広告

インタースペースの売上や利益、年収や株価は?

この記事の結論は「インタースペースの売上は過去5年間で2倍に成長しているが経常利益は横ばい。過去5年間の経常利益率は1〜4%で同業他社に比べて低い数値で推移している」です。インタースペースはアフィリエイトサービスプロバイダのアクセストレードを運営している企業です。この記事ではインタースペースの売上や利益、年収や株価について、過去5年間の指標を比較する形式でご紹介します。

 

インタースペースの売上や利益は?

shutterstock_102143884
インタースペースの有価証券報告書(2015年9月末時点)によると、2015年9月期の売上高は200億6577万円で、経常利益は3億4658万円でした。

売上高経常利益率は1.7%です。5年前の2011年9月期決算時には、売上高は94億6239万円、経常利益は3億7260万円でした。この頃の売上高経常利益率3.9%でした。インタースペースは、過去5年間で売上高を約2倍に成長しているものの、経常利益率を1〜4%台を前後と低調な数値で推移しています。

 

インタースペースの平均年収、勤続年数は?

shutterstock_209894488
有価証券報告書(2015年9月末時点)によると、インタースペースの平均年収は約501万円です。5年前の2010年9月期決算時の有価証券報告書では、平均年収は約488万円と報告されています。インタースペースの平均年収は過去5年間で約3%増加していることがわかります。

2015年9月末現在、インタースペースの従業員数は連結で359人、単体で325人です。単体の平均年齢は約31.2歳で平均勤続年数は3.3年です。2010年9月期には単体での従業員数が175人、平均年齢は約29.5歳、平均勤続年数は2.7年でした。他の上場企業と比べると平均年齢は若く、平均勤続年数は短いものの、過去5年で着実に数字が伸びているといえます。

 

インタースペースの株価は?

shutterstock_226508302
2016年6月15日現在、インタースペースの株価は1040円で、時価総額は約72億円です。1株あたりの価値を揃えた数値で2011年6月末時点の株価を算出すると、株価は500円となります。

過去5年でインタースペースの企業価値は約2倍に増えているといえます。

過去5年で株価の最高値をつけたのは2013年12月末の約1400円です。2016年現在よりも約1.4倍株価が高いときがありました。
現在の売上、経常利益、純利益はその頃よりも良いのですが、株価は低く評価されています。

 

同業他社と比べて経常利益率が低い

shutterstock_216365722
これまで過去5年間で、インタースペースの売上高は2倍、平均年収も3%増加し、株価も約2倍に成長しています。平均年齢や平均勤続年数も増加し、数値の変化だけをみれば着実に「大人の集団」に成長しているといえます。

一方で、経常利益額は横ばいで過去5年の経常利益率は1〜4%となっています。

この数値は、インターネット関連企業の平均値からすると低いです。同業界のファンコミュニケーションズの直近の経常利益率は17%です。

今後、株主や従業員に継続して報いていくためには、低調な経常利益率の改善がテーマの一つといえます。


カテゴリー