外資系

外資系企業に就職・転職するメリットは?

外資系企業に就職・転職するメリットは3つある。外資系企業は将来的なキャリアの選択肢を広げることができる。「外資系企業は実力主義」とよく言われます。マイナス面がピックアップされがちですが、もちろん入社するメリットもあります。あなたは外資系にどんなメリットを感じますか?この記事では外資系企業に就職・転職するメリットをまとめました。

外資系企業に就職・転職するメリットは?

shutterstock_353109098

就職活動、転職活動をしている方の中には「外資系企業は敷居が高い」と考える人もいるのではないでしょうか。

 

外資系企業に入社するメリットは3つあります。

3つのメリットを基に、自分のキャリアに外資系企業が合うか検討してみてください。

 

外資系企業に就職・転職する3つのメリット

  • 自分の望むキャリアパスを追求できる
  • 昇給や昇進のスピードが早い
  • キャリアパスを広げるチャンスが多い

 

外資系企業に就職・転職するメリット1「主体的にキャリア形成ができる」

shutterstock_397015894

外資系企業には、日本企業のように「定期異動」や「望まない異動」がない場合が多いです。

 

日本企業では、若手のうちは部署や地域、職種をローテーションしてゼネラリストとしてのキャリアを与えるケースが多いです。

 

勤務すればするほどその会社のやり方にあらゆる軸から学べるので、逆からみると他の会社でも活かせる専門性はつきづらいのが特徴です。

日本企業型のキャリア形成は良くも悪くも同じ職場で長く働くことを前提とした制度といえます。

 

外資系にはこの考えをもっている会社がほとんどないので、自分で主体的にキャリア形成ができます。

もちろん、部署や職種を変えるタイミングと思えば、希望にあったポジションを社内外問わず自分で選んで応募できます。

 

その時の実力やポテンシャルで次の成長環境を主体的に獲得していけるのが外資系の良さといえます。

 

外資系に就職・転職するメリット2「昇給や昇進のスピードが早い」

shutterstock_361497386

外資系企業が、実力を身につけやすい環境である理由の1つが成果主義です。

成果主義で評価されれば、昇給や昇進のスピードが早いのも外資系企業の特徴です。

 

ただ、目標を達成した場合にはもらえるボーナスは上がり、昇進のスピードもあがりますが、目標を達成できなければボーナスは下がり(場合によってはゼロになり)ます。

定期昇給、定期昇進もありません。

 

待遇や昇給、昇進におけるボラティリティが高いのが外資系企業の特徴の1つです。

 

外資系に就職・転職するメリット3「多様性あふれる職場環境」

shutterstock_400992952

外資系企業は国際色豊かなため、同僚に外国人がいることも通常です。

価値観や宗教、好きな食べ物や学んだきた教育が違う人と一緒に働くのは、自分の多様性を磨く絶好の機会といえます

 

多様性あるビジネス経験はビジネスパーソンとしての器や拡げるのに役立ちます。

その意味では、外資系企業で外国人と一緒に働くだけでも、少しずつ自分の器は拡がっていくのです。

 

 

外資系に必要な能力を把握する

shutterstock_324427688

この記事を読んだ、外資系企業を志望する方へオススメのアクションアイテムは

外資系企業に求められる能力を知る

です。

 

外資系企業は日本の多くの企業とは異なるポイントが多く、求められる能力にも差があります。

外資系企業を志望するのなら、まずは必要とされる力を知ることからはじめましょう。

自分にその能力が備わっていなければ、現職や所属しているコミュニティで能力を磨くことからはじめてください。

 

実力社会なので、実力さえあれば入社できるのが外資系の特徴のひとつともいえます。

人間関係や昇給、出世に惑わされず、自分の能力を磨くことだけに集中してみましょう。

 

オススメの転職エージェント

20代、30代を主な対象とした総合型の転職エージェントです。全国の求人をカバーしており、公開求人が約5万件、非公開求人が約22万件あります。第二新卒や既卒・フリーターから、ハイキャリア・管理職まで、それぞれの属性に合った求人と出会うことができます。また独自のサービスが豊富で、企業情報の分析結果がまとめられた「AGENT Report」や、面接官の立場を体験して企業側の視点を取り入れる「面接力向上セミナー」、転職活動サポートシステムである「Personal Desktop」などがあります。

あわせて読みたい

カテゴリー