未分類

転職の準備でおさえておきたいポイントまとめ。

転職活動を始める上で、準備期間というのはとても大切です。どれだけいい準備をすることができるのかが、その後の転職活動に影響を及ぼします。もちろん情報収集なども大切な準備です。ただ、それだけが準備ではありません。この記事では、転職の準備の重要性とポイントについてまとめました。

転職準備の重要性

まずは、転職の準備がなぜ重要なのか、確認していきましょう。

転職の準備が大切なのは、転職の目的を明確にすることで、転職の方向性を整理することができるからです。

転職を考えるきっかけは、今の会社に不満があったり、将来が不安だったり、他にやりたいことがあったりと、人それぞれ違います。そしてそのきっかけを深ぼることで見える転職の目的も人それぞれです。

この転職の目的を元に転職の方向性を決めることで、目的からぶれない転職をすることができます。

転職の準備期間は、転職の目的を明確にし、目的を果たすための転職ができるように整理する期間なのです。

 

転職の準備で大切なポイント

転職の準備をする上で、大切なポイントは大きく分けると4つあります。もちろんこれが全てではありませんが、このポイントを抑えておくと、転職活動をスムーズに進められますよ。

 

転職の目的を考える

まずは、転職を考えるきっかけから、転職の目的を考えていきましょう。

例えば「今の会社はプライベートの時間が少ない」ことから転職を考えたとしたら、転職の目的は待遇改善などになるでしょう。

今感じている不満を言語化して、転職の目的に昇華するのがファーストステップです。

不満の言語化については「第二新卒の転職は不満の言語化から始まる」に詳しくまとめています。

 

もし、キャリアアップを目的とした転職を考えている場合は、まず「キャリアアップ」の意味を知るところから始めると良いでしょう。

「キャリアアップ」の意味については「キャリアアップとは?意味や定義は?転職以外の方法は?」に詳しくまとめていますので、参考にしてみてください。

 

転職の計画を立てる

目的がはっきりしたら、新しい企業に入社するまでの計画を立ててみてください。

一般的に、転職には準備期間も含めると3ヶ月から半年程度かかると言われています。もしそれ以上転職活動に時間がかかるようであれば、スケジュールの組み方を見直した方が良いかもしれません。

転職準備から現在の会社を退職するまでの大まかなスケジュールを以下にご紹介します。このスケジュールを参考に、ご自身に合うようにアレンジしてみて下さい。

# 内容 期間
1 事前準備 2週間
2 応募 2〜3週間
3 面接 1〜2ヶ月
4 内定 2週間
5 引き継ぎ・退職 1〜2ヶ月

スケジュール内容について、詳しくは「27歳の転職、期間は?スケジュールはどのように立てる?」にまとめていますので、参考にしてみてください。

また、転職期間については「転職活動の期間は短い方がいい?平均3ヶ月から半年が目安な理由は?」にもまとめています。

 

入社時期は早いほうが良い

内定をもらったあとは現職での引き継ぎと退職に移りますが、引き継ぎ・退職から入社時期までの期間は、可能な限り早いほうが良いでしょう。

特に中途採用の場合、企業の採用目的は「人手が足りないポジションの人材補充」であることが多いです。内定を出したのに「入社まで3ヶ月〜4ヶ月待って欲しい」と言われると、採用した企業側は「それならもっと入社時期が早い人を採用したい」と考える可能性があります。

内定が出てから30日〜45日程度で入社するのが目安とも言われています。内定をもらえたら、できるだけ早く入社できるように準備しておくことも大切です。

入社時期については、「転職の入社時期は早いほうがいい?タイムリミットは45日?」「転職時の入社日は延期、調整できる?入社、退職交渉の進め方は?」に詳しくまとめています。

 

自分のキャリアを振り返る

転職の軸を考える上で、自分のキャリアを振り返ることも大切です。新卒での就職活動のときのように、自己分析をしてみるのもおすすめですよ。

自己分析は、就活だけでなくキャリアを考える際にも大切な手段です。

自己分析の方法は?新卒の就活だけでなく人生に使える考え方とポイント」を参考に、自己分析をしてみてください。

 

また、キャリアの意味については「【対談】経歴と「緯歴」で紡ぐキャリア最強論――李東潤×和田宏樹」で詳しく論じられていますので、参考にしてみてください。

スティーブ・ジョブズはキャリアについて参考になる考え方を示しています。「スティーブ・ジョブズが語ったキャリアの話」にまとめていますので、気になった人は読んでみてください。

 

情報を集める

転職したい企業や職種・業種が決まっている場合は、情報収集の際に確認したいのが、「過去5年の業績」「働いている人の生の声」「実際のサービスを体験した経験」です。

自分が思う転職を行うために情報収集は必要なステップですが、特に上記3つの情報は集めておくと良いでしょう。

ポイントは、可能な限り現状を把握することです。実際の数字や働いている人、自分の体験から会社の現状を知ることで、自分が実際に働く際のイメージを持つことができます。

詳しくは「転職の情報収集、必ず確認したい3つのポイントは?」にまとめていますので、参考にしてみてください。

また、自分自身がどれくらい市場価値があるのか知っておくことも、情報収集に含まれます。市場価値については「転職における自分の市場価値とは?市場価値を知る方法は?」にまとめていますので、併せて参考にしてみてください。

 

転職の準備に転職エージェントを活用する

就職の準備は、一人で行うのは難しいかもしれません。その場合は、転職エージェントを活用するのも手段の1つです。

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーと面談をすることができます。キャリアアドバイザーは転職のプロです。転職についての情報やノウハウを持っています。

以下に、各年代に対応している転職エージェントをまとめた記事をご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

20代

「20代全員におすすめ」「20代で正社員に挑戦したい人やはじめての転職におすすめ」「20代でキャリアアップの転職をしたい人におすすめ」「20代の女性におすすめ」の4つに分けて、「20代におすすめの転職エージェント全15選!選び方は?そもそも使ったほうが良い?転職サイトとの違いは?」で、第二新卒の方については、「【徹底比較】第二新卒の転職におすすめの転職エージェント10選と活用のポイント」で詳しく紹介しています。

 

30代

30代全員におすすめの転職エージェントの他に、正社員未経験もしくはブランクが長い場合、マネジメント経験がない場合とある場合、女性の場合に分けて、おすすめの転職エージェントについて、「30代におすすめの転職エージェント14選!選び方、使い方、転職実態、年代による違いについても解説」で詳しく紹介しています。

 

40代

「全員におすすめ」「キャリアに自信がある人におすすめ」「女性におすすめ」の3つに分類して、「40代におすすめの転職エージェント10選。選び方、活用のポイント、転職事情についても解説」で詳しく紹介しています。

あわせて読みたい