新卒就活

新卒就活の面接対策!結果を出す準備や練習法は?

新卒就活の面接の準備は自己PRと志望動機が重要。面接の対策は3つあるが、基本は繰り返し練習に尽きる。新卒就活の面接で、どのように練習したり改善したりすればいいかわからず、不安を感じている就活生も少なくないのではないでしょうか。この記事では、新卒就活の面接の事前準備や練習方法、通過するコツをご紹介します。

新卒就活の面接の準備は?

shutterstock_301162325

新卒就活で企業が面接をする目的は、就活生が

  • 「入社後に活躍できる人材か」
  • 「入社後に意欲的に働ける人材か」

を判断することです。面接の準備は、この企業が面接をする目的を理解した上で行うことが大前提です。

面接官は就活生を「企業が求める人材」か判断するために

  1. 自己PR
  2. 志望動機

の2つをチェックします。

自己PRと志望動機をしっかり準備することが、面接官が新卒就活の面接で就活生を「企業が求める人材」であると判断することにつながるのです。

リクルートなど「志望動機は聞かない」ということで有名な企業もあるので、その場合は「将来の夢、やりたいこと」など「就職動機」を準備します。

自己PRは「入社後に活躍できる人材である」ことをアピールするのに役立ちます。

自己PRで取り上げるテーマは「自分の持っているスキルが企業にどのように役立つか」であるべきです。

つまり、あらかじめ志望する企業が求める人材像を確認し、自分の持つスキルの中でどのスキルが志望企業に役立つか整理しておく必要があります。

志望動機は「入社後に意欲的に働ける人材である」ことをアピールするのに役立ちます。

志望動機と企業の経営方針や事業内容、企業理念などが一致していることがポイントです。

志望動機と企業の方向性が一致してはじめて、企業は就活生の動機が「自社の目指す方向と合っている」と判断できるのです。

自己PRと志望動機を活用して

  • 入社後に活躍できる人材である」
  • 「入社後に意欲的に働ける人材である」

以上のことをアピールしてください。

それらに繋がる話以外、する意味や価値は極めて薄いです。

 

新卒就活の面接に向けた練習方法は?

新卒就活の面接で結果が出る3つの練習方法

  • 模擬面接を録画する
  • 実際の面接を録音する
  • 多くの面接を受ける

 

新卒就活の面接で結果を出す練習方法1「模擬面接を録画する」

shutterstock_390834172

社会人の方、学校のキャリアセンターや友人に手伝ってもらって模擬面接をするとき、模擬面接を録画することをオススメします。

自分で話す内容を整理していても、実際に質問されたときに伝えたい内容を答えられるかは話してみないとわからないからです。

自分が実際に答えた内容を録画し、伝えたい内容を伝えられているかを常に確認する。

これを繰り返し練習してください。

録画した映像に、第三者による客観的なフィードバックをもらえるとより効果的です。

信頼できる友人や社会人の方にお願いをして、録画した模擬面接のフィードバックをもらってください。

マイナビの「模擬面接シミュレーター」を使うのもオススメです。

模擬面接シミュレーターは

  • 「個人面接(初級編)」
  • 「個人面接(実践編)」
  • 「集団面接」
  • 「最終面接」
  • 「面接50本勝負」

に分かれており、それぞれのシチュエーションにあった質問を映像で行います。

タイマーが表示されるので、実際に話した時間を確認することも可能です。

録画した模擬面接を見なおしてクセを直したり、苦手な質問への答えを何度も練習したりしてくださいね。

 

新卒就活の面接で結果を出す練習方法2「実際の面接を録音する」

shutterstock_242964496

模擬面接と本番の面接では緊張感が異なります。

緊張のあまり、面接を振り返ったときに内容をほとんど覚えていないことも少なくありません。

本番の面接内容を振り返るために、本番の面接を録音することをオススメします。

面接が終了したあと、振り返りをするときに使ってください。

自分で考えていなかった発言や、意識していなかった言葉の癖などを見つけることができますよ。

録音するときは

「自分の面接での振る舞いの質を高めてたいので、面接の録音してもよろしいですか?」

と事前に質問してからはじめるのがマナーです。

面接官ではなく、事前に人事の方に許可をとっておくほうがよりスマートといえます。

許可が降りない企業の場合は「承知しました」と素直に従いましょう。

また、許可を得て録音したとしてもその内容は企業側とのやりとりが入る極めてデリケートな情報です。

絶対にYoutubeやSNSに投稿しないようにしてください。

 

新卒就活の面接で結果を出す練習方法3「多くの面接を受ける」

shutterstock_2178264

面接には独特の空気があります。

緊張や面接の空気にのまれてしまっては、本来の自分を伝えることができません。

多くの面接に応募して「場慣れ」することも重要な対策です。

面接に慣れておけば、本当に伝えたい自分を見せることができます。

面接に慣れていないと、口ごもったり、質問内容に正確に答えられなかったりしてしまいます。

場慣れすることで、あらかじめ整理した自己PRや志望動機を最高の状態で伝えることができるのです。

場慣れのために増やした面接も、出来栄えをきちんと振り返ることで、改善策や次への対策を立てることができます。

最初はうまくいかなくても、段々と面接官とのスムーズな受け答えができるようになっていきますので安心してください。

 

練習を繰り返して面接に慣れる

shutterstock_289436939

この記事を読んだ就活生へアクションアイテムは

「自己PRと志望動機を整理し、面接を繰り返し練習する」です。

面接は一回勝負です。

本番の面接を成功させるためには、繰り返し練習することにしか成功への道はありません。

面接まで時間がない方は、いまからできる練習を可能なかぎり繰り返すのが最も効果的な対策です。

まずは伝える内容を整理し、誰かの協力を仰ぎながら繰り返し練習してください。

面接練習の基本は「急がばまわれ」です。

何度も何度も練習して、納得のいくまで練習をした状態で本番に備えてください。

うまくいく可能性が格段に高まりますよ。

あわせて読みたい