広告

【ADKへ就職!】事業内容、売上、採用、人数、平均年収まとめ|企業研究

ADKは売上高3519億円の広告業界第3位の大企業です。ただ過去10年で、売上・経常利益共約20%減少し、平均年間給与は約8%減少しています。コンシューマー・アクティベーション・カンパニーというビジョンの実現が飛躍のキーポイントです。ADKは、東京に新しくできたオフィスビル「虎ノ門ヒルズ森タワー」に本社を構える広告業界を代表する会社です。この記事では、ADKの事業内容、売上や利益、採用実績、採用方法、平均年収についてご紹介します。

ADKはどんな会社?事業内容は?

shutterstock_102143884

  • ADK

の正式名称は

  • 株式会社アサツーディ・ケイ(英文社名:ASATSU-DK INC.)

です。

 

前身である旭通信社は1956年、いまから60年前に雑誌広告の取り扱いを中心とした会社として設立されています。

旭通信社は1987年に広告業界ではじめて東証に上場を果たした会社でもあります。

 

ADKの事業内容

 

広告代理業

主要事業内容は広告代理業です

「コンシューマー・アクティベーション・カンパニー」をビジョンとし、認知獲得やブランディングだけでなく、購買行動を中心とした消費者行動にコミットするスタンスのが他の総合広告代理店との違いの一つといえます。

 

コンテンツ制作事業

広告代理業以外ではコンテンツ制作事業も実施しています

特にアニメ制作に強く、現在放送中のアニメでは

  • 「ドラえもん」
  • 「クレヨンしんちゃん」
  • 「ONE PIECE」

などが代表作です。

 

  • 「ガンダム」
  • 「ドラゴンボール」

など、世界中にファンがいる名作や、

  • 「妖怪人間ベム」
  • 「エイトマン」

といったアニメ草創期の作品まで、ADKが制作に携わっているのです。

 

売上のほとんどは広告業で稼いでいるものの、アニメコンテンツ制作に長い間貢献してきた企業でもあります

 

ADKの売上や利益は?

shutterstock_294222383

ADKの2015年度有価証券報告書によると、2015年12月期連結決算では

  • 売上高:3519億円
  • 経常利益:85億円
  • 経常利益率:2.4%

 

です。

 

ADKの過去の経営状況

4年前の2011年12月期では

  • 売上高:3471億円
  • 経常利益:56億円

でした。

 

多くの広告関連企業が苦しんだリーマンショック後の2009年12月期では

  • 売上高:3529億円
  • 経常利益:10億円。

10年前にあたる2005年12月期では

  • 売上高:4247億円
  • 経常利益:104億円

でした。

 

ADKの売上、利益の減少の背景を理解する

広告関連企業が沈みに沈んだ2009年決算を黒字で終えられている底力は感じられるものの、過去10年で売上高、経常利益共に約20%減少しているのが事実です

 

ちなみに同じ10年の間における博報堂の売上高は約1兆円から1.2兆円に20%増加し、経常利益は約223億円から約474億円に2倍以上に増加しています。

 

ADKに入社したいと考えている人は、同業界2番手企業が堅調に業績を伸ばすなかで、

  • 3番手企業が着実に衰退している理由や背景を充分に理解しておく

ことをオススメします。

 

ADKの採用実績、採用方法は?

shutterstock_296234840

2017年4月入社では

  • 新卒採用人数:46〜50名

とされています。

(リクナビ2017、マイナビ2017のADKページより)

 

2016年4月新卒採用も50名弱とのことなので、例年通りの採用人数といえます。

 

ADKの新卒待遇

ADKの初任給は

  • 月額24万4000円(2015年新入社員実績)

です。

(ADK新卒採用サイトより)

 

賞与は年2回なので、それぞれが月給の2ヶ月分とすると、ADK新入社員は

  • 年収:約390万円ほど

と推定できます。

 

ADKの「相棒(バディ)採用」

2017年の新卒採用は「ヒジョーシキで行こう」の採用メッセージの基、「相棒(バディ)採用」という採用方法を実施しています。

 

「相棒(バディ)採用」は

1. 学生が選択肢の中から気になる社員を5名選ぶ
2. 5名のうち1人が書類選考をする
3. 5名のうち1人が最初の面接官をする

という段取りで選考が進みます。

 

面接では

どういう基準で5名を選んだのか

を聞かれる想定で準備をすることをオススメします。

 

採用フローの構造上

それぞれの社員に質問をするなら何を聞くか?

も併せて準備するのがオススメです。

 

ADKの平均年収は?

shutterstock_349265855

ADKの2015年度有価証券報告書によると、ADKの平均年間給与は

  • 約827万円

です。

 

  • 平均年齢:41.7歳
  • 平均勤続年数:13.8年
  • 従業員数:1853名在籍

(データはすべて2015年12月末時点)

 

 ADKの過去従業員データ

10年前の2005年度有価証券報告によれば、2005年12月末時点の平均年間給与は

  • 約892万円

です。

 

  • 平均年齢:40.4歳
  • 平均勤続年数:12.6年
  • 従業員数:1943名

(データはすべて2005年12月時点)

 

平均年間給与は過去10年で約8%、年間約70万円減額しています

 

ダウントレンドをビジョン実現で解決

shutterstock_91567268

ADKの業績は過去10年で

  • 売上・経常利益:約20%減少
  • 平均年間給与:約8%減少

しています。

これまでと同じやり方をしていれば、このままゆるやかに衰退していくと予測するのが妥当といえます。

 

ポイントはビジョンの実現です。

広告業界でここまでの規模がある会社で「コンシューマー・アクティベーション」を会社の全体方針(ビジョン)にしている会社はないからです。

 

広告主は派手なキャンペーンや好感度が高いCMを打つことが目的ではなく、自社の売上を高めることが目的です

そのキーポイントである「コンシューマー・アクティベーション」からブレずに知見を貯め続け、広告主の期待に答えることが、ゆるやかな衰退を避ける方法の王道といえます。


カテゴリー