政治・経済

イギリスの歴史、人口、宗教、GDP、平均年収は?

イギリスはアイルランドを併合して今の国家が形成されました。人口は今後も増加が続き、GDPも経済成長していくと予想されます。平均年収は日本と同程度です。イギリスは長い歴史の中で併合を繰り返してできた国です。この記事では、イギリスの歴史や人口、宗教、GDP、平均年収についてまとめました。

イギリスの歴史は?

shutterstock_388299391

ケルト人の時代

紀元前2200年前頃から紀元前1300年前の時期にストーンヘンジという巨石文化を残したのはビーカ人と呼ばれる人々で、青銅器と農耕文明をもっていたとされています。

 

紀元前7世紀頃、大陸から鉄器文明をもたらしたのがケルト人です。

彼らのもたらした鉄器文明で生産力が上がり、人口が増加しました。

同時に部族間の争いが激化し、奴隷制が広がります。

 

ローマの侵攻|ロンドン建設

1世紀頃にローマ軍の侵攻を受けて属州となると、122年にローマ五賢帝の1人ハドリアヌス帝が長城を築いて北方のケルト人に備えました。

 

ロンドン(ローマ名はロンディニウム)はローマが建設した都市です。

 

イングランド統一〜フランスとのつながり

イングランドには8世紀から9世紀にかけて7つの王国が成立しましたが、829年にその1つのウェセックス王エグバートによって統一されます。

 

1066年イングランド王国のノルマン朝ウィリアム1世によってイングランドが征服されると、イギリスにフランス風(ラテン風)の国家統治と宮廷文化がもたらされます。

 

イギリスとフランスの密接な関係が始まりました。

 

マグナ=カルタ〜百年戦争

12世紀後半から16世紀まで、イギリスは封建社会となります。

 

1215年に貴族が王権を制限する大憲章マグナ=カルタが成立しました。

これによりイギリス国家の骨格が出来上がります。

 

14世紀から15世紀にかけてフランスのヴァロワ朝と王位継承争いになり、百年戦争が勃発します。

その後もイギリス王位継承をめぐってバラ戦争が起き、イギリスの封建諸侯は没落していきました。

 

絶対王政

16世紀には絶対王政を確立し、エリザベス1世の時代に全盛期をむかえます。

1603年にエリザベス1世が死去すると、スコットランドからステュアート家のジェームズ1世を迎えステュアート朝となりました。

 

イギリスはスコットランド王国とイングランド王国に二分されていましたが、1707年にアン女王のもとで両王国は一体化し、現在のイギリスの前身ともいえるグレートブリテン王国が成立します。

グレートブリテン王国が成立した1707年5月1日がイギリスの建国記念日と言われることが多いですが、国民の祝日にはなっていません。

 

アイルランド併合

当時、イングランド王国はアイルランドを征服していましたが、18世紀半ばにアメリカ独立戦争が起こると北米対策に翻弄されてアイルランドの植民に隙ができます。

アイルランド議会の地位が上がりました。

これを危惧したグレートブリテン王国はアイルランドを併合し、グレートブリテン及びアイルランド連合王国を成立させたのです。

 

アイルランド南部の離脱

その後1922年にアイルランド南部の自治が認められ、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国となりました。

第二次世界大戦を経て様々な犠牲を負ったイギリスは、選挙によって労働党が与党となり社会保障が充実した社会を目指すよう方向を転換していったのです。

 

イギリスの人口は何人?

shutterstock_301223957

イギリスの人口は

  • 約6510万人

です。

(2015年:IMF「World Economic Outlook Databases」より)

 

イギリスの人口推移

独立行政法人 労働政策研究・研修機構の「国別基礎情報」によれば、2005年のイギリスの人口は約6021万人でした。

2015年までの10年間で約500万人増加したことになります。

 

2021年のイギリスの人口は約6778万人と予想されているので、今後も増加傾向が続くといえます。

出典:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「国別基礎情報  イギリス」

 

イギリスの出生率

2015年のイギリスの

  • 出生率は1.9

です。

(WORLD BANK DATAより)

 

同資料によれば、2005年のイギリスの出生率は1.8でした。

イギリスの出生率は微増傾向です。

 

イギリスは移民の受け入れに対して積極的で、これが人口増加の要因といえます。

 

国連の試算によるとイギリスの人口は

  • 2050年:約7313万人
  • 2100年:約7717万人

になると予想されています。

出典:World Bank Data「Fertility rate, total (births per woman)」

 

イギリスの宗教は?

shutterstock_387452803

イギリスで最も信仰されているのは

  • キリスト教

で、約75%の国民が信仰しているといわれています。

 

少数ではありますが、

  • イスラム教
  • ヒンドゥー教

を信仰している人もいます。

 

キリスト教が国教

キリスト教でも

  • 英国国教会系のメンバー:170万人
  • ローマ・カトリック教会のメンバー:170万人以上

と推定されています。

(ロンドン観光スポットガイド「Fun!LONDON.net」より)

 

英国国教会は、16世紀国王ヘンリー8世がスペイン王家出身のキャサリン・アラゴンとの結婚の無効をローマ教皇に申し立て却下されたために、ローマ・カトリック教会から分離して国教となったものです。

 

現在も国教として国の法律で認められています。

 

イギリスのGDPは?

shutterstock_328883171

2015年のイギリスの名目GDPは

  • 約2兆8493億ドル

で、世界第5位です。

(IMF「World Economic Outlook Databases」より)

 

ヨーロッパではドイツに次ぐ第2位となっています。

 

世界とヨーロッパのGDPトップ5は以下の表の通りです(データはすべて2015年時点)。

【世界トップ5】

順位 国名 名目GDP
1位 アメリカ 17兆9470億ドル
2位 中国 10兆9828億ドル
3位 日本 4兆1232億ドル
4位 ドイツ 3兆3576億ドル
5位 イギリス 2兆8493億ドル

【ヨーロッパトップ5】

順位 国名 名目GDP
1位 ドイツ 3兆3576億ドル
2位 イギリス 2兆8493億ドル
3位 フランス 2兆4215億ドル
4位 イタリア 1兆8157億ドル
5位 ロシア 1兆3247億ドル

 

イギリスの1人あたりGDPは?

shutterstock_313786001

2015年のイギリスの1人あたり

  • GDPは4万3771ドル

で、世界第14位で、ヨーロッパでは第9位となっています。

(IMF「World Economic Outlook Databases」より)

 

1人あたりGDPの世界ランキング上位には北欧諸国を中心とするヨーロッパの国が多くランクインしています。

  1. ルクセンブルク(10万1994ドル)
  2. スイス(8万675ドル)
  3. カタール(7万6576ドル)
  4. ノルウェー(7万4822ドル)

です。

 

世界のGDPでイギリスより上位にいた日本の1人あたりGDPは

  • 3万2485ドル

で世界26位です。

 

イギリスは人口が日本の半分程度ですが、1人あたりGDPが高いために世界のGDPで上位にランクインしているのです。

 

イギリスの平均年収は?

shutterstock_363900668

2013年のイギリスの平均月給は

  • 2182ポンド

です。

(国際労働機関(ILO)より)

 

平均年収は

  • 2万6184ポンド

と算出できます。

 

イギリスの平均年収をドル/円に換算すると

2013年の平均レートは「1ポンド=約1.6ドル」ですので、イギリスの平均年収は

  • 4万1894ドル

です。

 

2013年の平均値である「1ドル=約97円」で日本円換算すると

  • 約406万4000円

となります。

 

2014年の日本の平均年収は

  • 415万円

です。

(国税庁「平成26年民間給与実態統計調査結果」より)

 

イギリスの平均年収は日本と同程度の水準にあります。

 

今後も人口増加・経済成長が続く

shutterstock_344995070

イギリスは先進国としては高い出生率と移民の受け入れを進めていることから、今後も人口が増え続けると予測されています。

 

GDPも徐々に伸びているため、人口増加にともなってイギリス経済は今後も発展していくといえます。