デンマークの歴史、人口、宗教、公用語、GDP、平均年収は?

デンマークは世界で2番目に古い君主国です。人口は約566万人で微増傾向にあります。デンマーク語が公用語で、国教は福音ルーテル派です。1人あたりGDPや平均年収は世界トップクラスです。デンマークをはじめとする北欧諸国は税金が高いことで有名です。税金は社会福祉などで国民に還元されます。この記事では、デンマークの歴史や人口、宗教、公用語、GDP、平均年収についてまとめました。

デンマークの歴史は?

shutterstock_392255047

デンマークの正式名称はデンマーク王国で、世界で2番目に古い君主国です。

最も古い君主国は皇室のある日本といわれています。

ヴァイキング

デンマークには8世紀から11世紀にかけてヴァイキングとして知られるノルマン人が住んでいました。

ヴァイキングは複雑な社会構造を持ち、ヨーロッパ諸国を侵略していたことで有名です。

カルマル同盟〜中立

14世紀後半にはカルマル同盟を組み、ノルウェーやスウェーデンなどを支配下においていました。

19世紀に入ると、同盟関係にあった国々が独立をし、同盟は崩れていきます。

多くの支配地域を失い、度重なる戦争に敗北したデンマークは次第に中立路線を取るようになりました。

デンマークは2度の大戦では中立を守っています。

NATO、EU

第2次世界大戦が終結すると、それまで中立の立場をとっていたデンマークは1949年にNATOに加盟することで中立主義と決別します。

1973年にはEUに加盟しました。

デンマークの建国記念日(憲法日)は6月5日です。1849年6月5日に立法君主制に移行したことが由来とされています。

 

デンマークの人口は?公用語は?

shutterstock_251244679

IMF「World Economic Outlook Databases」によると、2015年現在のデンマークの人口は約566万人です。

日本の兵庫県(約550万人)とほぼ同じ規模ということになります。

同資料によると、2005年のデンマークの人口は約541万人でした。

10年間で約25万人増加しています。

 

出生率

WORLD BANK(世界銀行)の「Data Indicators」によると、2014年のデンマークの出生率は1.7です。

2004年のデンマークの出生率は1.8ですので、10年間で大きな変化は見られません。

アメリカの出生率が1.87、イギリスの出生率が1.92ですので、先進国の中では平均的な水準といえます。

 

伸びる平均寿命

また、デンマークは平均寿命が伸長しています。

同資料によれば、2004年に77歳だった平均寿命は、2014年には81歳になりました。

平均寿命の伸長によって高齢者が増加しています。

 

デンマーク語

デンマークの公用語はデンマーク語が使われています。

デンマーク語はそのほか、デンマークの自治領であるフェロー諸島やドイツで公用語として認められています。

ドイツでは、デンマーク語は少数民族が話す言語として正式にヨーロッパ地方言語・少数言語憲章(ECRML)により保護されています。

 

デンマークの宗教は?

shutterstock_2562199

デンマークでは、キリスト教プロテスタントの福音ルーテル派が国教となっており、国民の約80%が信仰しているとされています。

 

福音ルーテル派とは、マルティン・ルターによって創始されたキリスト教の教派です。ルター派とも呼ばれます。

北欧諸国では国民の大半がルター派を信仰しているとされており、世界で8000万人以上が信仰していると推定されています。

 

ルターの有名な言葉「聖書のみ、恵のみ、信仰のみ」 という宗教改革の三大原理を教義としており、旧約聖書・新約聖書が信仰と行為の唯一明確な規範であるとしています。

 

デンマークのGDPは?

shutterstock_176529641

IMF「World Economic Outlook Databases」によると、デンマークの2015年の名目GDPは約2950億ドルで、世界第37位です。

ヨーロッパでは第14位となっています。

北欧では、スウェーデン(約4926億円、世界第23位)、ノルウェー(約3895億円、世界第28位)に次ぐ第3位です。

ヨーロッパのGDPトップ5は以下の表のようになっています(データはすべて2015年)。

【ヨーロッパトップ5】

順位 国名 名目GDP
1位 ドイツ 3兆3576億ドル
2位 イギリス 2兆8493億ドル
3位 フランス 2兆4215億ドル
4位 イタリア 1兆8157億ドル
5位 ロシア 1兆3247億ドル

 

デンマークの1人あたりGDPは?

IMF「World Economic Outlook Databases」によると、2015年のデンマークの1人あたりGDPは5万2144ドルで世界第8位です。

ランキング上位にはヨーロッパ諸国が多くランクインしています。

1位はルクセンブルクで10万1994ドル、2位はスイスで8万675ドル、3位はカタールで7万6576ドルです。

同資料によれば、北欧諸国は1人あたりGDPが高い傾向にあります。

ノルウェーの1人あたりGDPは7万4822ドルで世界第4位、スウェーデンは4万9866ドルで世界第12位、フィンランドは4万1973ドルで世界第19位となっています。

デンマークの平均年収は?

shutterstock_363182363

2014年の国際統計を基にすると、デンマークの平均年収は約7万3959ドルです。

2014年のドルの平均値である約106円で日本円換算すると約784万円となります。

同統計によると、アメリカの平均年収は約5万7139ドル(約605万6000円)、フランスは約4万7885ドル(約507万6000円)、日本は約3万7988ドル(約402万7000円)です。

デンマークの平均年収は日本のおよそ2倍となっています。

デンマークの場合は税金が高く、年収の半分程度が税金で引かれますが、それでも日本の平均年収よりも所得は高くなります。

 

デンマークの国民の満足度は世界第1位

shutterstock_331367765

デンマークは人口が微増傾向です。高齢者や子育てに対する支援や保障が充実しているため、人口や満足度の増加につながっています。年収も世界トップクラスの水準です。

保障制度が手厚いことで有名なデンマークは、収入の半分近くが税金として徴収されます。その代わり大学までの教育費や介護が無料で、国営の住居であれば住宅費も無料になっています。

UN(国際連合)「World Happiness Report」によると、デンマークは幸福度ランキング世界第1位です。高い税金に見合うだけの保障を提供する環境が整っているため、国民の幸福度を高めることができるのです。

あわせて読みたい

カテゴリー