転職

27歳での転職、職務経歴書の作り方3つのポイント

職務経歴書は第一印象が大切です。相手に読みたいと思わせる書類を作るには3つのポイントがあります。27歳前後で転職をしようと思っているビジネスパーソンの中には、職務経歴書の作成の仕方で悩んでいる方もいるのではないでしょうか。この記事では、職務経歴書を作成するときに注意したいポイントについてまとめました。(監修: 株式会社キープレイヤーズ代表取締役 高野 秀敏 氏)

27歳での転職、職務経歴書の作り方3つのポイント

  • アピールする
  • 構造化する
  • シンプルに書く

27歳での転職、職務経歴書のポイント1「アピールする」

shutterstock_370520360

企業側が職務経歴書の提出を求める理由は、求職者が企業に必要なスキルやキャリアを持っているか判断するためです。

 

職務経歴書に職務経歴や自己PRなどの基礎情報は必要です。

ただそれよりも大切なのは、職務経歴や自分の強みが志望先企業にどのように役立つかを具体的にアピールすることです。

 

「自分の職務経歴やストロングポイントが企業の求める人材像とマッチする」ことを意識的に記述することをオススメします。

 

「企業が求める人材像と一致する」とアピールすることで、採用担当者は

求職者が企業にとって必要な人材

だと判断しやすくなるからです。

 

27歳での転職、職務経歴書のポイント2「構造化する」

shutterstock_380869822

職務経歴書で多くのことをアピールしようとすればするほど、文字量が増えます。

文字量が多いのに構造化されていなければ、どこにどんな内容が書いてあるか一目見ても判断がつきませんよね。

 

文章を構造化することで、採用担当者が知りたい情報をすぐに見つけられるよう工夫をしてあげてください。

具体的には、

  • 経歴要約
  • 会社概要
  • 職務内容
  • 実績
  • 保有資格
  • 自己PR

といった項目に分けて書くのがオススメです。

必要に応じて時系列順の表や箇条書きを活用すると、簡潔にわかりやすく書くことができますよ。

 

文章を構造化して見やすい職務経歴書を作ることで、採用担当者は少ない時間で内容を把握できるようになるのです。

 

27歳での転職、職務経歴書のポイント3「シンプルに書く」

shutterstock_345950657

職務経歴や自己PRを詳細に書こうとするあまり、文章が長くなってしまうことがあります。

 

採用担当者はたくさんの応募書類に目を通さなければならない立場の方です。

つまり、長い文章は最後まで見てもらえないこともあるのです。

採用担当者が短時間で要点を把握できるよう、配慮して文章を書いてくださいね。

 

文章は簡潔に要点がわかるように。

文章が長いと感じる場合は推敲が必要です。

 

自分一人で推敲ができない場合は、

  • 信頼の置ける同僚や先輩に見てもらう
  • 転職エージェントにアドバイスをもらう

のどちらかの方法で推敲してもらうのがオススメです。

 

第三者を交えて文章を磨くことで客観的な視点が入り、より見やすい文章制作に繋がるのです。

 

職務経歴書は第一印象が勝負をわける

shutterstock_311443724

この記事を読んだ方にオススメのアクションアイテムは

3つの注意点をすべて守った職務経歴書を書いてみる

です。

 

職務経歴書は第一印象が大切です。

一目見てわかりにくいものは最後まで見てもらえないと思ったほうが現実に即しています。

書類作成のときは、相手に読みたいと思わせる工夫、配慮をして文章を書くのがポイントなのです。

 

この記事でこれまでにまとめた通り、

  • アピールするポイントを明確にして書く
  • 必要な情報をすぐ取得できるよう、構造化して書く
  • シンプルに書く

の3つのポイントをおさえてください。

 

職務経歴書の第一印象がよくなります。

第一印象が良くなれば、多くの応募書類のなかから採用担当者の目に止まる確率を高めることができますよ。

 

職務経歴書をサポートしてくれる転職エージェント

転職エージェントの中には、職務経歴書対策に力を入れているところもあります。もし職務経歴書に自信がない人は、登録を検討してみてください。

 

ワークポート

ワークポートでは履歴書の書き方のサポートを行っており、30分程度で履歴書を作成することが可能です。また、ワークポート社内に証明写真機が設置されているので、相談に行ったときに証明写真を取ることもできます。

ワークポートについては、「ワークポートを徹底解説!転職エージェントはどこを利用すべき?」にくわしくまとめてあります。

 

パソナキャリア

職務経歴書 / 履歴書には、様々な項目があります。書類の書き方から、志望動機などのこちらの考えを交えながら書く必要がある項目まで、面接官目線で目に留まるような書き方を教えてもらうことができます。

パソナキャリアについては、「パソナキャリアを徹底解説!特徴、デメリット、おすすめの人は?」にくわしくまとめてあります。

 

年代別で選ぶ転職エージェント

自分の「年代」によって選ぶべき転職エージェントも変わってきます。自分の年齢により特化している転職エージェントを選びましょう。

 

20代

20代におすすめの転職エージェント全15選!選び方は?そもそも使ったほうが良い?転職サイトとの違いは?」では、『20代全員におすすめ』『20代で正社員に挑戦したい人やはじめての転職におすすめ』『20代でキャリアアップの転職をしたい人におすすめ』『20代の女性におすすめ』の4つに分けてご紹介しています。

また、【徹底比較】第二新卒の転職におすすめの転職エージェント10選と活用のポイント」では、第二新卒の方にぴったりな転職エージェントを紹介しています。

 

30代

30代におすすめの転職エージェント14選!選び方、使い方、転職実態、年代による違いについても解説」では、30代全員におすすめの転職エージェントの他に、正社員未経験もしくはブランクが長い場合や、マネジメント経験がない場合とある場合、女性の場合に分けて、おすすめの転職エージェントを紹介しています。

 

あなたの適正年収はいくら?

もし今後年収をあげていきたいと感じているなら、まずはご自身が今どれくらいの市場価値があるのかを知る必要があります。

市場価値を知るには転職エージェントに登録するのが1番の手段です。転職エージェントは登録した人に適切と思われる案件を送ってくれるので、自分の市場価値を送られてくる案件から判断することが出来ます。

登録自体は無料です。

ただ、転職エージェントにも相性があります。転職エージェントの傾向や、担当者の力量によって転職が左右されるともいわれています。自分に合ったエージェントに出会うためにも、傾向をみながら複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

 

BraveAnswer編集部では、キャリアに関するご相談を受け付けております。

  • 今後のキャリアが不安
  • 自分を変えたいが、何から始めたらいいかわからない

といった、具体的なアクションが明確でない人でも大歓迎です。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

BraveAnswer編集部が考える転職については「転職とは何か。」にまとめてあります。転職をする前に、そもそも転職とはなにか、考えてみてください。

 

BraveAnswerでは、皆様の転職エージェントの評価や感想を集めております。こちらのフォームに従って、感想を教えていただければ幸いです。ご協力のほど、よろしくお願い致します。

 

あわせて読みたい