第二新卒での転職、失敗する人と成功する人の3つの違い

第二新卒での転職で失敗する人と成功する人には3つの違いがあります。転職はキャリア人生を左右する大きなイベントですから、失敗したくないですよね。この記事では、第二新卒での転職で失敗する人と成功する人の違いを3つまとめました。第二新卒での転職を検討されている方にオススメの記事です。

第二新卒での転職で失敗する人と成功する人の違い

shutterstock_410081401

第二新卒での転職で失敗する人と成功する人には、3つの違いがあります。

差を基に失敗するパターンに陥っていないか自己評価してみてください。

 

第二新卒での転職、失敗と成功の3つの違い

  • 現職での働き方
  • 企業の選び方
  • 転職活動の進め方

第二新卒での転職、失敗と成功の違い1「現職での働き方」

shutterstock_334910669

第二新卒での転職で失敗と成功を分ける最も大きな要因は「実績」です。

 

30代と比べた場合、第二新卒の実績は見劣りすることも多いです。

 

ただ、小さいながらも実績があったり、実績を出すために取り組んできた努力の姿勢がないと、企業に「いままで何をしていたのだろう」とマイナス評価をされます。

  • 失敗する人:どうせ転職するのでほどほどに現職の仕事をこなす
  • 成功する人:今の環境から学べることにこだわり、実績を出す努力をする

あなたが経営者なら、どちらの方と一緒に働きたいでしょうか。

 

自信のある実績はなくとも、「頑張った」「やりきった」といえる経験だけでも現職で積んでくださいね。

 

第二新卒での転職、失敗と成功の違い2「企業の選び方」

shutterstock_150533825

第二新卒で誇れる実績がないなか、大企業に転職するのはハードルが高いです。

大企業にこだわって転職活動を進めると、うまくいかない確率が高いです。

 

第二新卒の転職で伸び盛りの会社に入り、そこで実績をつくることをオススメします。

その上でも大企業に転職したいなら、伸び盛りの企業で作り上げた実績を基に20代後半や30代前半でチャレンジするキャリアプランがオススメです。

  • 失敗する人:大企業にこだわる
  • 成功する人:伸び盛りの企業で実績を作ることにこだわる

 

第二新卒での転職、失敗と成功の違い3「転職活動の進め方」

shutterstock_156257867

第二新卒は、20代後半や30代のビジネスパーソンと比べて

  • 実績
  • 人脈
  • 業界知識

が少ない場合が多いです。

 

独力で転職活動を進めると、転職の判断材料が集まらずに失敗する確率が高まります。

 

  1. 社内の実績や知識がある先輩
  2. 社外の信頼している先輩
  3. 優秀な転職エージェント

自分をサポートしてくれるプレイヤーを見つけてください。

自分に足りないものを人に頼って補うのは仕事の基本のひとつです。

 

周囲をサポーターで固めることで、成功率を高めることができますよ。

  • 失敗する人:自分のちからだけで転職活動をすすめる
  • 成功する人:周囲を頼って自分に足りない部分を補う

 

成功する行動に変える

shutterstock_101575579

この記事を読んだ第二新卒での転職を検討している方にオススメのアクションアイテムは

失敗する人と成功する人の3つの違いに自分を当てはめる

です。

 

転職に失敗する人と成功する人の差は

  • 「現職での働き方」
  • 「企業の選び方」
  • 「転職活動の進め方」

の3つです。

この3つについて、自分は失敗する人と成功する人、どちらの行動をしているでしょうか。

 

失敗する人と同じような、親しい行動をしている人は、成功する人の行動に変えてくださいね。

 

 

あなたの適正年収はいくら?

もし今後年収をあげていきたいと感じているなら、まずはご自身が今どれくらいの市場価値があるのかを知る必要があります。

市場価値を知るには転職エージェントに登録するのが1番の手段です。転職エージェントは登録した人に適切と思われる案件を送ってくれるので、自分の市場価値を送られてくる案件から判断することが出来ます。

登録自体は無料です。

 

ただ、転職エージェントにも相性があります。転職エージェントの傾向や、担当者の力量によって転職が左右されるともいわれています。自分に合ったエージェントに出会うためにも、傾向をみながら複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

各転職エージェントの特徴ごとにおすすめをご紹介します。

すべての人がまず登録すべき転職エージェント

すべての人がまず登録して間違いないのが「大手総合転職エージェント」です。求人の量・質ともに充実しているのが以下の大手転職エージェントです。

大手転職エージェントは求人の量・質が多い反面、登録している転職希望者が多いので競争が激しくなるという一面もあります。

最低でも3~4社登録しておくと安心です。

 

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは、20代の転職を専門とする転職エージェントです。年間1万7000人以上の求職者が登録をしています。所有しているすべての求人が20代を対象としており、登録者の85%以上が社会人経験3年以内の20代となっています。第二新卒で転職を考えているのであれば登録しておきたい転職エージェントです。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェントは日本最大級の転職エージェントです。一般の求人サイトには掲載していない非公開求人を10万件以上保有しています。各業界に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルにマッチした求人を厳選して紹介します。

創業は1977年で、これまでにリクルートエージェントを利用して転職した人は約37万人にのぼります。

 

doda

dodaは10万件以上の求人数を誇る、日本最大級の転職エージェントの1つです。doda限定の求人も数多く所有しています。未経験OKの求人は他の転職エージェントと比較して多くないと言われていますので、特に同業種に転職しようとしている人におすすめの転職エージェントです。

 

マイナビエージェント

マイナビエージェントが持つ求人の約80%は非公開求人で、マイナビエージェントの独占求人も多数保持しています。3年後や5年後を見据えたキャリアカウンセリングや、入社後のキャリアパスも含めて求人を考えてくれます。退職なども含めて、転職活動をトータルでサポートする転職エージェントです。

 

パソナキャリア

転職実績25万人、取引実績企業1万6000社以上の大手転職エージェントです。総合転職エージェントの中でも、特に女性の転職に強いと言われています。また、サポートが細かく丁寧であることでも評判です。未経験求人も持っているので、もし女性で第二新卒での転職を考えているのであれば登録をおすすめします。

 

今までの職務経歴に自信のない方におすすめの転職エージェント

大手では扱っていない案件も多く扱っている転職エージェントをご紹介します。登録者数が大手よりも少ないので、穴場的な求人に出会えることもあります。また、内定・入社後にもアフターフォローがあるなどキャリアアドバイザーの対応もきめ細かいという特徴もあります。

大手と一緒に登録することで効果を発揮する転職エージェントです。

 

type転職エージェント

非公開案件約80%を持つ転職エージェントです。type転職エージェントによれば、同エージェントを利用して転職した人の約71%が年収アップに成功しています。首都圏在住の方に対するサポートを行っているので、首都圏にお住まいの方で第二新卒での転職を考えている方は登録がおすすめです。

 

ワークポート

転職決定人数部門で4回連続1位を獲得したことがある転職エージェントです。元々IT業界特化型転職エージェントだったので、IT系の案件に強みを持っています。ローキャリアや未経験からのキャリアチェンジにも定評があります。

 

今までの職務経歴に自信がある人におすすめの転職エージェント

大手転職エージェントでも扱わないようなハイキャリア向けの案件を多く持った転職エージェントもあります。今後海外も視野に入れたキャリアアップを目指す方には積極的におすすめしたい転職エージェントです。

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア向けの求人を多く扱っています。その数約1万5000件です。2万5000社と取引があり、約60%は非公開求人となっています。アジアを中心とする外資系企業にも強みを持っているので、今後のキャリアとして海外も視野に入れたい人にはおすすめの転職エージェントです。

 

BraveAnswer編集部では、キャリアに関するご相談を受け付けております。

  • 今後のキャリアが不安
  • 自分を変えたいが、何から始めたらいいかわからない

といった、具体的なアクションが明確でない人でも大歓迎です。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

BraveAnswer編集部が考える転職については「転職とは何か。」にまとめてあります。転職をする前に、そもそも転職とはなにか、考えてみてください。

 

BraveAnswerでは、皆様の転職エージェントの評価や感想を集めております。こちらのフォームに従って、感想を教えていただければ幸いです。ご協力のほど、よろしくお願い致します。

 

あわせて読みたい

カテゴリー