転職

転職理由、面接での伝え方の5つのポイント|本音の伝え方を考える

面接での転職理由の伝え方のポイントは5つあります。本音を伝えるべきだが伝え方に工夫が必要です。転職の面接で多くの人が悩むシーンの1つに転職理由を伝える場面があります。この記事では転職理由を伝えるときのポイントをご紹介します。(監修: 株式会社キープレイヤーズ代表取締役 高野 秀敏 氏)

主な転職理由についてまとめた記事「自分はどれに当てはまる?転職理由ランキングから見えてくる3つの理由」もご一読ください。

 

転職理由、面接での伝え方のポイントは?

shutterstock_384383959

転職理由の5つの伝え方

  • 相手の期待に合わせて答える
  • 会社ごとにカスタマイズする
  • ポジティブに伝える
  • 人間関係には感謝の気持ちで
  • 転職の決断は終えていると伝える

転職理由の伝え方1「相手の期待に合わせて答える」

企業は面接で転職理由を聞くとき

  • なんで転職したいのですか?
  • なぜ当社に転職したいのですか?

のどちらかを質問してきます。

 

この2つの質問は文章にすると似ていますが、答えるべき内容はそれぞれ異なります。

 

「なぜ転職したいのですか?」

「なんで転職したいの?」は転職を望む理由を聞いています。

 

これまでの職業選びや実務、職場環境で感じたこと、考えたことを踏まえて「〜だからです。」と一言で答えてください。

 

「なぜ当社に転職したいのですか?」

「なんでうちの会社に転職したいの?」は転職理由を踏まえて

  • 「なぜ多くの企業の中から自社を志望し、面接を受けに来たのか?」という選択の理由

を聞いています。

 

このように聞かれたら、

  • 転職を望む理由
  • 志望している会社の特徴

の両方を答える必要があります。

 

「私の転職理由は●●です。御社には◯◯という魅力や働き方があると感じています。これが御社で働きたい理由です。」

というフォーマットに沿って考えてみてください。

 

転職理由の伝え方2「会社ごとにカスタマイズする」

「なんで転職したいのですか?」という質問にはどの会社でも同じ理由で問題ありません。

ただ「なぜ当社に転職したいのですか?」という質問はそれぞれの会社にあわせて内容をカスタマイズして伝えるべきです。

 

転職活動で複数の企業の面接を受けるのであれば、それぞれの会社の特徴や現状をできるかぎり調べて、自分が魅力に感じていることを自分の言葉で伝えてください。

 

転職理由の伝え方3「ポジティブに伝える」

同じ転職理由でも「給与が安くて不満だから」と伝えるより「自分の価値を高めて実績を出し、給与水準をあげたいから」と答えるほうがポジティブに聞こえます。

 

ネガティブな転職理由は、企業側に「不平不満が多い人間性」と捉えられてしまいます。

ポジティブな転職理由を伝えれば「向上心がある性格」だという印象をあたえることができます。

 

理由が同じでも、選ぶ言葉によって伝わり方は変わります

企業側にネガティブな印象を与えない言い回しを工夫してみてください。

表現の方法次第では、相手の印象を変えることができる「フレーミング効果」。詳しくは「フレーミング効果の意味とは?具体的な事例、活用法まとめ」にて紹介しています。

 

転職理由の伝え方4「人間関係には感謝の気持ちで」

本音では現職の上司や同僚に不満を感じていても、人間関係の不満を伝えるのはNGです。

どんなに理不尽なことをされてきたとしても「高い壁を与えてくれたいまの会社、上司や同僚には感謝の気持ちしかない」と伝えてください。

 

「人間関係の不満」をネガティブな言葉でストレートに伝えたら、100%自分の評価は下がります。

面接では「上司や同僚に感謝している」と伝えられるよう、感謝しているシーンやエピソードを整理しておいてください。

 

ひどいことをされたと思う人にも「感謝しているシーンを探そう」という気持ちで考えると、1つや2つは見つかることが多いです。

 

転職理由の伝え方5「転職の決断は終えていると伝える」

志望先の会社に内定はでなくても「転職をする決断はしている」ことは一貫して伝えましょう。

 

「いいところがあれば転職したい」というスタンスで面接に来ている人は、企業に「内定を出しても入社するかわからない」と判断されてしまい、内定がでづらくなります。

 

最悪の場合、「他社からも内定が出てそちらを選ぶ」という理由で辞退をすればいいので、転職の決断に終えているスタンスを貫きましょう。

 

「いいところがあれば転職したいというのが本音なのに、転職の決断をしているとはいえない」という方は、本音を素直に伝えるか、転職の決断ができるまで転職活動をしないのがオススメです。

企業は、よほどの人材でない限り「いいところがあれば転職したい」というスタンスの人に合う時間はもったいないと判断することが多いです。

 

転職理由は本音を伝えるべき

shutterstock_406219681

転職の面接では5つのポイントにまとめたことを守りながら、本音を伝えてください。

面接で嘘をついて無理やり入社しても、入社後に自分を偽ったまま働かなければならないからです。

 

伝え方を考えるときは

  • ポジティブに
  • 人のせいにしない
  • 思慮深く

を徹底してください。

 

「とりあえず」「なんか」という言葉が口癖になっている人は「とりあえず転職してみようと思いまして」「なんか転職してみようと思いまして」と言ってしまわないように注意してください。

 

思慮が浅い人と評価されてしまうからです。

 

転職理由の伝え方の実例

shutterstock_380869822

ネガティブな転職理由をポジティブに言い換える具体例をご紹介します。

ネガティブな転職理由 ポジティブな転職理由
給与や待遇に不満がある 実績をあげればあげるほど評価される環境で自分を試したい
ほかにやりたい仕事がある これまでの仕事で得た強みを活かして新しい職種に挑戦したい
会社や業界の将来が不安 伸びている市場、企業で思う存分に働き成長したい

転職理由がネガティブな印象をあたえる可能性があれば、上記のように前もってポジティブな転職理由に言い換えておいてくださいね。

 

転職理由を整理する

shutterstock_353503052

この記事を読んだ転職理由の伝え方に悩んでいる方にオススメのアクションアイテムは

転職理由を整理し、どのような印象を与えるかを確認する

です。

 

転職理由に本音を伝えることは問題ありません。

 

問題なのは、転職理由の伝え方が「ネガティブ、他人のせいにする、思慮が浅い」という印象を与えてしまうことです。

このようなイメージの転職理由は、企業側からの評価を下げます。

 

改めて自分の転職理由を見なおしてみてください。

もしネガティブな印象を与える可能性があるなら、今のうちにポジティブなものに置き換えておきましょう。

 

一人でやるのが不安であれば、転職エージェントからサポートを受けるのもオススメです。

優秀なエージェントであれば、専門家の立場からあらゆるアドバイスをくれますよ。

 

面接をサポートしてくれる転職エージェント

転職エージェントの中には、面接対策に力を入れているところもあります。もし面接に自信がない人は、登録を検討してみてください。

 

パソナキャリア

模擬面接など、実際に行われる面接を想定して面接対策をしてくれます。面接官にいい印象を与えるようなテクニックも教えてもらえるので、面接に自信を持つことができます。

パソナキャリアについては、「パソナキャリアを徹底解説!特徴、デメリット、おすすめの人は?」にくわしくまとめてあります。

 

第二新卒エージェントneo

もし第二新卒での転職を考えているのなら、第二新卒エージェントneoがおすすめです。担当のキャリアアドバイザーと企業担当の方から、面接する企業の情報を教えてもらうことができます。企業担当の方は実際に企業を見てきているので、どのような人材がほしいのか、という視点から、面接の対策をしてくれます。

第二新卒エージェントneoについては、「第二新卒エージェントneoとは?利用するメリットとデメリットは?利用する際のポイントや流れについても解説!」にくわしくまとめてあります。

 

DYM就職

既卒や未経験での転職を考えている人は、DYM就職の登録を検討してみてください。正社員の就職を目指す人をターゲットにしているエージェントで、書類選考なしの案件を多く取り扱っています。面接の際に企業からよく聞かれる質問や傾向などを教えてもらえるので、面接対策もしっかりすることが可能です。

DYM就職については、「DYM就職ってどんなエージェントなの?フリーターから正社員になる最強の方法教えます」にくわしくまとめてあります。

 

 

年代別で選ぶ転職エージェント

自分の「年代」によって選ぶべき転職エージェントも変わってきます。自分の年齢により特化している転職エージェントを選びましょう。

 

20代

「20代全員におすすめ」「20代で正社員に挑戦したい人やはじめての転職におすすめ」「20代でキャリアアップの転職をしたい人におすすめ」「20代の女性におすすめ」の4つに分けて、「20代におすすめの転職エージェント全15選!選び方は?そもそも使ったほうが良い?転職サイトとの違いは?」にて詳しく紹介しています。

また第二新卒については、「【徹底比較】第二新卒の転職におすすめの転職エージェント10選と活用のポイント」に詳しく紹介しています。

 

30代

30代全員におすすめの転職エージェントの他に、正社員未経験もしくはブランクが長い場合、マネジメント経験がない場合とある場合、女性の場合に分けて、おすすめの転職エージェントをまとめて「30代におすすめの転職エージェント14選!選び方、使い方、転職実態、年代による違いについても解説」にて詳しく紹介しています。

 

40代

「全員におすすめ」「キャリアに自信がある人におすすめ」「女性におすすめ」の3つに分類して、「40代におすすめの転職エージェント10選。選び方、活用のポイント、転職事情についても解説」内で詳しく紹介しています。

 

あなたの適正年収はいくら?

もし今後年収をあげていきたいと感じているなら、まずはご自身が今どれくらいの市場価値があるのかを知る必要があります。

市場価値を知るには転職エージェントに登録するのが1番の手段です。転職エージェントは登録した人に適切と思われる案件を送ってくれるので、自分の市場価値を送られてくる案件から判断することが出来ます。

登録自体は無料です。

 

ただ、転職エージェントにも相性があります。転職エージェントの傾向や、担当者の力量によって転職が左右されるともいわれています。自分に合ったエージェントに出会うためにも、傾向をみながら複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

 

 

BraveAnswer編集部では、キャリアに関するご相談を受け付けております。

  • 今後のキャリアが不安
  • 自分を変えたいが、何から始めたらいいかわからない

といった、具体的なアクションが明確でない人でも大歓迎です。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

 

BraveAnswer編集部が考える転職については「転職とは何か。」にまとめてあります。転職をする前に、そもそも転職とはなにか、考えてみてください。

 

BraveAnswerでは、皆様の転職エージェントの評価や感想を集めております。こちらのフォームに従って、感想を教えていただければ幸いです。ご協力のほど、よろしくお願い致します。