用語解説

確証バイアスとは?|意味、具体例、回避の対策、利用してキャリアアップも

確証バイアスとは思考が特定の確証に支配されると客観的な判断ができなくなることです。確証バイアスの対策にはクリティカルシンキングで考えたり、信頼できる人に相談をして客観的な意見をもらったりすることです。論理的根拠はほとんどないのに「この判断は絶対に正しい」と確信していることはありませんか?その判断はもしかすると、確証バイアスに思考を支配された状態で生み出されているかもしれません。この記事では、確証バイアスの意味や事例、対策についてご紹介します。

確証バイアスの意味は?

shutterstock_321784634

確証バイアスは心理効果のひとつです。

 

人は自分が「正しい」と思った考えを肯定する情報だけを信じ、否定する情報に触れなかったり、信じなかったりする傾向が強いです

 

これを確証バイアスと呼びます。

 

自分の考えに都合よく

確証バイアスに支配されると自分の考えに都合が良いデータ収集は行います。

 

都合の良くないデータには偏見(=バイアス)を持ち、情報に触れないように、触れても疑ってかかるようになってしまうのです。

 

確証バイアスの具体例1「キャリア選択」

shutterstock_51017665 (1)

 

大手企業に入れば安心か?

「大手企業に入れば安心」という確証バイアスに支配されている人は、大手企業に就職することや働いていることを肯定する情報ばかり集めます

 

「大手企業に属していれば間違いない」と考え、近しい考えをもつ同僚と長い時間を一緒に過ごすようになります。

 

確証バイアスが強化されすぎると…

中小企業倒産件数増加のニュースやベンチャー企業の業績低迷の情報を見ると

「やはり大手企業が一番だ」

と安心し、自由なキャリア選択をして不自由なく働いている人の情報に触れない、避ける傾向にあります。

 

よりひどく支配されると、自分と違う生き方をしている人を批判するようにまでなるのです

 

 

日本の内需は今後減少を続けていくので、売上高における海外比率が低い会社はたとえ大手企業であっても「安心」とはいえません。

 

それがいかに論理的に正しくても、確証バイアスに支配されている人の耳には届かないのです

 

確証バイアスの具体例2「ダメ彼氏と別れられない」

shutterstock_111929909

「私はこの彼氏と一緒じゃなければ幸せになれない」という確証バイアスに支配されている女性の場合です。

 

  • 相手がどんなにダメ彼氏であってもポジティブな情報だけを集め、ネガティブな情報に触れないようにしたり、信じなかったりする
  • 浮気をされても「昔はこんな人ではなかった。いつか昔のように戻るから大丈夫」という状態で思考停止をする。
  • 毎日暴力を振るわれている人でも、たまに優しくされるとその事実だけにフォーカスし「やっぱり彼は私のことが大切に違いない」と考えてしまう。

 

上記のようなケースをどこかで聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

1ヶ月に29日暴力を振るわれて1日だけ優しくされているのであれば、客観的にみれば「大切にされてない」と判断するのが妥当といえます

 

客観的な考えを

ただ確証バイアスに支配されている人には、客観的に妥当な考え方であっても理解されないのです。

 

「なんでこんなことも理解できないのだろう?」

 

という判断をしている人はほぼ100%、確証バイアスに思考を支配されているのです。

 

確証バイアス回避ための対策は?

shutterstock_311619221

確証バイアスを回避する方法は、以下の2つが考えられます。

 

クリティカルシンキングで考える

クリティカルシンキングは「批判的思考」という意味です。

 

ある結論や判断に

  • 「本当にそうか?」
  • 「反対意見は?」

といったツッコミを自分自身でいれて、結論や判断の精度を高めていく手法です。

 

物事はすべて複眼的にみることが可能で、あらゆる面があることを知っている人はクリティカルシンキングで考えられるようになります。

ただ、確証バイアスに支配されている人はクリティカルシンキングすら発動する必要がないと考えている場合もあるので、厄介です。

 

信頼している第三者の意見を聞く

クリティカルシンキングでも確証バイアスを攻略できない場合のオススメは、

  • 直接利害関係がなく信頼している友人や先輩に客観的な意見を聞くこと

です。

 

ポイントは

  • その人のいうことであればすんなり受け入れられる

というレベルで尊重している相手に意見を求めることです。

 

せっかく客観的な意見をもらっても、信頼していない人の意見では判断を変えるほど印象に残らない可能性があるからです。

 

「自分の判断、偏っているかも?」

 

と少しでも感じたら信頼している第三者から意見をもらってみてください。

現状の判断が肯定されるのであれば、より確信をもてるのも見逃せないメリットです。

 

確証バイアスは必ずしも悪ではない

shutterstock_287427062

確証バイアスは多くの場合

「偏見に思考が支配されている」

というネガティブな意味で使うことが多いです。

 

ポジティブな確証バイアスの事例

ただ、偉業を成し遂げたり大物になったりする人たちのなかには、

  • 確証バイアスによって自分の考えに熱狂し、そのエネルギーを活かして事を成した

という人も多くいます。

 

野茂英雄

日本ではじめてメジャーリーガーになった野茂英雄さんが、メジャーリーガーとして活躍できるかは未知数でした。

 

日本で受け取る多額の報酬を捨て、散々批判を浴びたにもかかわらずメジャーに挑戦したのです。

この時、野茂氏の思考は確証バイアスに支配されているといえます。

 

「自分は必ず成功する」という確証です

 

このように考えると、確証バイアスは必ずしも悪いものではないのです。

 

行動のともなう確証バイアスを

偉業を成し遂げるには、時に自分のやりたいことや成功を「確証」し、誰に何をいわれようが目標達成にむけて突き進む意志や熱量が必要だからです

 

多くの場合問題なのは、行動を伴わないバイアス、

「だからやらない」

という結論に縛られて変化を起こそうとしないバイアスだけなのです。

 

行動の伴わないバイアスには囚われず、自分が信じたキャリアや人生の選択という「確証バイアス」には支配されて、あらゆる行動を起こしていってくださいね。


カテゴリー