転職

第二新卒の転職、面接で注意したい3つのポイント

第二新卒の転職での面接は基本準備が大切です。面接官によっては第二新卒に偏ったイメージを持たれることもあります。第二新卒の転職においては面接時の質問の準備などポイントがあります。この記事では、第二新卒の転職での面接で注意すべき3つのポイントについてまとめました。第二新卒での転職で、面接を間近に控えた方にオススメの記事です。(監修: 株式会社キープレイヤーズ代表取締役 高野 秀敏 氏)

 

第二新卒の転職、面接での注意点1「基本準備の徹底」

shutterstock_399955852

第二新卒の転職での面接では、

  • 自己紹介
  • 職務経歴
  • 強み
  • 志望動機
  • 転職したい理由

の5つの質問は必ず聞かれると思ってあらかじめ準備することをオススメします。

 

転職時の面接での質問は、この5つにほぼ100%集約されます。

関連記事を参考にしながら、基本的な質問に対する準備を徹底してください。

 

面接準備の5つのポイント

事前準備は、

  • 情報収集をする
  • 想定質問と回答を準備する
  • 求められていることを答える
  • 服装と見た目を整える
  • 練習をする

の5つのポイントを守ると失敗する確率が減ります。

 

こちらも関連記事にまとめているので、基本的な事前準備に役立ててください。

面接は一回勝負、挽回のチャンスはありません。

 

本番で失敗しないためには、徹底した事前準備が大切なのです。

5つのポイントについては、「転職の面接で聞かれることは?必ず準備したい5つの質問への回答」「転職の面接で失敗しないための5つのポイント」にて、より詳しく紹介しています。

 

第二新卒の転職、面接での注意点2「面接官を観察する」

shutterstock_397015894

転職市場における第二新卒採用は年々活発になっており、企業の採用ニーズは高まっています。

 

ただ第二新卒という名前にもひっぱられ、「新卒に数年の経験がついた程度」という認識をしている面接官もいます。

 

多くの面接官は第二新卒を一人の転職者としてリスペクトしていますが、なかには「20代後半〜30代の転職者に比べたら実績はないのだろう」という印象を持っている人もいます。

30代後半以降の方からすれば、第二新卒はまだまだ学生と大差なく見えてしまうこともあるのです。

 

面接官の心理を知り謙虚に

これまでのキャリアで大きな実績を出してきたとしても、このような面接官の心理を事前に知ったうえで謙虚に語るのがポイントです。

 

第二新卒は、キャリアの一社目をたった数年で辞めたがっている「我慢ができない人」という見方もあるのです。

 

「数年社会を経験しただけで、大きな実績もない我慢ができない若者」という見られ方をされたとしても、面接官の心情を理解して、謙虚さを忘れないでアピールするスタンスを忘れないでください。

 

自己PRのポイント3つについては、「第二新卒の転職、自己PRや志望動機の伝え方の3つのポイント」をご覧ください。

 

 

第二新卒の転職、面接での注意点3「要求はエージェント経由」

shutterstock_394222975

第二新卒なので、どんなに優秀でもそれはポテンシャルを評価されていることがほとんどです。

 

最初に入社した会社を数年でやめた状況で年収の大幅アップを望むのは高望みといえます。

 

この距離感は難しいです。

 

待遇の要求をどうするかが難しい

面接官が「採用しても良い」と思っても、適切でない給与や待遇を求めるとそれだけで評価が下がったり、採用が見送りになったりすることもあります。

ただ、給与や待遇を要求をしないと、企業側の意向が色濃く反映され、自分の望みが通らないこともあります。

 

このようなやりとりに自信がない人は、転職エージェントを活用した転職がオススメです。

 

転職エージェントは、客観的評価から「どれだけの年収や待遇が見込めるか」の相談に乗ってくれて、代わりに待遇交渉もしてくれます。

デリケートな話は転職エージェントに任せると決めて、自分自身は面接に集中してくださいね。

 

第二新卒の市場価値は発展途上

shutterstock_345244388

どんなに優秀な人材でも、第二新卒は原則ポテンシャル採用枠です。

面接官のなかには一人前である前提での主張や要求は快く思わない人もいます。

 

謙虚な姿勢を崩さず、要求は転職エージェントを活用するなどして、主張するべきことは主張してください。

 

ただ、自分はまだ発展途上であることも受け入れて、年収アップにはあまり固執しないのが採用への近道です。

年収に関しても、転職エージェントに事前相談すれば実現可能性や増額幅もある程度わかるのでオススメです。

 

準備がすべて

shutterstock_353109098

この記事を読んだ第二新卒での転職で面接を間近に控えた方にオススメのアクションアイテムは

  • 面接での3つの注意点を理解して、面接の練習をする

です。

 

この記事で紹介した3つの注意点は、いずれも理解していればあらかじめ準備しておけるものばかりです。

面接の前にしっかりと準備をしておいてください。

 

面接のイメージトレーニングや、信頼できる同期や先輩に手伝ってもらいながらのロールプレイングがオススメです。

 

面接は一発勝負です。

自信がないと、雰囲気に圧倒されて思うように話すことができません。

 

しっかりと準備をして繰り返し練習することで、自信を持って面接に臨むことができます。

 

 

サッカーの本田圭佑選手も「勝負を決めるのは事前準備がすべて」と語っているように、どれだけ準備に心血を注げるかで、結果は変わります。

準備に悔いを残さず、いいイメージで面接に臨んでくださいね。

 

面接をサポートしてくれる転職エージェント

転職エージェントの中には、面接対策に力を入れているところもあります。もし面接に自信がない人は、登録を検討してみてください。

 

パソナキャリア

模擬面接など、実際に行われる面接を想定して面接対策をしてくれます。面接官にいい印象を与えるようなテクニックも教えてもらえるので、面接に自信を持つことができます。

パソナキャリアについては、「パソナキャリアを徹底解説!特徴、デメリット、おすすめの人は?」にくわしくまとめてあります。

 

第二新卒エージェントneo

もし第二新卒での転職を考えているのなら、第二新卒エージェントneoがおすすめです。担当のキャリアアドバイザーと企業担当の方から、面接する企業の情報を教えてもらうことができます。企業担当の方は実際に企業を見てきているので、どのような人材がほしいのか、という視点から、面接の対策をしてくれます。

第二新卒エージェントneoについては、「第二新卒エージェントneoとは?利用するメリットとデメリットは?利用する際のポイントや流れについても解説!」にくわしくまとめてあります。

 

DYM就職

既卒や未経験での転職を考えている人は、DYM就職の登録を検討してみてください。正社員の就職を目指す人をターゲットにしているエージェントで、書類選考なしの案件を多く取り扱っています。面接の際に企業からよく聞かれる質問や傾向などを教えてもらえるので、面接対策もしっかりすることが可能です。

DYM就職については、「DYM就職ってどんなエージェントなの?フリーターから正社員になる最強の方法教えます」にくわしくまとめてあります。

 

 

年代別で選ぶ転職エージェント

自分の「年代」によって選ぶべき転職エージェントも変わってきます。自分の年齢により特化している転職エージェントを選びましょう。

 

20代

「20代全員におすすめ」「20代で正社員に挑戦したい人やはじめての転職におすすめ」「20代でキャリアアップの転職をしたい人におすすめ」「20代の女性におすすめ」の4つに分けて、「20代におすすめの転職エージェント全15選!選び方は?そもそも使ったほうが良い?転職サイトとの違いは?」にて詳しく紹介しています。

また第二新卒については、「【徹底比較】第二新卒の転職におすすめの転職エージェント10選と活用のポイント」に詳しく紹介しています。

 

30代

30代全員におすすめの転職エージェントの他に、正社員未経験もしくはブランクが長い場合、マネジメント経験がない場合とある場合、女性の場合に分けて、おすすめの転職エージェントをまとめて「30代におすすめの転職エージェント14選!選び方、使い方、転職実態、年代による違いについても解説」にて詳しく紹介しています。

 

あなたの適正年収はいくら?

もし今後年収をあげていきたいと感じているなら、まずはご自身が今どれくらいの市場価値があるのかを知る必要があります。

市場価値を知るには転職エージェントに登録するのが1番の手段です。転職エージェントは登録した人に適切と思われる案件を送ってくれるので、自分の市場価値を送られてくる案件から判断することが出来ます。

登録自体は無料です。

 

ただ、転職エージェントにも相性があります。転職エージェントの傾向や、担当者の力量によって転職が左右されるともいわれています。自分に合ったエージェントに出会うためにも、傾向をみながら複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

 

BraveAnswer編集部が考える転職については「転職とは何か。」にまとめてあります。転職をする前に、そもそも転職とはなにか、考えてみてください。

 

BraveAnswerでは、皆様の転職エージェントの評価や感想を集めております。こちらのフォームに従って、感想を教えていただければ幸いです。ご協力のほど、よろしくお願い致します。

 

あわせて読みたい