不要で査定も無料で行うことができます。

エコノバの無料査定はこちら


カテゴリー