第二新卒とは?意味や定義は?相性の良い業種や職種は?年齢制限は?

この記事の結論は「第二新卒の意味は企業によって異なる。第二新卒での転職をしたい人こそ現職で最低3年間は仕事に打ち込み、成果を出すのが理想的」です。第二新卒での転職者は増加傾向にあり、企業側の採用ニーズも高まっています。この記事では、第二新卒の意味や相性のいい業種や職種、年齢制限についてまとめました。

第二新卒とは?意味や定義は?

shutterstock_128631623

20代のための転職支援サービス「マイナビジョブ20’s」によれば、第二新卒とは一般的に、「学校を卒業後就職をしたが数年以内に離職し、転職活動をする若手求職者」を指します。

多くの場合、卒業後1~3年程度の求職者を第二新卒と呼んでいます。おおまかな区分として、卒業後3年程度を「第二新卒」20代を総称して「若手」とすることが多いです。

この区分は一般論なので、法律などで決められたものではありません。そのため、企業によって表現自体が曖昧であったり、明確に年齢で区切っていたりします。

転職サイト「エン転職」によると、第二新卒に該当する人の割合は年々増加傾向にあり、新卒就職者の30%が3年以内に最初の会社を退職します。また、企業側の新卒採用時期の変化、一括採用(卒業した年の4月から雇用する従来の新卒採用)モデルの変化など様々な要因から、今後も一定の割合で第二新卒層が発生すると予想しています。

第二新卒として転職したい人の増加にともない、企業側の採用ニーズも増加しています。志望する企業に第二新卒での入社を希望している場合は、自分は第二新卒に当てはまるか直接問い合わせてみることをオススメします。

 

第二新卒に相性が良い業種や職種は?

shutterstock_307383305
第二新卒での転職と相性が良いのは、現職と職種が同じ場合です。

現職での経験を活かすことができるからです。業種が違った場合でも、業界の知識はあとから付けることは比較的簡単ですが、職種の経験を後から身につけさせるのは難易度が高いのです。

職種が異なる場合は、業種に関わらず転職のハードルは上がります。知識は持っていても、実務自体はほとんど現職の経験を活かすことができないからです。もし業種をまたいで第二新卒で転職をする場合、新卒と同じ待遇でも構わないという覚悟が必要です。

 

職種を変える転職は第二新卒がラストチャンス

現職と異なる職種に転職できるチャンスは第二新卒が最後と思ったほうが現実的です。

第二新卒はポテンシャル重視で採用してくれますが、中途採用の基本は即戦力の獲得だからです。もし本当に転職したい企業があれば、業種や職種に関係なく挑戦するのも選択肢の1つですが、最初の好待遇は諦めましょう。「アルバイトや非正規雇用でも良い」というスタンスでなんとか入り込み、入社後に成果をあげて、後から待遇をあげるという順番が基本セオリーです。

まずは3年間、最初の仕事で全力を尽くす

どのような業界や職種で転職するにしても、最低3年間は現職での仕事のキャリアを積むのがオススメです。転職の際には「現職での成功体験や獲得できたスキル」が極めて重要視されるからです。

業界、職種を変えるにしても「現状の経験や知識を持っていることを強みとして異業界、異職種に挑戦してきてくれた人」という評価を得られれば、転職がしやすくなります。また、現職を1年や2年で辞める決断をした人は志望先企業から「うちに来ても1年や2年でやめちゃうのではないか?」というレッテルを貼られやすいのもマイナスポイントです。

現職で最低3年間キャリアを積むことで

・業界の知識
・職種の知識
・3年は一つのことを続けた人としての信頼

の3つを獲得してから、第二新卒として転職するのが最も効果的なキャリア形成プロセスといえます。

第二新卒に年齢制限はある?

shutterstock_410000497

前述のとおり第二新卒という言葉には法律としての定義はありません。企業によって定義は異なります。

「第二新卒は25歳まで」と決まっている企業もあれば「新卒と同じ待遇で良ければ20代は第二新卒」とする会社もあります。「1浪して大学に入学後、博士課程まで取得したので社会人3年目、29歳です」という方も、企業によっては第二新卒として扱われる場合もあります。

第二新卒での転職を希望している場合は、志望する企業に問い合わせて「第二新卒に年齢制限はあるか」の確認を行うのがオススメです。

 

現職で成功体験を作れれば理想的

shutterstock_326848943

この記事を読んだ第二新卒での転職を希望する方へのアクションアイテムは

「現職で成功体験や得意なことを作り、自分のキャリアにおける強みとした状態で転職活動をする」です。

第二新卒は企業にとって採用ニーズがある層です。また、転職マーケットでは基本できない「職種を変えた転職」ができる可能性がある最後のチャンスでもあります。

上記2点から、第二新卒での転職はキャリア形成を考える上で有効な手段といえます。ただ、転職前に現職で経験を積まなければ第二新卒という肩書は効果は薄れます。

まずは現職で成功体験を作ることに全力を注ぎましょう。転職するにせよいまの会社に残るにせよ、現職で成功体験を作ることが今後のキャリアに極めて大きなメリットを生むのです。

 

あなたの適正年収はいくら?

もし今後年収をあげていきたいと感じているなら、まずはご自身が今どれくらいの市場価値があるのかを知る必要があります。

市場価値を知るには転職エージェントに登録するのが1番の手段です。転職エージェントは登録した人に適切と思われる案件を送ってくれるので、自分の市場価値を送られてくる案件から判断することが出来ます。

登録自体は無料です。

 

ただ、転職エージェントにも相性があります。転職エージェントの傾向や、担当者の力量によって転職が左右されるともいわれています。自分に合ったエージェントに出会うためにも、傾向をみながら複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

 

各転職エージェントの特徴ごとにおすすめをご紹介します。

すべての人がまず登録すべき転職エージェント

すべての人がまず登録して間違いないのが「大手総合転職エージェント」です。求人の量・質ともに充実しているのが以下の大手転職エージェントです。

大手転職エージェントは求人の量・質が多い反面、登録している転職希望者が多いので競争が激しくなるという一面もあります。

最低でも3~4社登録しておくと安心です。

 

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは、20代の転職を専門とする転職エージェントです。年間1万7000人以上の求職者が登録をしています。所有しているすべての求人が20代を対象としており、登録者の85%以上が社会人経験3年以内の20代となっています。第二新卒で転職を考えているのであれば登録しておきたい転職エージェントです。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェントは日本最大級の転職エージェントです。一般の求人サイトには掲載していない非公開求人を10万件以上保有しています。各業界に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルにマッチした求人を厳選して紹介します。

創業は1977年で、これまでにリクルートエージェントを利用して転職した人は約37万人にのぼります。

 

doda

主に20代〜30代を対象にした、総合型転職エージェントです。全国規模で求人をカバーしており、その数は非公開求人も含めて10万件以上となっています。利用者の属性としては、第二新卒・既卒・フリーターから、ハイキャリア・管理職までが想定されています。

また、女性の転職に特化したページも用意されています。定期的に転職フェアやセミナーが開催されており、転職ノウハウや、キャリアアップのヒントなどを得ることができます。

 

マイナビエージェント

主に20代〜30代を対象とした総合型の転職エージェントです。全国の求人をカバーしており、特に優良な中小企業の求人を多く扱っています。求人票だけでは分からない、企業の社風や雰囲気、入社後のキャリアパスといった情報を網羅しており、後悔のない転職を実現させる手助けをしています。また、第二新卒や女性に特化した転職情報が載っているサイトもあります。

 

パソナキャリア

転職実績25万人、取引実績企業1万6000社以上の大手転職エージェントです。総合転職エージェントの中でも、特に女性の転職に強いと言われています。また、サポートが細かく丁寧であることでも評判です。未経験求人も持っているので、もし女性で第二新卒での転職を考えているのであれば登録をおすすめします。

 

今までの職務経歴に自信のない方におすすめの転職エージェント

大手では扱っていない案件も多く扱っている転職エージェントをご紹介します。登録者数が大手よりも少ないので、穴場的な求人に出会えることもあります。また、内定・入社後にもアフターフォローがあるなどキャリアアドバイザーの対応もきめ細かいという特徴もあります。

大手と一緒に登録することで効果を発揮する転職エージェントです。

type転職エージェント

非公開案件約80%を持つ転職エージェントです。type転職エージェントによれば、同エージェントを利用して転職した人の約71%が年収アップに成功しています。首都圏在住の方に対するサポートを行っているので、首都圏にお住まいの方で第二新卒での転職を考えている方は登録がおすすめです。

 

ワークポート

転職決定人数部門で4回連続1位を獲得したことがある転職エージェントです。元々IT業界特化型転職エージェントだったので、IT系の案件に強みを持っています。ローキャリアや未経験からのキャリアチェンジにも定評があります。

今までの職務経歴に自信がある人におすすめの転職エージェント

大手転職エージェントでも扱わないようなハイキャリア向けの案件を多く持った転職エージェントもあります。今後海外も視野に入れたキャリアアップを目指す方には積極的におすすめしたい転職エージェントです。

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア向けの求人を多く扱っています。その数約1万5000件です。2万5000社と取引があり、約60%は非公開求人となっています。アジアを中心とする外資系企業にも強みを持っているので、今後のキャリアとして海外も視野に入れたい人にはおすすめの転職エージェントです。

 

BraveAnswer編集部では、キャリアに関するご相談を受け付けております。

  • 今後のキャリアが不安
  • 自分を変えたいが、何から始めたらいいかわからない

といった、具体的なアクションが明確でない人でも大歓迎です。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

 

BraveAnswer編集部が考える転職については「転職とは何か。」にまとめてあります。転職をする前に、そもそも転職とはなにか、考えてみてください。

 

BraveAnswerでは、皆様の転職エージェントの評価や感想を集めております。こちらのフォームに従って、感想を教えていただければ幸いです。ご協力のほど、よろしくお願い致します。

あわせて読みたい

カテゴリー