政治・経済

岡山県の歴史、都市、経済規模、労働人口、平均年収や共働き率は?

この記事の結論は「岡山は小高い丘が地名の由来。岡山市は政令指定都市で、岡山市と倉敷市で岡山県の人口の30%を占める。平均年収と共働き率は平均程度」です。岡山県は倉敷と桃太郎で有名です。この記事では、岡山県の歴史や都市、経済規模、労働人口、平均年収や共働き率についてまとめました。

岡山県の歴史は?

shutterstock_341561408

「岡山」とは、以前は今の岡山城がある場所にあった小高い丘のことを呼んでいました。戦国時代に宇喜多秀家が岡山城を築くと、城下町も含めてその地域一帯を岡山と呼ぶようになります。

岡山は古代には吉備国と呼ばれ、畿内地域や北九州地域、出雲地域等とともに日本列島の中心地のひとつとして栄えていました。6世紀前半に大和朝廷への臣従すると、吉備国は勢力抑圧のために備前国、備中国、備後国の3国に分割され、備前国からは美作国が分国されました。

近世に入ると、宇喜多秀家は備前・備中・美作の3国の守護の座に就き、秀吉の許しを得て「岡山」に築城しました。商人を備前福岡から呼び寄せるなど、城下町を形成しています。1600年の関ヶ原の戦いで西軍が敗れると、豊臣家五大老のひとつの地位を占めていた宇喜多氏は所領没収のうえに八丈島に流されました。

明治維新後の廃藩置県では、岡山藩を受け継いで岡山県が備前国を範囲として設けられました。当初、現在の岡山県域には14県が設置されましたが、統廃合を繰り返し、1963年の編入を最後に現在まで変更はありません。

 

岡山県の都市は?

shutterstock_357426578

岡山県の県庁所在地は岡山市で、政令指定都市です。

岡山県公式ホームページ「岡山県毎月流動人口調査」によると、2016年5月現在の岡山県の人口は191万7000人です。最も人口が多いのは岡山市で、約34万6000人となっています。2番目に多いのが倉敷市の約23万人、3番目に多いのが津山市の約4万9000人です。

人口が10万人を超える都市は岡山市、倉敷市の上位2市だけです。岡山市と倉敷市で岡山県の人口の約30%を占めています。

 

岡山県の経済規模は?

shutterstock_419094394

岡山県公式ホームページ「平成25年度岡山県県民経済計算」によると、岡山県の名目県内総生産は約7兆2734億円です。対前年比で約3.2%増加しています。

第一次産業は農業・水産業が減少した影響で対前年比で約12.1%減少しています。第二次産業は石油・石炭製品や輸送用機械の輸出が大幅に増加したため対前年比で約11%増加しました。第三次産業は情報通信業等が増加したものの、金融・保険業や運輸業等が減少したため0.1%減少しています。

 

岡山県の労働人口は?

shutterstock_411046378

岡山県公式ホームページ「岡山県毎月流動人口調査」によると、2016年5月現在の岡山県の人口は約191万7000人です。

国立社会保障・人口問題研究所の「日本の地域別将来推計人口(平成25年3月推計)」をもとにすると、2015年の岡山県の生産年齢人口は約111万4000人です。また総務省統計局「労働力調査(基本集計)都道府県別結果」によると、2016年1月〜3月期の平均値での岡山県の労働力人口は約93万3000人となっています。

 

岡山県の平均年収は?

shutterstock_133129220

年収情報サイト「年収ガイド」によると、2015年の岡山県の平均年収は約453万円で全国17位となっています。

総務省統計局「平成25年平均消費者物価地域差指数」によると、岡山県の物価指数は全国平均を100としたとき100.3となっています。全国で16番目に高い数値です。

岡山県公式ホームページ「平成25年度岡山県県民経済計算」によると、2013年の岡山県の1人あたり県民所得は約280万円です。対前年度比で3.9%増加しました。県民雇用者報酬や財産所得、企業所得が増加したことが要因とされています。

都道府県別で、1人あたり所得が最も高いのは東京都で約430万6000円です。全国平均は約287万7000円となっています。岡山県の1人あたり県民所得は全国平均より低い数値となっています。

 

岡山県の共働き率は?

shutterstock_257010763

情報サイト「けんみん」によると、2010年の岡山県の共働き率は57.61%で、全国第28位となっています。全国平均は57.79%です。

主要都市である神奈川県の約46%、大阪府の約46%、東京都の約48%と比べると高い数値ですが、全国平均とほぼ同等です。

 

中国・四国地方の主要都市

shutterstock_176015813

岡山県は、人口約190万人、労働力人口約93万人、平均年収約453万円、県内総生産7兆円以上と、大きな経済力を持っています。様々な観光地もあるため、毎年多くの環境客が訪れるのも経済的にプラスに働きます。

中国・四国地方の主要地域ですので、岡山県の成長や経済動向などが中国・四国地方に大きな影響を与えます。

 

不用品片付けや引っ越しのおすすめサイト

1.ietty

ietty(イエッティ)はオンラインの不動産サイトです。

物件選びから内見の予約までチャットでやりとりできるので、何回も不動産行く必要がなく、効率的に部屋選びができます。

利用料は基本無料ですので、もし部屋を探してる方はまずは登録してみることをオススメします。

ietty公式サイト

2.エコノバ

エコノバは不用品の片付けをする業者を比較するサイトです。

会員登録不要で査定も無料で行うことができます。

エコノバの無料査定はこちら

 

あわせて読みたい