千葉県の人口は増加傾向|推移、市町村別人口ランキング、今後減少に転じる

千葉県の人口は約623万人で、10年で7.4%増加しています。2040年の人口は約536万人と予想されていて人口減少と高齢者の割合の増加が予想されているます。日本では今後少子高齢化が進行しますが、千葉県は全国に先んじて進行する県といわれています。この記事では、千葉県の人口や推移、人口比、未来予想についてまとめました。

千葉県の人口は?

shutterstock_273316490

千葉県の人口は

  • 622万6103人

で、全国第6位となっています。

(千葉県の公式ホームページより:2015年12月現在)

 

そのうち外国人居住者は

  • 12万232人

です。

 

千葉県の人口は増加傾向

また1995年の千葉県の人口は582万2619人でした。

10年間で約7.4%増加したことになります。

 

2014年12月と比較すると、1年間で全体人口は293人減少していますが、外国人居住者は8877人増加しています。

 

千葉県の市町村人口ランキング

  1. 千葉市:97万3079人
  2. 船橋市:62万3197人
  3. 松戸市:48万3563人

 

千葉県で最も人口が多い都市は県庁所在地である千葉市の97万3079人です。

 

そのうち外国人居住者は2万1894人います。

 

2番目に多いのが船橋市の62万3197人で、外国人居住者は1万3833人です。

3番目が松戸市の48万3563人で、外国人居住者は1万2966人となっています。

 

外国人居住者

千葉県に住む外国人居住者のうち、国別にみると

  1. 中国人:4万2684人
  2. フィリピン人:1万6782人
  3. 韓国・朝鮮人:1万5901人

の順となっています。

 

千葉県の人口、過去推移は?

shutterstock_338232086

千葉県の人口推移は以下の表のようになっています。

人口 全国順位
1970年 336万6624人 9位
1990年 555万5429人 7位
2010年 621万6289人 6位
2015年 622万4027人 6位

 

1970年から2015年までの45年間で千葉県の人口は約1.8倍になっています。

 

それにともない、全国順位も上がっていることがわかりますね。

千葉県の人口は、県が統計調査を開始して以降2010年まで毎年増加しています。

2011年から一時減少しましたが、2014年からまた増加に転じています。

 

千葉県の年齢区分による人口比は?

shutterstock_400379908

生産年齢人口は

  • 約391万1500人

です。

(千葉県の公式ホームページより:2015年4月1日現在)

 

千葉県総人口の62.6%を占めています。

 

また、そのうち労働力人口は

約327万7000人

です(2016年1〜3月期平均値)。

(総務省統計局のホームページより)

 

高齢者と若年者は?

65歳以上の人口は

  • 154万7166人24.7%

15歳未満の人口は

  • 79万5693人12.7%

となっています。

 

2010年と比較すると、生産年齢人口は3.6ポイント、15歳未満人口は0.6ポイント減少です。

 

少子高齢化

65歳以上人口は4.2ポイントの増加となっています。

 

人口は増加していますが、人口比では増加したのは65歳以上の高齢者だけです。

少子高齢化が進んでいることがわかります。

 

千葉県の未来予測は?

shutterstock_286169438

2040年の千葉県の人口は

  • 約535万8000人

になると予想されています。

(国立社会保障・人口問題研究所が2013年に発表した「日本の地域別将来推計人口」より)

 

少子高齢化進む

また、今後日本全体で65歳以上人口の割合は増加しますが、千葉県はそのスピードが早いと予想されています。

 

同資料によると、2010 年から2025 年まで、 千葉県の

  • 65 歳以上人口の増加率:全国第3位
  • 75 歳以上人口の増加率は埼玉県に次いで第2位

です。

 

一方で15歳から64歳の生産年齢人口については減少が予想されています。

 

生産年齢人口減少への取り組み

千葉県の生産年齢人口は1995年をピークに減少に転じ、その後現在に至るまで減少を続けています。

 

人口増減に影響を及ぼす最大の要因は子育て世代の転出入です。

 

千葉県では人口減少に歯止めをかけるために、保育園の充実や医療費の助成を拡大するなど、子育て支援策を充実させる対策を行っています。

また、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの一部競技の千葉県開催を絶好の機会と捉え、地域の活性化に繋げる取り組みを計画しています。

 

外国人受け入れを進める

そのほか、今後予想される高齢化にともなって産業を衰退させないために外国人労働者の受け入れを進めています。

 

千葉県内の外国人労働者数は

  • 過去最高の約2万6000人

を記録しました。

(厚生労働省「外国人雇用状況の届出状況」より:2014年10月末現在)

 

千葉県は、予想される少子高齢化や人口減少に対して早い段階から対策を行っているのです。

 

少子高齢化の対策が発展のポイント

shutterstock_339188993

千葉県では、今後予想される人口減少や高齢化に対して危機感を持ち、子育て支援や労働力確保に力を入れています。

東京に近く気候も温暖で自然豊かな千葉県は、対策が進めば人口減少に歯止めがかかり、今後の発展も期待できます。

 

東京オリンピック・パラリンピックに向け、盛り上がりを見せる千葉県で生活したり、キャリアプランを描いたりするのもオススメです。


カテゴリー