成長

Pythonとは?教育機関でも用いられるプログラミング言語を解説

コンピューターを動かすときには、コンピューターに向けて指示を出す必要があります。その際に用いられる言語が、プログラミング言語です。今回は、数あるプログラミング言語のうちのひとつ「Python」をご紹介します。海外の教育機関でも用いられるほど人気の高い言語です。

Pythonとは?

Pythonは、1990年初めにオランダ人のグイド・ヴァン・ロッサム氏により開発されたプログラミング言語です。

プログラミングは開発が進むにつれて、複雑で読みにくくなっていきます。複雑になると、読み違いや書き違いなどのミスが出て、開発効率が悪くなります。

そこで、誰が書いても同じようなコードになるようにと開発されたのがPythonです。

少ないコード量で読みやすく簡単にプログラミングできるため、初心者でも習得しやすい言語です。主に、人工知能(AI)やデータ解析、Webアプリの開発分野などで幅広く活用されています。

Pythonで作られたWebアプリでは、YoutubeやEvernoteなどがあります。GoogleやPinterest、Instagramなどでも使用されています。

近年のシェア率をみても、Pythonは常に上位をキープするほどの人気ぶりです。そのため、今後も需要が見込まれる言語といえるでしょう。

出典:PYPL PopularitY of Programming Language

 

Pythonでできること

Pythonで主に作られているのは、Webアプリケーションです。他にも、人工知能(AI)や機械学習、文書作成の自動化、データ解析などに用いられることが多いです。

 

1.Webアプリの開発

Pythonを介することで、DjangoとFlaskという有名なフレームワークを利用することができます。

フレームワークとは、システム開発をより簡単に行えるよう組まれたプログラムのことです。これにより、Webアプリケーションを効率よく開発することが可能になります。

また、Pythonは誰が書いてもコードが同じ様に仕上がるので、メンテナンスなども容易になり、開発をスムーズに行うことができます。そのため、大規模なWebアプリ開発にも対応できる点が魅力です。

 

2.人工知能、ディープラーニング、機械学習の開発

人工知能やディープラーニング、機械学習など、科学分野の開発といえばPythonといわれるほど、Pythonはこれまで長らく科学やエンジニア部門で活用されてきたという経緯があります。

そのためAIの最先端のライブラリを備えており、人工知能など作りやすい環境が整っているのです。

ライブラリとはコードの集まりで、汎用性の高いプログラムをまとめてひとかたまりにしたものです。科学計算用ライブラリをまとめた「SciPy」などが有名です。

 

3.データ解析

データを統計学などを用いて解析したり分析したりすることも、Pythonで可能になります。有名な解析サービスにtableauがあります。

近年では仮想化技術の高まりを受けて、インフラエンジニア間でもPythonが注目されています。Pythonを用いて株価や競馬の予想なども行うことができ、実際に応用されています。

上記の他にも、文書作成の自動化などをエクセルよりも簡単に加工できたり、スクレイピングという技術で画像の一括保存なども可能になったりと、Pythonは日常場面でも非常に使い勝手のよい言語といえます。

 

Pythonを使うメリット

ここで、Pythonを使うメリットを見ていきましょう。

 

1.シンプルな構造で、初心者向き

Pythonは使うコードが短く、初心者でも書きやすく読みやすいのが大きな特徴です。たとえばJavaでは6〜7行のコードが必要になるところを、Pythonでは1行で済むこともあります。

それだけ、作りがシンプルにできているのです。

 

2.ライブラリが豊富

Pythonは長らくAIやデータサイエンス分野で使用されてきた歴史があり、ライブラリが充実しています。

今ブームとなっているディープラーニングは、もともと脳の仕組みをプログラミングに起こしたことから始まったものです。

計算・統計処理などで使用できる最先端のライブラリも充実しています。

 

Pythonの学習方法

個人差はありますが、しっかりとプログラミングスキルを学ぶには、おおよそ300−400時間程度の学習が必要だといわれています。中でもPythonはやさしい言語なので、初心者でも習得しやすいといわれています。

 

1.Pythonを学ぶ目的を知る

まずは、なぜPythonを学びたいのかをしっかりと確認する必要があります。なぜなら目的と用途によって、学ぶべきプログラム言語は変わってくるからです。

上記で触れた、Pythonでできることやメリットなどを考慮し、他言語と比較してみましょう。

 

2.基礎知識を学ぶ

Pythonを使う目的がはっきりしたら、学習サイトや書籍などを利用し、基礎知識から学んでいきましょう。短期間でしっかり結果を残したいという人には、プログラミングスクールに通うという方法もあります。

 

3.実際に作ってみる

基礎知識を学べたら、実際にプログラムを組んで、アプリなどを開発してみましょう。プログラミングのスキル向上には、この「実践」経験が最も有効です。

 

4.資格を取る

Python技術を仕事や転職に活用したいと考えている人は、資格を取ることも考えてみましょう。現在Pythonの資格には、以下の2種があります。共に受験料は1万円程度です。

・Python 3 エンジニア認定基礎試験・・・文法基礎を問う試験
・Python 3 エンジニア認定データ解析試験・・・Pythonを使ったデータ分析の基礎や方法を問う試験

 

Pythonを学習できるプログラミングスクール

最後に、一からPythonを学びたいと考えている人におすすめのプログラミングスクールをご紹介します。

 

TechAcademy

一人では学習が続かない、という人におすすめのプログラミングブートキャンプです。パーソナルメンターがつくため、疑問点も即座に解決することができます。

また週2回のメンタリング、23時までのチャット/レビューサポート付き。Pythonや機械学習が学べるプログラムで、最終的に機械学習プログラムを開発していきます。

オンライン完結型のプログラミングスクールですので、身近に通えるプログラミングスクールがない人や日中仕事をしている人におすすめです。

 

Tech Boost

イノベーティブコース「AI」にて、Pythonとライブラリを使用しながら自然言語処理、機械学習、ディープランニングまでの基礎を、実践しながら学んでいきます。

オーダーメイド形式なので、目標に応じた学習期間やコンテンツを提案してくれます。最先端の言語を学べると話題のプログラミングスクールです。

あわせて読みたい