政治・経済

アイルランドの経済や産業、企業は?大統領は?

アイルランドの名目GDPは世界第44位で、2010年に債務危機を乗り越えた国です。2016年4月現在のアイルランドの大統領はマイケル・D・ヒギンズ氏で、日本との関係は良好です。アイルランドはイギリスの一部である北アイルランドと接している国家です。この記事では、アイルランドの経済や産業、企業、大統領、首相、日本との関係についてまとめました。

アイルランドの経済、産業は?

shutterstock_315361661

IMF「World Economic Outlook Databases」によると、2015年のアイルランドの名目GDPは約2380億ドルです。世界第44位となっています。

同資料によると、2005年のアイルランドの名目GDPは約2114億ドルでした。10年間で約270億ドル増加したことになります。

 

債務危機〜財政再建

アイルランドは2010年9月頃、不動産バブルの崩壊で不良債権を抱えた銀行の救済などを行った結果、債務危機に陥りました。

これは2009年のギリシャ危機が飛び火したものです。

2010年にIMFに金融支援を要請し、融資と引き換えに経済調整計画の実行を了承しました。

様々な機関から多額の支援額が集まったこともあり、財政再建を果たしています。

 

失業率

IMF「World Economic Outlook Databases」によると、2015年のアイルランドの失業率は約9.4%です。

ギリシャ危機が起きた2009年以来10%を超えていましたが、2015年に10%を下回りました。

同資料によると、2021年の失業率は6.7%と予想されています。今後失業率は低下していく見通しです。

 

主要産業

主要産業は金融や製薬、食料や飲料です。

化学薬品や機械部品の多くはイギリスやアメリカ、ドイツ、ベルギー、フランス、オランダ、イタリア、スペインに輸出しています。

 

アイルランドの有名企業は?

shutterstock_270799421

アイルランドでは多国籍企業に対し税制優遇を行っていたことから、登記上多くの企業が存在します。

ただ現在は税制優遇の撤廃が決まり、今後多国籍企業は減少するといわれています。

  • AWASアビエーション・キャピタル
  • アクセンチュア
  • イギリス・フォード
  • SMBCアビエーション・キャピタル
  • ギネス
  • グレン・ディンプレックス
  • WPPグループ
  • ピーターソン
  • エアーアラン
  • クーリー蒸溜所

AWASアビエーション・キャピタル:世界10位に入る航空機リース会社です。100社以上の航空会社にリースしています。

アクセンチュア:世界最大の経営コンサルティング会社です。システムの設計、開発、運用も手掛けています。

イギリス・フォード:以前はアメリカのフォード・モーターの傘下にあった自動車メーカーです。ブリティッシュ・フォードとも呼ばれます。

SMBCアビエーション・キャピタル:三井住友銀行グループの航空機リースを行っている企業です。

ギネス:ギネスビールが有名な1756年創業のビール醸造会社です。

グレン・ディンプレックス:暖房器具の製造会社です。

WPPグループ:世界第1位の広告代理店グループで、登記上アイルランドのダブリンに本社を置いています。

ピーターソン:アイルランドにあるパイプメーカーです。

エアーアラン:アイルランドの地域航空会社です。

クーリー蒸溜所:アイリッシュ・ウイスキーの蒸溜所で、ビームサントリーの子会社です。

 

アイルランドの大統領、首相は?

shutterstock_309458345

アイルランド大統領:マイケル・D・ヒギンズ氏

2016年4月現在のアイルランドの大統領はマイケル・D・ヒギンズ氏です。

1941年4月18日生まれの75歳で、第9代アイルランド共和国大統領を務めています。

2011年10月27日に行われた大統領選挙で当選し、同年11月11日に大統領に就任しました。

大統領選挙に立候補するためにアイルランド労働党を離脱するまで、同党の総裁を務めています。

1993年から1997年まで芸術・文化・ゲール語大臣を務めており、政治家以外にも詩人や社会学者、文筆家などの多彩な顔も持っています。

 

アイルランド首相:エンダ・ケニー氏

アイルランド首相はティーショク(Taoiseach)と呼ばれます。ティーショクはアイルランド議会の下院における選出で決定され、大統領により任命されます。

2016年6月現在のアイルランド首相はエンダ・ケニー氏です。2011年3月より首相を務めています。1951年4月24日生まれで、現在65歳です。

1994年から1997年まで観光貿易相を務め、2002年に「フィナ・ゲール」代表に就任しました。

2011年2月25日の総選挙で「フィナ・ゲール」が第一党となり、代表であるエンダ・ケニー氏が首相となっています。

2016年2月の総選挙で「フィナ・ゲール」は第1党を維持し、「フィアナ・フォイル」と協力する形で2016年5月6日に首相に再任されています。

 

アイルランドと日本の関係は?

shutterstock_60312814

アイルランドと日本は伝統的に友好関係を築いています。

東日本大震災の際には、アイルランド政府は日本赤十字に100万ユーロを拠出するとともに、EUを通じて緊急援助物資の提供を申し出ました。

日本とアイルランドは1957年に外交関係を開設し、2007年に外交関係開設50周年を迎えています。

2013年6月には安倍総理大臣が現職総理として初めてアイルランドを訪問しました。

その後、同年12月ケニー首相が訪日しています。その際、両国関係の強化・発展に向けた共同宣言である「イノベーションと成長のためのパートナーシップ」が発表されました。

このほか大臣クラスの閣僚が行き来しており、閣僚レベルの交流も活発に行われています。

 

債務危機を乗り越えた国、アイルランド

shutterstock_361632257

アイルランドは、債務危機に陥りながらも財政再建を成し遂げた国です。

EU諸国の経済状況が不安定な中で、着実に債務危機前の成長水準に戻りつつあります。

就業者数や人口の増加、失業率の低下など、経済指標にその成果があらわれています。

今後も少しずつ経済は回復・成長していくことが予想されています。