20代の転職

27歳での転職、面接のゴールや準備は?気をつけるポイントは?

この記事の結論は「転職の面接のゴールは企業側のニーズと応募者の能力やニーズをすり合わせること。相手のニーズに合わせて自分をプレゼンすること、自分の能力やニーズを明確に伝えられるように整理して臨む」です。書類選考に通過して面接に進むことが決まったのに、具体的にどのような準備をしたらよいか迷っている求職者の方は少なくないのではないでしょうか。この記事では面接のゴール、面接に向けた事前準備、面接で意識するべきポイントについてまとめました。(監修: 株式会社キープレイヤーズ代表取締役 高野秀敏氏)

27歳での転職、意識して伝えるべきポイントは?

shutterstock_49115863

中途採用市場では27〜28歳を中心とする20代後半から30代前半の年齢層のニーズが最も高いといわれています。これは、27歳前後のビジネスパーソンが

  • 基本的なビジネススキル
  • 責任のある役割の経験
  • 変化に対応する柔軟性

の3つの要素を兼ね備えていることが背景にあります。

この3つの要素を持っていることは20代後半から30代前半の年齢層における中途採用の大前提ですし3つの要素のうちどれか一つでも欠けている場合は、面接のステップに進むまでに身につけておくことをオススメします。自信がない方は転職のタイミングを変えてでも身につけるべき能力や経験です。

 

27歳での転職、面接のゴールは?

shutterstock_259988072

面接のゴールには「企業視点」と「応募者視点」の2つがあリます。

企業視点でのゴールは「応募者が自社の人材要件を満たしており、入社後の活躍が見込める」ことです。応募者視点でのゴールは「応募した企業での仕事が自身の希望する要件を満たしており、入社後のキャリアアップが見込める」ことです。

上記を踏まえると面接におけるゴールは「企業側のニーズと応募者の能力やニーズのすり合わせ」ということになります。応募者は「企業側が求める能力を持っており、転職がキャリアアップに繋がる可能性が高いと合意する」のが面接で目指すべきゴールです。

応募者はこのゴールを達成するために、面接前の準備をすすめてください。

 

27歳での転職、面接の流れは?

shutterstock_299511731

一般的に、面接は以下5つのプロセスで進みます。

  1. 自己紹介
  2. キャリア確認
  3. 転職理由
  4. 志望理由
  5. 質疑応答

状況によって順番が入れ替わる場合があるかもしれませんが、この流れに沿って面接のイメージを整理しておくことをオススメします。面接のゴールにたどりつくために、面接で話す内容を事前に整理するのは必ずするべきです。

 

27歳での転職、面接官が確かめたいポイントは?

shutterstock_230859523

前項の各ステップで話す内容を整理するためには、面接官が「何を知りたいか」「何を確かめたいか」を想定します。

企業にとっての面接の目的は「応募者が自社の人材要件を満たしており、入社後の活躍が見込める」ことを確かめることです。この目的を果たすために

  • 能力確認:応募者を採用した際に、本当に活躍することができるか
  • 転職理由:応募者の転職理由は、自社に入社することで解決するか
  • 志望理由:応募者が望んでいるキャリアは、自社で叶えられるか

という3点に関心を持ちます。

企業側の関心に応えることを意識しながら、面接の各ステップで伝えるべき内容を整理するのが正しい手順です。

 

27歳での転職、面接で伝えることや気をつけることは?

shutterstock_307999847

この項では、面接の各ステップで伝える内容と気をつけたいことについてまとめました。

 

自己紹介

自身のこれまでの経歴を1分程でまとめてください。企業のニーズに関連しそうな経歴や自身の希望するこれまでのキャリアや志望先に興味をもった理由を伝え、その後の質問につなげることをオススメします。

アピールすることに気をとられて長くなり過ぎないように気をつけてください。「まずは自己紹介をしてください」といわれたら1分以内で終わる内容を準備しておきましょう。

 

能力確認

企業側は応募者を観て「これまでの経歴や持っている能力が入社後に役立つか」を判断したいです。

採用担当者が「経歴や能力が役に立つ」と判断する可能性が高い経歴を話せるよう、準備してください。詳細を話そうとしすぎて、冗長すぎるプレゼンになったり、関係のない経歴を話したりしないように注意してください。マイナス評価に繋がることが多いです。

 

転職理由

応募者に求められているのは「転職理由を明確に伝えること」です。企業は、応募者の転職理由になっているニーズを満たせるのであえれば採用したいし、そうでなければ採用するのはお互いのためにならないと考えています。

例えば「30歳までにマネジメントを経験したい」というニーズを持っている転職者に、「30歳までにマネジメントポジションを準備できない」という状況にある企業は、率直にそのことを伝えるべきだからです。それでも良いなら前向きに話を進めるべきですし、そうでないならそこでやりとりを終えるのがお互いのためになります。

お互いが本音や現場の実情を伝えないままに実現する転職ほど、入社後の不一致が起こりやすいのです。応募者側は入社後の不一致を解消するためにも、転職したい理由を正直に伝えるべきなのです。

ただ、不満を感じている事実を不満の形式のまま伝えないように注意してください。今後の目標につながるような表現に置き換えることが大切です。関連記事を参考に、転職理由はマイナス表現をプラス表現に置き換えて整理してくださいね。

 

志望理由

「応募者が望んでいるキャリアは自社のニーズに沿ったもの」と採用担当者が判断する情報を提供してください。

「この企業に入社することが自分のキャリアにとって最適である」と考える理由を伝えてください。理由は、企業のニーズと接続して、わかりやすく明示してください。採用担当者が納得するまで自分の考えを伝えましょう。

 

質疑応答

shutterstock_250826101

面接官から聞かれる質問

事実をベースにした話をしてください。

同じ事実でも「応募者が自社の人材要件を満たしており、入社後の活躍が見込める」という採用担当者の目的にポジティブなイメージになるような話のほうが価値があります。この観点でストーリーを選んで、自分の言葉で語ってくださいね。

 

応募者が面接官に聞く質問

疑問に感じているポイントで本質的な質問をしてください。

「応募要項からはわからないこと」「ホームページやIR資料ではわからないこと」であることは大前提であり、面接のこのタイミングで質問をする意味がある質問をし、質問内容そのもので自分をアピールするべきです。

IRが公開されている企業であれば「過去の業績はこういう推移と拝見しましたが、3年後、5年後はどのような計画をたてていますか?」「その計画を達成するために採用担当の◯◯さんが感じる課題はなんですか?」など、自分が企業を判断するつもりで質問をしてください。

失礼にならないよう配慮はしてほしいですが、遠慮をする必要はありません。この質問に的確に答えて応募者の入社意向度を高めるのは、採用担当者の仕事なので、遠慮なく聞いてくださいね。

 

27歳での転職、面接での伝え方は?

shutterstock_294787721

採用担当者は「なぜこの応募者を次のステップに進めるのか」という情報を、面接終了後に社内で共有するのが仕事の一つです。「自分の話を面接官の頭やメモに残しやすくする」という配慮が必要です。

面接で話をする際は、採用担当者が聞きたいと感じる順番で話をすることがポイントになります。「結論→理由→エピソード」という順番で話を進めるのがオススメします。

複数のエピソードを話す場合は、深掘りして欲しいエピソードから伝えてください。初めは簡潔に話し、採用担当者の質問から関心事を察して追加で詳細な情報を提供していくスタイルが大切です。高度なスキルですので、練習を忘れずに。

 

事前準備が大切

shutterstock_276597215

この記事を読んだ方へのアクションアイテムは

「面接で話す内容を事前に整理し、面接のステップそれぞれで伝えるべきことを準備する」です。

面接で採用担当者が目指すべきゴールを知ることで、関心事はどこにあるのか把握することができます。面接で話す内容を各ステップごとに整理し、採用担当者の関心事に答えられているかチェックしてください。

面接は自分をプレゼンテーションする場です。あらかじめ伝える内容を用意し、面接では伝え方だけに集中して臨んでくださいね。

オススメの転職エージェント

リクルートエージェント
リクルートが運営する転職エージェント。リクルートエージェントならではのサービスが充実。転職に便利なコンテンツが無料で使い放題。非公開求人は90%。
あわせて読みたい

カテゴリー