神奈川県の人口、歴史|市町村人口ランキング、経済、労働人口

神奈川県には大都市が多く、労働人口も多い県です。共働き率は低いですが、平均年収は高い地域です。神奈川県は鎌倉など、中世から地名が登場する地域をもつ県です。現在は3つの政令指定都市をもつ経済規模の大きな県になっています。この記事では、神奈川県の歴史や都市、経済規模、労働力人口、平均年収や共働き率についてまとめました。

神奈川県の歴史は?

shutterstock_368151071

現在観光地となっている鎌倉は、源頼朝により初めて幕府が開かれた地です。

 

鎌倉幕府

「鎌倉幕府」が開かれたことにより、日本は朝廷・貴族が支配する国から武士が支配する国へと変わりました。

鎌倉は鎌倉幕府の所在地として武家政治の中心地となりました。

 

戦国時代:北条氏

戦国時代には小田原城を拠点とする北条氏が関東の覇者となり、小田原は関東最大の都市となりました。

小田原城の天守閣は現在江戸時代の設計図をもとに復元され、歴史資料の展示室になっています。

 

横浜の発展

鎖国をしていた江戸時代、「神奈川を含む5港の開港」などの条件を盛り込んだ日米修好通商条約(1858年)により、小さな漁村であった横浜が急速に発展しました。

横浜市立の小中学校は開港記念日として定められている6月2日は学校が休みで、今でも市民の記念日となっています。

 

1923年9月1日の関東大震災では、小田原と三浦半島の直下が震源となったことから、大きな被害を受けました。

 

神奈川県の人口と市町村人口ランキング

shutterstock_131825981

神奈川県全体の人口は全国2位

「神奈川県人口統計調査結果」によると、平成28年4月1日現在の神奈川県の人口は

  • 912万9317人

で、東京都に次いで全国2位です。

 

神奈川県市町村人口ランキング1位は政令指定都市の横浜

神奈川県の県庁所在地は横浜市で、

  • 人口:327万6167人

です。

 

横浜市は政令指定都市であり、日本の市町村の中で最も人口が多い都市となっています。

 

政令指定都市は地方分権の推進を目的とした地方都市制度であり、様々な特権が付与されます。

横浜市は、最初に政令指定都市に指定された5つの市のうちの1つです。

 

市町村人口ランキング2位は川崎

神奈川県で人口が二番目に多いのが

  • 川崎市:148万1270人

です。

川崎市も横浜市と同様に政令指定都市で、非県庁所在地の都市では最も人口が多い都市です。

 

市町村人口ランキング3位は相模原市

人口が三番目に多いのが

  • 相模原市:72万0914人

で政令指定都市です。

 

神奈川県は日本で唯一、3つの政令指定都市がある県なのです。

 

神奈川県の経済規模は?

shutterstock_374585728

神奈川県のホームページによると、平成25年度の神奈川県総生産額は

  • 30兆2185億円

で、マレーシアやシンガポールの国内総生産に匹敵します。

 

国内総生産とは?

国内総生産とは、GDPとも呼ばれる経済指標の1つで

  • 「一定期間に国内で生み出された付加価値の合計金額」

を意味します。

 

付加価値とは仕事をすることで生み出される価値のことです。

つまり国内総生産とは、一定期間内に特定地域の人々が新たに生み出した価値ということになります。

 

横浜だけでハンガリーのGDPに匹敵

神奈川県の県庁所在地である横浜市の平成23年度の総生産額は

  • 12兆3399億円

であり、横浜市だけでハンガリーやクウェートのGDPに匹敵します。

 

神奈川県が1年間で生み出すことのできる価値は、アジアや中東、ヨーロッパの国に匹敵するほど大きなものなのです。

 

神奈川県の労働力人口

shutterstock_401342968

神奈川県の労働力人口

「神奈川県労働力調査結果」によると、神奈川県の労働力人口は

  • 約481万人

です(平成27年現在)。

 

労働力人口とは、15歳から64歳までの生産年齢人口のうち、労働可能とされる人々の人口です。

神奈川県民のおよそ50%が労働力人口ということになります。

 

神奈川県の労働力人口は前年に比べ3000人の減少となりましたが、東京都に次いで全国2位を保っています。

 

神奈川県の平均年収は?

shutterstock_275372009

年収、給料など賃金情報ポータルサイト「年収ラボ」によると、平成25年度の神奈川県の平均年収は

  • 525万円

です。

全国で東京都に次いで2番目に高い数字です。

 

ただ、総務省統計局の「都道府県別消費者物価指数」によると、神奈川県は東京都に次いで2番目に物価が高い県でもあります。

神奈川県は平均年収が高いものの、物価も高い県ということになります。

 

神奈川県の共働き率は?

shutterstock_155651105

地域特化型情報サイト「けんみん」によると、2010年の神奈川県の

  • 共働き率:46.72%

で、全国で3番めに低い数字です。

 

共働き率の全国平均は

  • 57.79%

で、東北地方や中部地方、中国地方などに共働き率が高い傾向にあります。

 

生活面のサポートを受けづらい大都市

地方と比べて親戚や近所から生活面のサポートが受けづらい大都市周辺は共働き率が低い傾向にあります。

 

特に人口が多い神奈川県は待機児童も全国に比べて多く、主婦や主夫が働きに出れない環境も共働き率が低い理由の1つです。

 

人口や経済規模は大きいが、共働きは少ない

shutterstock_77783278

神奈川県は共働き率が低いですが、労働人口が多く、経済規模が大きい県です。

現在は待機児童の問題がありますが、今後この問題が改善するにつれて神奈川県の共働き世帯も増えていく可能性が高いです。

 

神奈川県で生活することを考えている方は、共働きができないかもしれない可能性を考えてキャリアプランやマネープランを考えることがオススメです。

 

経済規模が大きい分生活コストもかかる県なので、生活水準をどの程度に設定するかも併せて考えてみてくださいね。

 

不用品片付けや引っ越しのおすすめサイト

1.ietty

ietty(イエッティ)はオンラインの不動産サイトです。

物件選びから内見の予約までチャットでやりとりできるので、何回も不動産行く必要がなく、効率的に部屋選びができます。

利用料は基本無料ですので、もし部屋を探してる方はまずは登録してみることをオススメします。

ietty公式サイト

2.エコノバ

エコノバは不用品の片付けをする業者を比較するサイトです。

会員登録不要で査定も無料で行うことができます。

エコノバの無料査定はこちら


カテゴリー