用語解説

日本の同調圧力の正体?同調行動とは?克服法は?

会社や地域コミュニティなどで、「無言の圧力」を感じたことのある人も多いのではないでしょうか。「空気を読め」という圧力ですね。この無言の圧力は「同調圧力」と呼ばれます。同調圧力のおおもとには同調行動の原理が働いているいわれています。同調行動はプラスにもマイナスにも働きます。この記事では、同調行動や同調圧力についてまとめました。

同調行動、同調効果の意味は?

同調圧力,同調行動

いつもご覧いただきましてありがとうございます。BraveAnswer編集部です。

同調行動には2つの意味があります。

  1. 多数派の行動を真似する
  2. 親密な人の行動を真似する

1つ目は

人は自分の意志とは関係なく多数派の行動を真似する傾向がある

という意味です。

5人で居酒屋に行き、一杯目はウーロンハイにしようと決めます。

ただ、他の4人がビールを頼むと、ウーロンハイと決めた人も「じゃあ私も」とビールを頼むことが多くなります。これが多数派の行動を真似する同調行動です。

 

2つ目は

人は自分の意志とは関係なく親密な人の行動を真似する傾向がある

という意味です。

憧れの先輩がよく使う言葉を無意識的に使ったり、好きな芸能人が着ている洋服の傾向を好きになったりする経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

これが親密な人の行動を真似する同調行動です。

同調効果という言葉は、同調行動と同じ意味で使われます。

 

同調効果を利用すると人から好かれる?

同調圧力,同調行動

「親密な人の行動を真似する」同調行動は、その人を親密に感じているから行動を真似します。この原理を利用すれば「自分を好きになってほしい人の行動を真似する」ことで、人から好かれることができます。

心理学では同調行動の逆が成立するといわれています。つまり「自分と行動が同じ人を親密に感じる」のです。好かれたい女性と食事にいくときに、さりげなく行動を真似てみてください。

  • 相手が注文する飲み物と同じものを注文する
  • 相手が好きな料理を自分も好きだと伝える
  • 相手が笑ったら自分も笑う
  • 相手が頬杖をついたら自分もつく

行動を真似することで相手の女性は「私は目の前の人の行動を真似をしている=私は目の前の人を親密に感じている」という心理状態になります。

これはミラーリングとも呼ばれる方法です。

心理学では、「自分と似ている他者に好感を持つ」という心理を類似性の法則と呼びます。

この類似性の法則を用いて、相手の行動を鏡(ミラー)のように真似することで好感をもたせる方法がミラーリングです。

ミラーリングは一般的になりつつあるテクニックなので、さりげなく行うのがポイントです。相手に気づかれると逆効果になりかねないからです。

 

同調圧力の意味は?日本で多い?

同調圧力,同調行動

同調圧力とは「少数意見の人を多数意見の人に暗黙的に従わせること」です。「空気を読め」の「空気」がまさに同調圧力です。

例えば、みんなタバコを吸ってるグループで一人だけ吸わない人は、無言のプレッシャーを感じることがあります。

無意識的に感じるプレッシャーなので、同調圧力を感じるコミュニティにいると大きなストレスを感じるのです。

日本では同調圧力を感じる機会が多いといわれています。

「農耕民族だったから」「島国だから」「戦後の教育体制」など根拠となる背景には諸説ありますが、長いものにまかれるのは古くからの日本人の特徴のひとつかもしれません。

 

同調圧力の克服方法は?

同調圧力,同調行動

同調圧力は不安感とストレスを与えます。

自分の望まない行動をしなければとプレッシャーがかかるかもしれません。集団の中で同調圧力を感じる理由は、「自分だけ浮いている」「取り残されている」ことを恐れるからです。

同調圧力とどのように付き合えば良いのでしょうか。同調圧力を克服する方法をまとめました。

同調圧力を克服する3つの方法

  • 同調圧力を感じる環境に近づかない
  • 情報を遮断する
  • ストレスを溜め込まない

同調圧力を感じる環境に近づかない

はじめから同調圧力を感じる環境に近づかなければ、プレッシャーを感じることはありません。同調圧力を感じる環境からは、思い切って関係を断つか、距離を置くようにしましょう。

距離を置くときのポイントは、自分のプライドを保てる方法で断ることです。同調圧力と対等の立場で断れば、再び同調圧力に屈することがなくなります。

言い訳をせず、きっぱりと断ることをオススメします。

 

テレビの電源を抜き新聞をやめる

テレビや新聞など、外部からの情報を遮断するのも1つの方法です。無条件に入ってくる情報は、「周囲の人がやっている」というプレッシャーになります。

無条件に入る情報源を遮断してみてください。あえて情報を断つことで、同調圧力を感じない環境を作り出せます。

 

ストレスを溜め込まない

環境を変えることが難しい方は、ストレスを溜めない方法を見つけてください。信頼の置ける友人に話を聞いてもらうなど、ストレスを感じる現状を一人でためこまないことが大切です。

 

自分の考えや意志を持つ

同調圧力,同調行動

この記事を読んだ方にオススメのアクションアイテムは

「周囲に流されないように自分で状況を判断し、行動する」です。

論語には「君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず」という言葉があります。これは、「すぐれた人物は、協調はするが主体性を失わず、むやみに同調したりしない。

つまらない人物はたやすく同調するが、自主性を欠き、人を本当に理解することはない」という意味です。

周りに流されているだけでは、自分に意志があるとはいえません。無意識のうちに同調圧力を感じた行動をしていることもあります。

「空気を読んで」他の人に合わせるのではなく、まずは自分で状況判断をしてみてください。同調圧力から離れる第一歩となります。

 

あわせて読みたい

カテゴリー