成長

CSSとは?HTMLと組み合わせて使う、基礎プログラミング言語について解説

プログラミングやWebデザインの勉強をする人にとって、HTMLとCSSは最初に押さえておくべき基礎言語といわれています。HTMLは文書構造や情報を司る言語、CSSはWebページのレイアウトなど「見た目」を司る言語です。ここでは、CSSについて解説します。

CSSとは?

CSSは、「Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)」の略で、「スタイルシート」とも呼ばれる言語です。通常、HTMLと組み合わせて使用します。

HTMLがWebページの「文書部分」を担うのに対し、CSS言語はWebページのレイアウトやデザインなどの「装飾部分」を担っています。

Webページが画面に表示されるときのサイズやレイアウト・色などのスタイル、音声で読み上げられる場合の再生スタイルなどについて指定することができます。

実は、HTMLでもWebページをスタイリングすることは可能ですが、基本的には使わないほうがよいとされています。文書の構造がごちゃごちゃになってしまうためです。

CSSを併用することで、この問題が解決され、すっきりと整ったWebページを構築することができるのです。

また、同じHTMLのソースコードを使っていても、CSSの使い方次第で全く異なるWebページが出来上がります。

 

CSSでできること

それでは、CSSでできることの具体例を見ていきましょう。

  • 背景色
  • 画像サイズ
  • テキスト色
  • 余白サイズ
  • レイアウト
  • アニメーション

Webページの背景色や文字の色を指定したり、画像や文字列、ボタンなどを中央に寄せたり、カーソルを合わせたときにアニメーションが浮き上がるようにしたりと、レイアウトやデザインに関する全般をCSSは担っています。

 

CSSを使うメリット

それではCSSを使うメリットを見ていきましょう。

 

1.文書と分けて使える

HTMLのみで文書のレイアウトを作ろうとすると、文書内容や意味にそぐわないHTMLタグを使用することになり、文書構造がわかりづらくなるという問題が起こります。

その代わりにCSSを使用すれば、文書構造に影響を与えずにスタイルを構築することができます。そのため、文書とスタイルを別々に管理することができるのです。

 

2.細かいデザインが可能

CSSはHTMLに比べて、細かいデザインが得意です。例えば「枠線」はシンプルな実線以外にも、二重線、破線、点線、浮き彫りなどいろいろなタイプから選ぶことができます。太さなどの調節も可能です。

文字や画像の配置、行間なども細かく設定できます。

 

3.ページ管理が楽

1.で触れたように、文書構造(HTML)と分けて構築できることで、メンテナンスが楽に行えるというメリットも生まれます。

HTMLでスタイルを指定しようとすると、例えば見出しの色を変える場合、見出しが使用されている箇所を全部変更する必要があります。

その点、CSSでは、デザインを一括して管理することができる仕組みになっています。また複数の文書でスタイルを共有することも可能なので、ページ管理も楽に行なえます。

 

4.SEO対策になる

HTMLをレイアウトに使用することなく、CSSを適切に使うことで、検索エンジンにも正しく理解されるウェブページを作ることができます。また、余分なタグなどを使用せずに済むため、ページの軽量化にもつながります。

そのため、SEO対策(Googleなどの検索エンジンで上位に表示されるための対策)やアクセシビリティ向上などにつなげることができます。

 

CSSの基本

CSSの構文で、必ず覚えておきたいのが、「セレクタ」「プロパティ」「値」の3要素です。基本的には、この3つの要素でどのようなデザインを施すのかを指示します。

  • セレクタ : どのHTMLタグに対して
  • プロパティ :何を
  • 値 : どうする

例えば 「p{font-size:12px;}」というタグの場合、

  • セレクタ:p
  • プロパティ:font-size
  • 値:12px

に該当します。この場合、「pというタグに対して、フォントサイズを12pxにして」という指示になります。

この3つを念頭に置きながら、学習を進めていきましょう。

 

CSSの学習方法

本格的にCSSを学んでいきたい人は、以下の手順で学んでいくと良いでしょう。

 

1.入門書籍やWebサービスを利用する

まずは、基本知識を学びましょう。一から気軽に学べるWebサービスも多く存在するので、利用を考えてみましょう。

 

2.短期間でしっかりと習得したい人は、スクールを活用する

プログラマーを目指す人や、短期間でしっかりと学びたい人は、プログラミングスクールを利用するのも手段のひとつです。

スクールのメリットは、不明点が出た場合でも、すぐに講師や仲間に聞ける環境にあることです。短期間で集中して学ぶことができるプログラムも充実しています。そのため、効率よく学んでいくことができます。

 

3.参考にするサイトを模写などして、実際にサイトを作ってみる

プログラミング学習において最も効果的なのは、実際に手を動かしてみることです。参考サイトなどを模写したり、簡単なWebサイトを一から構築したりして、実践してみましょう。

 

4.ポートフォリオサイトを作ってみる

プログラミングを活用して転職や就職を考えている人は、Webサイトなどの作品を一から作ってみましょう。作品は、そのままポートフォリオとして利用することができます。

 

5.HTML、JavaScriptを習得する

HTMLとCSSを駆使すれば、Webサイトの基本部分を網羅することができます。しかし、より複雑なアニメーションや処理を行いたい場合は、JavaScriptを使用する必要がでてきます。

もし、Webデザイナーやプログラマーを目指している場合は、HTMLとCSSを覚えた後に、JavaScriptの取得も考えてみましょう。

 

CSSを学習できるwebサービス・プログラミングスクール

最後に、CSSを初歩からWebサービスやプログラミングスクールをご紹介します。

 

Progate

HTML&CSSの講座は、初級コースから、中級、上級、Flexbox編まで取り揃えています。さらに「道場コース」において、実際のWebサイトを作り上げていき、知識を深める事ができます。

Progateは基本的な部分は無料で学習することができるwebサービスです。基本をProgateで学び、より実践的に学習したい場合にプログラミングスクールを検討すると良いでしょう。

 

TechAcademy

「はじめてのプログラミングコース」を選択するとCSSを学習することができます。併せてHTMLも同時に学習することが可能です。週2回のメンタリング、23時までのチャット/レビューサポート付きです。

オンライン完結型のプログラミングスクールですので、身近に通えるプログラミングスクールがない人や日中仕事をしている人におすすめです。

 

Tech Boost

オーダーメイド形式で、目標に応じた学習期間やコンテンツを提案してくれます。webサイトの作成などを目標とした場合にCSSやHTMLを学ぶことができます。

教室での学習とオンラインでの学習を選択することができるので、ライフスタイルに合わせて選択すると良いでしょう。

あわせて読みたい