転職の面接で失敗しないための5つのポイント

転職の面接で失敗しないためには、5つのポイントに絞った事前準備をしましょう。転職活動経験者から良く聞く話の1つに「面接で失敗をした」「面接で納得のいくパフォーマンスができなかった」という失敗談があります。自分のコミュニケーションに自信がある人であっても事前準備を怠れば、うまくいかないのが面接です。一度うまくいかなければ、挽回のチャンスがないのが面接の怖さです。この記事では、転職の面接で失敗しないための5つのポイントについてまとめました。(監修: 株式会社キープレイヤーズ代表取締役 高野秀敏氏)

転職の面接で失敗しないためのポイント

  • 1「情報収集をする」
  • 2「想定質問と回答を準備する」
  • 3「求められていることを答える」
  • 4「服装と見た目を整える」
  • 5「練習をする」

転職の面接のポイント1「情報収集をする」

shutterstock_153665957

面接に臨む前に集められる情報は多ければ多いほど良いです。

面接で伝える内容の精度が高まり、熱意を伝えやすいからです

 

  • 企業のIRの情報
  • ホームページの更新情報

は、面接前に必ず確認してください。

  • 最新の有価証券報告書
  • 組織改編のニュース
  • 新しい企業CMへの感想

などをスマートに話題に組み込めれば、良い印象を与えることができますよ。

 

熱意を伝える情報収集

「働いている人の話を聞く」ことや「その企業のサービスを体験する」のも、熱意を伝える情報収集として効果的です。

 

「御社で働く●●さんの話で御社への志望度が高まりました」

と伝えれば

「どんな話を聞いたのですか?」

と話が盛り上がりますよね。

 

「御社が運営している店舗を10店舗回ってきました。3つ課題が見つかりました」

と切り出せば、面接官はあなたの話を興味深く聞いてくれます。

 

足で集めた情報は、その姿勢も含めて評価をしてくれる企業が多いのです。

 

人材要件の情報も見落とさない

意外と見落とす人が多いのが募集ポジションの人材要件の情報です。

就職サイト経由での応募であれば、サイトに書かれている求める人材の要件を読み込み、どんな人が求められているのかを理解し、それに沿って自分をアピールしてください

 

転職エージェント経由での応募であれば、このポジションにおいてどんな人が求められているのかを納得がいくまで質問してみてくださいね。

 

転職の面接のポイント2「想定質問と回答を準備する」

shutterstock_251581639

面接に苦手意識がある人に特にオススメなのが、想定される質問すべてに回答を用意し、丸暗記をして面接に臨むことです。

 

当然のことながら10問への回答より、100問への回答を準備する方が精度が高い準備といえます。

コミュニケーション能力が高い人ほどここまでの準備はしないので、差を付けられるポイントです。

 

1分間で話せる文章量は300文字といわれています。

伝えたいことをシャープに整理して、どんな質問をされても答えられるようにしておくと、安心感を持って面接に臨むことができますよ。

 

関連記事に面接で良く聞かれる5つの質問をまとめています。

併せて参考にしてみてください。

 

転職の面接のポイント3「求められていることを答える」

面接でうまくいかない人は

「求められていることを答えていない」

ことがあります。

 

例えば、営業のポジションの面接で「成果」を問われているのに、商品企画側に顧客の声をフィードバックした経験や後輩への指導力についてアピールされる人がいます。

 

2つとも仕事の成果として素晴らしいものであっても、営業のポジションで成果を問われているのであれば、売上の実績や表彰歴についてアピールするのが「求められていること」です。

 

成果がなくても「求められていること」を答える

大きな成果をあげられていない場合であっても「求められていること」を答えるのがポイントです

表彰歴などなくても、自分がこれまで取り組んだ仕事で成果だと言えることを堂々とアピールしましょう。

 

成果だと言えることが1つも見つからない場合は、今の環境で1つでも成果を出してから転職活動をすることをオススメします。

転職活動と平行して、今の仕事に真剣に取り組むのも大切な姿勢です。

 

転職の面接のポイント4「服装と見た目を整える」

shutterstock_74745487

転職の面接には、「リクルートスーツ」のように決まった服装がありません。

相手の企業に合った服装と見た目を整えて面接に臨んでください。

明確な規則があるわけではありませんが、男性も女性もスーツかジャケットスタイルが基本となります。

 

ポイントは「面接の時間が遅い場合は着替える」ことです。

 

午後7時からはじまる面接には、一日働いたシャツでいくよりもプレスの利いた新しいシャツでいく方が、フレッシュな印象が伝わりやすいです。

 

男性であればヒゲを剃ったり、シャワーを浴びたりするのもオススメです。

女性であればメイクを直してから臨んでくださいね。

 

「人は見た目が9割」で有名なメラビアンの法則は関連記事にまとめています。

 

転職の面接のポイント5「練習をする」

転職の面接のパフォーマンスは、

  • 「練習をするかしないか」

が最も差が付くポイントです。

 

誰かに面接官役をやってもらい

  • 「動作にキレがあるか」
  • 「求められていることをシャープに答えているか」

を確認してもらってください。

 

当日と同じ服装で、部屋に入るところから練習するのをオススメします。

録画や録音をして、自分でもチェックすれば更に質が高い準備といえます。

 

スポーツ選手は試合に臨む前に何回も同じプレーを練習しますし、役者は舞台にあがる前に必ずリハーサルをします。

面接はビジネスマンにとっての真剣勝負なので、練習をしてから臨むのが当然といえば当然ですね。

 

ただ、ここまでやる人はほとんどいないのです。

 

パートナーとなるキャリアコンサルタントをみつける

shutterstock_161734850

この記事を読んで、失敗しない5つのポイントを準備したい人のアクションアイテムは

「転職の面接に共に臨むパートナーを見つけること」

です。

 

本業と平行して進める転職の面接は、1人では準備しきれない人がほとんどです。

なので、準備を手伝ってくれるコーチのようなパートナーの存在が重要になります。

 

自分と相性の良い転職エージェントを見つけることは、面接の準備を有効にするためにも重要なことなのです。

サポートをコミットしてくれる友人やメンターがいれば、パートナーは転職エージェントでなくてもかまいません。

その人たちに協力を仰いでくださいね。

 

転職の面接は、職業人生を左右する重要なイベントです。

良いパートナーを見つけて、良い準備をして、納得のいく面接ができるように準備してくださいね。

 

BraveAnswer編集部では、キャリアに関するご相談を受け付けております。

  • 今後のキャリアが不安
  • 自分を変えたいが、何から始めたらいいかわからない

といった、具体的なアクションが明確でない人でも大歓迎です。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

 

 

オススメの転職エージェント

リクルートエージェント
リクルートが運営する転職エージェント。リクルートエージェントならではのサービスが充実。転職に便利なコンテンツが無料で使い放題。非公開求人は90%。
あわせて読みたい

カテゴリー