藤沢の人口、就職や転職事情は?求人や仕事はある?

この記事の結論は「藤沢市の人口は約42万人で、鵠沼地区、藤沢地区、善行地区の順に人口多い。就職市場は活況で転職しやすい。工業地帯が多いので製造業の技術職、研究職の求人がある」です。藤沢市には、毎年多くの観光客で賑わう江ノ島があります。また、多くの大学のキャンパスがあることでも有名です。この記事では、藤沢市の人口や新卒就活・転職事情、求人や仕事の状況についてまとめました。

 

藤沢市の人口は?

shutterstock_415695742

藤沢市の公式ホームページによると、2016年5月1日現在の藤沢市の人口は42万6014人で、神奈川県の中で4番目に人口の多い都市です。

最も人口が多いのがJR藤沢駅の南側や鵠沼(くげぬま)海岸を含む鵠沼地区で、人口5万5746人です。2番目に人口が多いのは JR藤沢駅以北や藤沢市役所を中心とする藤沢地区の4万4508人、3番目は小田急善行駅がある善行地区の4万2162人となっています。

藤沢市文書統計課によると、藤沢市の人口は国税調査で人口統計が始まった1920年から増加をし続けています。藤沢市企画政策課の予測によると、藤沢市の人口は2030年まで増加を続ける見通しです。

 

藤沢市の新卒就職事情は?

shutterstock_362436530

藤沢市が本社の上場企業は7社あります。

自動車部品メーカーの東京ラヂエーター製造株式会社や、鮮魚店や回転寿司を経営している株式会社魚喜、金属屋根製品トップメーカーの元旦ビューティ工業株式会社などがあります。

藤沢市を本社とする企業の新卒求人は、マイナビ2017で9件、リクナビ2017で12社ヒットします(2016年5月末現在)。藤沢市には工業地帯があり、製造業中心に技術職や研究職の求人が目立ちます。上場企業にメーカー企業が多い理由もわかりますね。

そのほか江ノ島電鉄の総合職や乗務員の求人など、藤沢市特有の求人もあります。

 

藤沢市の転職事情は?

shutterstock_375569194

2016年3月期のハローワーク藤沢の有効求人倍率は0.87倍です。同時期の全国の有効求人倍率の平均値は1.30倍ですので、全国平均と比べると低い数値となっています。

有効求人倍率は、ハローワークに登録している求職者1人あたり何件の求人があるかを示すものです。藤沢市の有効求人倍率は1倍以下ですので、1人の求職者に対して求人は1件以下ということになります。

2010年の国勢調査によると、藤沢市の昼夜人口比率は93.2%です。

昼夜人口比率とは、昼間人口と夜間人口の差を示すものです。夜間人口100人に対して、昼間人口は何人かを示します。昼夜人口比率が100%を下回る藤沢市は、日中は他県や他市に人口が流出しているベットタウンということになります。

2016年5月末現在、マイナビ転職では藤沢市が本社の企業の求人は正社員5件、契約社員2件ヒットします。リクナビNEXTでは正社員5件の求人があります。

求人内容は不動産営業やカーケア商品の専門商社など、多岐にわたります。

 

藤沢市に求人や仕事はある?

shutterstock_307383305

2016年5月末現在、藤沢市が勤務地の求人はマイナビ転職では252件、リクナビNEXTでは200件あります。タウンワークの藤沢市の求人を見ると、2535件がヒットします。藤沢市には工業地帯があるため、メーカー系の企業が多くの求人を出しています。

藤沢市は神奈川県の中では、人口が多く、江ノ島などの有名な観光地を持っています。そのため、タウンワークの求人情報にはレストランなどの飲食店やコンビニ・スーパーなどの小売店の求人が多くあります。

 

人口増加を続けるベットタウン

shutterstock_150533825
藤沢市は求人も活況で、東京駅まで電車で50分、横浜駅まで20分と利便性も高い都市です。人口が多い都市でありながら江ノ島や鵠沼海岸もあり、リゾート地としての要素も兼ね備えています。

文教都市でもあり、慶應義塾大学の湘南藤沢キャンパス(SFC)や日本大学、多摩大学、湘南工科大学のキャンパスがあります。新たな生活を始めようと考えている方には、藤沢市を生活圏内に含めたキャリアプランを考えるのもオススメです。

 

不用品片付けや引っ越しのおすすめサイト

1.ietty

ietty(イエッティ)はオンラインの不動産サイトです。

物件選びから内見の予約までチャットでやりとりできるので、何回も不動産行く必要がなく、効率的に部屋選びができます。

利用料は基本無料ですので、もし部屋を探してる方はまずは登録してみることをオススメします。

ietty公式サイト

2.エコノバ

エコノバは不用品の片付けをする業者を比較するサイトです。

会員登録不要で査定も無料で行うことができます。

エコノバの無料査定はこちら


カテゴリー