用語解説

アンカリング効果とは?使い方の例|マーケティング、仕事、日常で使える

アンカリング効果は印象的な情報を付加することで行動に影響を与える心理効果の一つです。行動経済学で注目されてからマーケティングの定石の一つになりました。自分の望みをなるべく印象良く通したいと思うことはありませんか。この記事では、アンカリング効果の意味や事例、マーケティングや仕事への活かし方についてご紹介します。

アンカリング効果とは?

shutterstock_377270038

アンカリング効果とは

  • 「印象的な情報や数値が基準となって、その後の行動に影響を与える効果のこと」

です。

 

印象にうったえる情報

例えば閉店間際のスーパーにいったとき

  • 「この商品半額」

というシールが貼ってあるよりも

  • 「この商品半額で1000円お得!」

というシールが貼ってある方が、購入される可能性が高まる傾向にあります。

 

「半額」よりも「半額で1000円お得!」という数値の入った情報のほうが印象に残り、購買行動に結びつきやすいからです。

 

アンカリング効果の語源|情報のアンカー(いかり)をつくる

アンカリングは

  • アンカー(=いかり)

が語源となっている言葉です。

船がその場にとどまるために錨を下ろすように、特定の情報をアンカーとして判断に影響を与えるのがアンカリング効果です。

 

アンカリング効果の例1「マーケティング」

shutterstock_384383959

アンカリング効果をマーケティングに活かす基本的なやり方は、価格提示です。

 

「特別価格10,000円」

という値札をつけるよりも、

通常価格30,000円→特別価格10,000円

という値札をつけたほうが、購買に結びつきやすくなります。

 

どちらの値札を付けても商品の性能や消費者にとっての便益は変わりません

この場合は「通常価格30,000円」が情報の「アンカー」です。「通常価格は30,000円である」という情報を基準値として提示するだけで、「10,000円ならお買い得」と感じる消費者が増えるのです。

 

購買意欲を喚起するアンカー

「限定5つ!」「本日限り!」

といった情報もアンカーとして併せて与えると

 

「限定なら価値があるだろう」「この機会を逃したら買えない」

という思考を生み出すこともできて、更に効果的な販売促進になります。

 

アンカリング効果の例2「仕事の進め方」

shutterstock_388995775

アンカリング効果は仕事のシーンでも役に立ちます。

 

提出期限の例

たとえば顧客に提出する資料を

  • 「1週間後に提出します」

と約束をして、3日後に出すと

  • こんなに早く提出してくれた。頑張っているな

という印象を得られます。

 

ただ

  • 「明日提出します」

と約束して、3日後に出すと

  • 約束よりもおそいじゃないか。手を抜いているな

という印象になってしまうのです。

 

評価に雲泥の差が生まれる

提出したスピードや提出に必要な労力はまったく同じです

ただ、アンカリング効果によって評価に雲泥の差が現れるのです

 

アンカリング効果を活用して顧客や同僚とのコミュニケーションに配慮すると、同じことをしていても違った評価を得ることができます。

あらゆるビジネスシーン、日常生活で自分に有利に進むようにアンカリング効果を活用してくださいね。

 

アンカリング効果は恋愛にも使える

shutterstock_320962013

恋人との待ち合わせ

待ち合わせに5分遅れるときも

「数分遅れそう」

と連絡をいれておくのと

「15分くらい遅れそう」

と連絡をいれておくのでは、相手の印象が変わります。

 

合コンでモテるためにもアンカリング効果は使える

合コンに連れて行くメンバーも、自分よりイケメンや美人ばかりを連れて行くとそこがアンカーとなって自分自身の評価がされます。逆もまた然りです。

アンカリング効果は日常のあらゆるシーンで活かせる心理効果です

アンカリング効果を習慣的に意識することで自分の評価が高まる処世術を身につけて、日々実践してくださいね。

あわせて読みたい

カテゴリー