新卒就活の面接対策!緊張を防ぐ6つの対策とは?

新卒就活の面接における緊張の原因は準備不足。面接前に不安の原因を把握し準備すれば緊張を解消できる。新卒就活の面接で緊張してしまい、本来の自分を伝えきれていない就活生も多いのではないでしょうか。この記事では、面接前に感じる緊張を和らげ、自分の持つ実力をアピールするための対策をまとめました。

新卒就活の面接で緊張しないための6つの対策

  • 面接の流れや質問の回答の整理
  • 繰り返し練習
  • 質問に答えられないときの準備
  • 運や縁も大切
  • キャリアプランの実現方法は複数ある
  • リカバリープランの整理

新卒就活の面接対策1「面接の流れや質問の回答の整理」

shutterstock_351548024

新卒就活の面接において、面接官の質問への回答内容を整理ができていないと、答えに慌ててしまいます。

緊張の原因のほとんどは、単なる準備不足です。

面接の流れや質問に答える内容をあらかじめ整理し「何を聞かれても問題ない」というところまで準備するのがオススメです。

落ち着いて面接に進むことができますよ。

面接の目的は、企業が就活生を

  • 「入社後に活躍できる人材か」
  • 「入社後に意欲的かつ長期的に働ける人材か」

を判断することです。

関連記事を参考に、企業が面接を行う理由を理解し、面接の流れや質問に対してどのように答えるか整理してください。

 

新卒就活の面接対策2「繰り返し練習」

shutterstock_291536684

緊張を引き起こす要因の一つに「普段とは違う、慣れないことをする」というのもあります。

面接は学生時代の評価基準とは違い、社会人として通用するかどうかが判断基準になります。

普段接することのない社会人との会話や、社会人から見た自分を意識する必要があります。

面接という「普段とは異なる環境」に慣れるためには、繰り返し面接の練習を行って場馴れすることがオススメです。

社会人の方にお願いして模擬面接をしてもらうのが最もオススメです。

身近にいなければ、学校のキャリアセンターの職員に付き合ってもらうのもオススメです。

面接を想定した自己PRや志望動機を第三者に聞いてもらい、自分の考えを伝える練習をしてください。

第三者にみてもらうことで、客観的なフィードバックをもらうことができますよ。

自分の気づかないくせや言い回しを指摘してもらい、自信が持てるまで繰り返してみてくださいね。

 

新卒就活の面接対策3「質問に答えられないときの準備」

shutterstock_234242599

面接の「想定質問への回答」と「場慣れ」の準備をしていても、想定していなかった質問が来た場合にうまく答えられないことがあります。

答えが思い浮かばないときや相性が悪い面接官にあたったときの対処法へも準備が必要です。

面接への準備はすればするほど良いですが、想定質問すべてに答えを準備するのは現実的ではありません。

答えられない質問や答えにくい質問は必ず出てくると思っておきましょう。

面接で実際にそのような質問をされたとき、どのように振る舞うかをあらかじめ整理しておくことも重要です。

もし何も答えられない質問の場合は「これまで考えたこともなかったです」と、素直に伝えたほうが面接官にネガティブな印象を与えずに済むこともあります。

考えをまとめずに支離滅裂に発言するより、誠実でいることの方が価値があるのです。

短い時間で自分の考えをまとめる練習をするのもオススメです。

短時間で自分の考えをまとめることができれば、想定外の質問にも対応することができるからです。

信頼できる社会人や友人、キャリアセンターの職員にお願いして、

想定外の質問を出してもらい、短時間でまとめた回答を伝え、フィードバックを受ける」

という練習を繰り返せば、着実に考える力は伸びていきます。

 

新卒就活の面接対策4「運や縁も大事」

shutterstock_402883336

面接には自分の実力だけではどうしようもないこともあります。

どんなに準備していても、面接官の相性などによってはうまく自分を伝えることができない場合もあることをあらかじめ理解してください。

面接官との相性や一緒になる就活生などは、自分ではコントロールできません。

実力とは関係ないことを心配したり、悩んだりするのはもったいない時間の使い方なのです。

自分のコントロールできるものに集中し、全力を注ぎましょう。

 

新卒就活の面接対策5「キャリアプランの実現方法は複数ある」

shutterstock_313786001

面接で落ちてしまったときのことを考えると、面接のときに不安で緊張してしまいます。

志望する会社以外でも自分のキャリアプランを実現できることを心から理解しておけば、この緊張を解決することができます。

キャリアプランを実現する方法は1つではありません。

実現できる会社は志望している会社以外にもあります。たとえ新卒では入社できなくても、他の会社で自分を磨いた後に再チャレンジする道もあります。

下積みを経て将来起業する選択肢もあります。

充分に準備して面接に臨んだとしても、入社できるかどうかは企業側が判断することです。

自分でコントロールできるものではありません。

自分のキャリアプランを実現できるシナリオをいくつか用意して、「ここがだめなら他もあるさ」というマインドセットを持ち、不安からくる緊張感を和らげてくださいね。

 

新卒就活の面接対策6「リカバリープランの整理」

shutterstock_316771196

面接に失敗したあとのリカバリープランがないと、失敗できない不安から緊張してしまいます。

失敗してしまっても次のアクションができるような準備をし、不安から開放されれば緊張をしなくなります。

確かに、志望している企業に入社できないことを考えるのは気が進まないかもしれません。

ただ、キャリアプランを実現するための次の一手を考えておけば、目標実現のためのスピードを速めることができるのです。

リカバリープランとは例えば

  • 「A社がだめでもB社がある」
  • 「AがやりたいけどBにも興味がある」
  • 「新卒就活でだめだったら大学院に進む」

などがあります。

リカバリープランを複数持てていれば、失敗したときの不安や緊張がなくなり、面接そのものに集中できますよ。

 

面接での緊張は準備で解消できる

shutterstock_337042967

この記事を読んだ新卒就活の面接に臨む方へオススメのアクションアイテムは

「新卒就活の面接で緊張しないための6つの対策で面接で緊張しない準備をする」です。

緊張は、不安や自信の無さから生まれます。

あらかじめしっかりと準備していれば、不安や自信の無さは解消することができます。

繰り返しになりますが、緊張する理由は準備が不足しているからです。

この記事で紹介した6つの対策を参考にして、自信をもって面接に臨めるように準備してくださいね。


カテゴリー