川崎の人口、就職や転職事情は?求人や仕事は多い?

川崎市の人口は約148万人で、中原区、高津区、宮前区の順で人口が多い。就職市場は活況で転職しやすい。京浜工業地帯が広がり、製造業に関係する求人や仕事が多い。川崎市は横浜と東京に挟まれた立地にある政令指定都市です。この記事では、川崎市の人口や就職・転職事情、求人や仕事についてまとめました。

 

川崎市の人口は?

shutterstock_209038219

川崎市公式ホームページによると、2016年5月1日現在の川崎市の人口は148万4808人です。

最も人口が多い地区は、JRと東急が乗り入れる武蔵小杉駅や等々力陸上競技場がある中原区で24万9820人です。

次に人口が多いのは、JR武蔵溝ノ口駅や東急田園都市線・大井町線が走る溝の口駅がある高津区の22万9199人。

3番めに人口が多いのは東急田園都市線の鷺沼駅がある宮前区の22万6853人となっています。

この3つの区で、川崎の人口の約半分を占めます。

川崎市の人口は年々増加しています。

2015年国勢調査によれば、川崎市は全国で7番目に人口が多い都市です。

都道府県庁所在地ではないの都市の中では日本で一番人口がいるのが川崎市なのです。

2014年国勢調査では、生産年齢人口は68.0%、老年(65歳以上)人口は18.9%という構成比になっています。

全国(生産年齢人口 61.3%、老年人口 26.0%)と比べて老年人口の割合が低く、生産年齢人口の割合が高いことがわかりますね。

市内に企業や工場が多く20代男性の流入が活発です。

女性 100人に対する男性数が103.1人と、全国平均94.7人と比べて高くなっているのも特徴的な人口構成です。

 

川崎市の新卒就職事情は?

shutterstock_313786001

川崎市に本社を置いている企業は26社あります。

川崎市には京浜工業地帯が広がっているため製造業を主要産業としている企業が多いです。

川崎市の企業といえば、グローバルICT事業を展開する富士通が有名です。

川崎フロンターレのスポンサーとしても地域貢献をしている企業です。

その他半導体専業メーカーのルネサスエレクトロニクスや、エネルギー関連システムメーカーの富士電機、カーナビを中心とする自動車関連製品メーカーのパイオニアなどがあります。

川崎市が本社の求人は新卒採用サイトマイナビ2017では48件、リクナビ2017では146件ヒットします(両サイトとも、タブで「神奈川県本社」→フリーワードで「川崎市」で入力)。

NECグループのNECエンジニアリング株式会社や、東京ガスグループの東京ガスエスネット、コマツグループのコマツ建機販売など、大企業のグループ会社の求人もあります。

 

川崎市の転職事情は?

shutterstock_362436530

ハローワーク川崎、川崎北のホームページによると、2016年3月期の川崎市の求人倍率は0.96倍です。

求人倍率とは、ハローワークに登録している求職者1人に対して何件の求人があるかを示すものです。

求人倍率1倍以下となっている川崎市では、求職者1人あたり求人が1件以下ということになります。

これは同時期全国平均1.3倍を下回っています。

東京など都市部で失業した人が地元のハローワークに登録することが多いため、東京を勤務先としている人が多い首都圏沿いの市で求人倍率が低いという状況はよく見られる傾向です。

都市部に近い企業ほどハローワークに求人を出さずに求人サイトなどで募集をする傾向もあるので、求人倍率0.96倍は実態に即した数値とはいえません。

2016年5月末現在、川崎市に「本社」がある企業の求人は、マイナビ転職で正社員38件、契約社員2件、リクナビNEXTで正社員47件、契約社員5件の募集がされています。

人口構成比率では若年層が多いため、塾講師や英語教師など教育系の求人も多数見られます。

 

川崎市に求人や仕事は多い?

shutterstock_375569194

川崎市を「勤務地」として検索すると、マイナビ転職で404件、リクナビNEXTで583件の転職求人募集がヒットします。

また、タウンワークで川崎市内の求人を調べると8534件の求人がヒットします(すべて2016年5月末現在)。

同時期における相模原市の求人と比較すると、マイナビ転職・リクナビNEXTの合計は約2倍、タウンワークは約3倍の求人募集数になります。

川崎市にはたくさんの求人や仕事があることがわかりますね。

転職求人は、京浜工業地帯が広がっている影響で、メーカーやIT・通信系の業種が多いです。

人口も多いため、流通・小売系やサービス業界の求人も多く出されています。

子供の数が多いので教育関連の募集が多いのも特徴です。

タウンワークも転職求人と同様の傾向がみられます。

最も多く求人が出されているのは軽作業のアルバイトです。

京浜工業地帯が影響しています。

次に多いのがレストランや居酒屋などの飲食店や接客業です。

人口の多さが影響している数値といえます。

 

日々発展を続けている川崎

shutterstock_377717329

川崎市には工業地帯が広がり、川崎駅前は夜中まで賑わっています。

また武蔵小杉や新百合ケ丘などの住宅街も広がっています。

武蔵小杉はSUUMOの住みたい街ランキング関東版で4位にランクインしました。

武蔵小杉に立ち並ぶタワーマンションに住む女性は「ムサコマダム」と呼ばれ、周りにある多くの商業施設はムサコマダムを中心に連日賑わっています。

2010年国勢調査によると、川崎市の平均年齢は41.5歳です。

全国平均45歳より3.5歳若いことになります。

生産年齢人口が多いこと、人口が増え続けている要因はこの数値にも影響していますね。

日々変化があり人口が増え続ける川崎市に拠点をおくことは、20代のビジネスパーソンにとってオススメですよ。