転職

横須賀の人口、就職や転職事情は?求人や仕事はある?

この記事の結論は「横須賀市の人口は39万3894人で、本庁地区、衣笠地区、久里浜地区の順に人口が多い。有効求人倍率は0.8倍だが横須賀市勤務の求人は100件以上ヒットする」です。横須賀市はアメリカ軍横須賀基地があることで有名な神奈川で5番目に人口が多い都市です。この記事では、横須賀市の人口や就職・転職、求人についてまとめました。
神奈川の産業や企業、観光地神奈川での就職や転職神奈川の人口や歴史などについての記事も併せて御覧ください。

 

横須賀市の人口は?

shutterstock_309048455

横須賀市の公式ホームページによると、2019年10月1日現在の横須賀市推計人口は39万3894人です。

横須賀市の中で最も人口が多い地域は、横須賀市役所や京急横須賀中央駅、JR横須賀駅がある本庁地区で、6万486人が住んでいます。2番目に人口が多い地域はJR衣笠駅がある衣笠地区で、5万9243人、3番目に人口が多い地域は京急久里浜駅やJR久里浜駅がある久里浜地区で5万1970人となっています。

横須賀市は神奈川県で5番目に人口が多い市ですが、人口は減少傾向にあります。

2013年には人口減少数が全国の自治体の中で最も多くなりました。人口が減少している中で問題となっているのは空き家の増加です。横須賀市空家等対策計画によると、横須賀市の空き家率は14.7%です(2015年時点)。2018年の全国平均が13.6%ですので、都市部には珍しく、全国平均に匹敵するほど空き家が多い状態です。

横須賀市は人口減に歯止めをかけるため、子供医療費助成の拡大や、市街地の活性化に向けての民間事業者への特別減税など、様々な取組みを行っています。

出典:横須賀市公式HP「横須賀市推計人口
出典:横須賀市空家等対策計画
出典:平成 30 年住宅・土地統計調査 住宅及び世帯に関する基本集計 結果の概 要

 

横須賀市の新卒就職事情は?

shutterstock_311443724

横須賀市を本社としている上場企業は2社あります。

自動車部品大手のニフコは、2015年に本社を横浜から横須賀に移転しました。ニコフはアメリカ大手自動車会社、GM、クライスラー、フォードの3社との技術援助契約を締結しており、日系自動車分野向けのプラスチックファスナーにおいてトップシェアの企業です。

ネットワークバリューコンポネンツはコンピューターネットワークを取り扱う企業です。2015年12月期の営業利益が前年の約6倍と大幅に増益となった企業で、東証に上場しています。

横須賀市を本社としている企業の新卒採用求人を調べると、マイナビ2017だと7社、リクナビ2017だと11社ヒットします(タブで「神奈川県本社」を選択→リクナビでは「横須賀市 本社」マイナビでは「横須賀市」で検索)。ニフコや横須賀市役所の求人に加え、介護施設や障害者サポート施設などの社会福祉関連の仕事が掲載されています。

 

横須賀市の転職事情は?

shutterstock_397255312

2019年9月期のハローワーク横須賀での有効求人倍率は0.8倍です(パートを含む)。有効求人倍率は、求職者1人に対して何件の求人があるかを示す倍率です。横須賀市の有効求人倍率は1倍を割り込んでいるので、求職者1人に対して求人は1件以下ということになります。

ただこの数値は、ハローワークを通じて求人やハローワークに登録している求職者の状況しか表していない数値です。転職を志望する企業がある場合は、直接問い合わせることをオススメします。

2016年5月末現在、マイナビ転職では横須賀市を本社とする正社員の求人が4件、契約社員の求人が2件です。リクナビNEXTだと正社員、契約社員ともに0件です。

 

横須賀市に求人や仕事はある?

shutterstock_345581915

横須賀市に本社がある企業が少ないため、横須賀市が本社の企業で勤務をしようとすると求人は少ないです。

ただ、横須賀が勤務地の求人は、2016年5月末現在、マイナビ転職では正社員は160件、契約・派遣社員は21件ヒットします。

リクナビNEXTでは正社員は129件、契約・派遣社員は5件ヒットします。職種はエンジニアや金融関連、建設などの技術職、事務職と多岐にわたります。

横須賀市には米軍基地があるため、横須賀市で働いていると英語に触れる機会が多いです。タウンワークでアルバイト求人を見ると、基地内での交通誘導やファーストフードのアルバイトなど、他の市では見ることができない特徴的な求人も見つけることができますよ。

 

市が政策を積極的に行い、今後発展の可能性がある横須賀

shutterstock_380327731

横須賀市は海と山に囲まれ、豊かな自然を楽しむことのできる町です。東京都心に一時間程度で行けるアクセスの良さから、利便性に優れた立地でもあります。

横須賀市は企業向けに5年間の課税免除を行うなど、企業誘致を積極的に行っています。その結果、上場企業の映像・音響機器メーカーのJVCケンウッドなど2社が今後横須賀市内に本社を移すことが決まっています。

横須賀市は、人口減全国一を経験した市だからこそ、積極的な企業誘致や若年層への支援を行っているのです。働いたり生活したりする街として、横須賀市を候補の一つに加えてみてもいいのではないでしょうか。横須賀出身の方は人生設計にUターンを組み込むのもおすすめです。

 

不用品片付けや引っ越しのおすすめサイト

1.ietty

ietty(イエッティ)はオンラインの不動産サイトです。

物件選びから内見の予約までチャットでやりとりできるので、何回も不動産行く必要がなく、効率的に部屋選びができます。

利用料は基本無料ですので、もし部屋を探してる方はまずは登録してみることをオススメします。

ietty公式サイト

2.エコノバ

エコノバは不用品の片付けをする業者を比較するサイトです。

会員登録不要で査定も無料で行うことができます。

エコノバの無料査定はこちら

あわせて読みたい